เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スナリーに動きが。。。

     sunaree siam dalaaX
       雑な切り貼り作業でゴメンナサイ!『サヤーム・ダーラー』紙より

 芸能ゴシップ紙『สยาม - ดาลา 』(9日発売)の第一面を飾るスナリーの記事見出しを見て、思わず購入。何事じゃい!?と読むと(斜め読みですが。。)、どうやら、コレまでの半生記見たいのを出版する様です。目を引くのが、大きく見出しになっている、“お腹に3ヶ月のベイビーが宿っている時に、恋人には新しいフェーンが。。”という20年くらい前の話とかが告白されている様です。まぁ、スナリーの苦労話の集大成になるんでしょうか。。出たら買いましょう!

 という事で、その出版に引っ掛けた宣伝記事なのか、更に大きな動きでもあるのか。。これまた、騒がしくなりそうです。 

ジンリートが新アルバムを紹介しているサイトが。。。

        jinreet website



 ジンリート本人からまた連絡があって。。“私のVDOがこのサイトにあるから見てください・・”と。。
で、早速、飛んで見ると。。Thaistarbooking なるサイトにジンリートが新アルバム『サーオ・バーン・ポー』を紹介しているVが載っていました。コチラです。MVが出てくる訳じゃないので、面白くないかも知れませんが。。その他、覚えていますか?ジンリート印の石鹸の紹介(Vアリ)、近影された写真とかが同サイト右上のサイト内リンクにあります。

 このサイトの頭のページ(http://www.thaistarbooking.com/)から入ると、このジンリートのほか、パメラー、フォン・タナスントンとかの紹介ページも載っています。ただ、全体的にインターネットの繋がりが悪いですが。。。

จิ้งหรีดขาว ห้ามแก่!

           jireetkhao sot2s

           jireetkhao sot2
            Clik for Big size !

 いや、突然の事で驚いています。
夜遅く、何かお腹が物足りなさを訴えて来たので、屋台飯でも食らいにと出たんです。注文し、出てくるのを待っている間に、テーブルに置いてあった、新聞-カオソット紙をペラペラとめくっていると。。えっえっ!ジンリートカーオの記事がとあるページ一面を覆いつくしているではアリマセンか!例の新譜-『サーオ・バーン・ポー』についての紹介記事です。カオソット紙にジンリートに関した記事が載るなんて事あるんですね。まぁ、こんなネタ、滅多に無い事なので(555+)、そっと隠し頂いて、家で早速スキャンしました。で、こうしてアップ出来たと。。。

 記事タイトル-“ジンリートカーオは老けちゃダメ!”と。。いや、マッタク!な事です。

件のアルバムは早いとこ、やっつけなくてはと思っていたところでの、この出来事です。コレは正に“カオソット(生ニュース)”な訳ですから、直ぐに記事にした方がイイとなって。。。まだ、記事も斜め読みですが、少しチェックすると。。CDの発売枚数は999枚で、既に売れきれ!カラオケは只今、プレス中との事です。 と、何だか焦り気味にこの記事をまとめていると。。私の携帯からメールの着信音が。。何々、と見てみると、ナンと!ジンリート本人からではないですか!曰く“明日、カオソット紙買ってね!私の新譜の記事が出ているから。。21ページにね!”と。流石にジンリートも嬉し、興奮気味な事だったんでしょう!いやー、私もとてつもなく嬉しいです。
 

 

VCD パタヤ ミュージック フェスティバル 2003

      
เบอร์โทรที่ถูกเมิน - ปู ชุลีพร  

 どういう風の吹き回しなんだろう。。。
永い事探し回っていたVCD「パタヤ・ミュージック・フェスティバル2003」を見つけたんです。昔、当ブログにて、このCDを取り上げたんですが、その時もVCDが見つからないと書きました。そいつがとうとう。。。見つけたのは、とあるタラート。とある。って?タラート・コントゥーイです。つい先日、ここを通り抜けようと歩いていたんです。と。。何やらLive映像がとあるCD屋の店頭に置いてあるディスプレイから流れているでは。。何だろうと、目を近付けると。。ドゥアンター・コントーンじゃないですか!その瞬間、背筋を走るモノが。。まさかパッタヤー・ソンパンサーム?ディスプレイの前まで来て更に覗き込むと。。ステージ・バックにある「Pattaya Music Festival 2003」の大きな幕を確認。タカマル想いを抑えつつ、店の女主人に〝コレ、クダサイ!”と。。女主人ボーク・ワー。。”これ1枚しか無いのよ(本当は2枚セット)、しかもジャケット写真が無いんだけど。。” 私ボーク・ワー。。“マイ・ペン・ラーイ・カップ!”。。といった次第で私の手元にコレが。。。これCDは一枚で、VCDの方は2枚セットなんですが、手に入ったのはその1枚目の方。しかし、1枚目の方に、凄・貴重な映像がより多く入っているんです。何たってプー・チュリーポンの歌う姿が!ドゥアンター・コントーンの『モン・ラック・ソムタム』以前の姿が!これ1発で、姿を消してしまったユイ・パッタマワンのサデーン・ソットが!それに、それに。。。

 ハイ、それではプー・チュリーポンから、歌うは。。『ブゥー・トー・ティー・トゥーク・ムェーン』の熱唱を。。
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。