เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ยังคอยที่ซอยเดิม/มนต์แคน แก่นคูน・ヤン・コーイ・ティー・ソーイ・ドゥーム/モンケァーン・ゲァーンクーン

monkean2ss.jpg



モーラム歌手によるルークトゥン。飽きもせずまだ行きます。
このモンケァーンなる歌手の『ヤン・コーイ・ティー・ソーイ・ドァーム』が盛んに流れたのは、この曲をアルバム・タイトルとした『チュッティー1』が発売された去年の8月以降のことですから、これもタイミングを外していますが、まぁイイでしょう。大ヒットと言う程のモノじゃないですが、結構いつまでも流れて居ました。今でもFMを掛けぱなしにして置けば一日に何回かは聞けるんじゃないでしょうか。グラミー製のルークトゥンにしては凄くイサーンのルークトゥン物な匂いが充満してます。ですから、これも前例(ポーイファーイ、デァーン・ヂッタゴーン)と同様、地味な作りですが染み入って来ます。聞けば聞くほど味わいが深まって来るという。。
この歌の冒頭の歌詞に出てくる“~パクソーイ・ミー・ラーン・セヴェーン”で、おー、そう言えば7-11はパクソーイ(ソイの入り口)に良く在るなぁ~と思い知らされたりしました。何時もの様にソイの入り口にある7-11の前で夕方待ち合わせ。。しかし、雨がリンリン降ってきて。。という情景が更にうら寂しいイメージを拡げます。しかし、このムードがイサーンから出て来てクルンテープで働く人々の胸にすぅーと入り込んで、胸を締め付けるんでしょう。故のヒットがあったと。。

このモンケァーン・ゲァーンクーンなる歌手は当アルバムでデビュー(チュッティー1)となっていますが、なんとグラミーからしかもサラー先生のペンになるこの曲を提供されて、晴れてサラー・スクールの一生徒になるという幸運もあり、今後が大いに期待されて来る訳ですが、そもそもモーラム歌手とした前歴がありますから、件の曲の仕上げリがピセーとするなら、もっと普段の彼の歌世界がアルバム後半に拡がっていて、こちらも素晴らしい味わいの歌で一杯です。勿論、そうなるとモーラム魅せてくれてます。デァーン・ヂッタゴーンと同様のあの世界のものです。写真の様にデァーンと較べても遜色ない顔立ちですから、女性客の人気を期待したいところですが、その点はまだプリンス・デァーンには及ばないかも知れません。以下、試聴コーナーです。グラミー製ですからGmemberで聞けます。มนต์แคน แก่นคูนをコピーしてコチラを開いて検索欄にペースト、サーチですね。全曲試聴出来ます。1曲だけというなら、件の『ヤン・コーイ・ティー・ソーイ・ドゥーム』ならコチラです。モーラムのイイのは『รอปาฏิหาริย์』、コチラです。

monkeanjac.jpg


ยังคอยที่ซอยเดิม
มนต์แคน แก่นคูน

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/97-b25950ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。