เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ころんのアルバム評~その11 ジアップ・カノックポーン

jiabk1.jpg


 今回はモーラム歌手、ジアップ・カノックポーンのアルバム「KOP KHUN MORCHIT」を取り上げます。このアルバムを最初に聞いた時は、子供っぽい声で歌うジアップが一瞬ジンタラーみたいに聞こえました。実際にジアップがジンタラー・フォロワーなのかどうかは不明ですが、よく聞けばすぐに歌手としての力量はジンタラーよりも上であることがわかります。子供っぽい声ながらも艶っぽさがあって、歌い口は軽妙で洒落っ気が効いていて歯切れが良いし、ノリも抜群です。思わず踊りだしたくなるような楽しさを表現することもできれば、胸を締め付けられるような切なさも表現できますし、相当な力量の持ち主であることに間違いはありません。前に取り上げたドークオーもモーラム歌手としてはかなりの実力の持ち主ですが、冷徹な厳しさを感じさせるドークオーの歌と比べると、こちらはより陽性というか、明るさを感じさせる親しみやすさが特徴と言えるでしょう。持ち味は違いますが、ドークオーに全く引けを取らない歌手ですね。ジャケットの写真を見る限りでは若いのかいい年なのかよくわかりませんが、ルックスもなかなかイケてるようです。スタイルも良さそうですし、この人の振る舞いや踊りは結構妖艶そうな気がします。基本的に私はVCDは買わないのですが、このアルバムに関しては是非VCDを見てみたいという気になりますね。
 音楽的には、モーラムの面白さを生かしながらよりポップなアプローチを試みている曲もあれば、本格モーラム風の曲もあります。全体的には、レーベルがR.SIAMということも大いに関係していると思いますが、より洗練された都会的なモーラムを目指しているのではないかと感じられます。それは田舎っぽい安っぽさを感じさせない音作りに現れていると思いますが、個人的にはこれはモーラムの現代化ということで評価して良いと思います。それにしてもR.SIAMが製作するルークトゥンやモーラムは、都会的なセンスに溢れるものが非常に多いですが、もしかしたらこのレーベルの人達は、ルークトゥンやモーラムをタイ国内だけでなく世界市場に広めようとして、色々と工夫を凝らしているのかもしれません。このアルバムを聞いて、そんなことを勘繰りたくなりました。
 まあR.SIAMの意向が実際のところどうなのかはわかりませんが、そんなことに関係無くこのアルバムはなかなか充実した作品だと思います。モーラムなんてどの曲聞いても同じ曲にしか聞こえないという方には、このアルバムでモーラムに対する抵抗を取り除いていただけたらと思います。それだけの魅力がこの作品にはあると思います。
スポンサーサイト

コメント

昨晩、もう一度聴きなおしました。良いアルバムだと思います。komtaさん、タイで売れたのでしょうか。47年発売なので、そろそろ第2アルバムを期待したいのでがね。RSとしては、どのように売っていくつもりなのでしょうか。大きく羽ばたいてくれると面白いのですが。

シライさん
また私の推薦アルバムをご購入いただきましてありがとうございます。私のアルバム評をご参考いただいてアルバム買っていただけるなんて、本当にに嬉しく思います。

>モーラムのアルバムとして聴くにはやや違和感が残りました。

うーん、モーラムとは言い切れないポップな曲も含むアルバムですから、もしかしたらその辺で違和感がおありなのかもしれませんね。あとジンタラーを引き合いに出したのが、もしかしたら余計な先入観を与えてしまって、違和感の原因になったかもしれません。
このアルバム、本格派のモーラムファンの方々には物足りないところがあるのかもしれませんが、よく出来た作品であることには間違い無いと思っています。

それからアンカナーン・クンチャイですが、まだ聞いたことがありませんので是非聞いてみようと思います。

  • 2006/06/26(月) 17:17:47 |
  • URL |
  • ころん #-
  • [ 編集]

ころんさんの推薦なので、59バーツの廉価版を購入して聴きました。モーラムのアルバムとして聴くにはやや違和感が残りました。ベース、歌い方はモーラムですが、なぜか違う感じが残るアルバムです。そして、聴いていた私にはジンタラーのイメージは湧きませんでした。ジンタラーの魅力は声の質、高音の伸びと声質から来るエロさ、歳と共に衰えつつありますが、これは超一流と思っています。技量は超は着かないけれど、一流でしょう。
今回のジアップですが、良い声ですが・・・技量的にも、ビブラート?の部分に不満が残りました。もう少し技量アップしてほしい。全体としては、良いアルバムでしょうが、私はドークオーの方が気に入りました。
そんな事を言いながら、日曜日はゴルフから帰って、RSの先輩モーラム歌手(現在もRS所属かは不明)のアンカナーン・クンチャイばかり聴いておりました。
ころんさん、すいません。

チョープモーラム

2年前ですか。×になってる。ころんさんサインアップしてあげて下さい。
http://www.ethaicd.com/show.php?pid=14310
その前のも
http://www.ethaicd.com/show.php?pid=8889
サオ・ナック・リアイン・タム・ター
http://www.youtube.com/watch?v=gdozfaDGC3A&mode=related&search=Thaidancers

ここに、チェンマイの名曲ローン・メーピンある。感動。

  • 2006/06/22(木) 00:37:57 |
  • URL |
  • ディー #QMnOeBKU
  • [ 編集]

o( - ii - )o

私もころんサンの様に、『あんなおばさん。。』と切り捨てる気分な若さが欲しいです。もう、シリポーンのあのカスレ声がないと夜が寂しくって。。。

  • 2006/06/21(水) 02:58:02 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

モーラム好き?

komtaさん
コメントありがとうございます。入門用モーラムとしてはシリポーンが良いとのことですが、あのおっさん…じゃなくておばさんは、声にちょっとクセがあり過ぎませんか?個人的にはあまりおすすめはしませんけど。

>それにしても、コロンさん、モーラム好きですね!
はい、好きです。今後もモーラムは色々取り上げたいと思っています。

  • 2006/06/20(火) 18:53:48 |
  • URL |
  • ころん #-
  • [ 編集]

o( - ii - )o

まずは当アルバムの試聴サイト。
http://www.hunsa.com/2005/mmsv2/mms.php?py=album&id=570
4曲だけですけど、充分でしょう。代表曲は『ขอบคุณหมอชิต』=コープン・クン・モー・チット。モーラムは当然として、モーラム歌手が歌うルークトゥンとして『เจ้าสาวจำเป็น 』は典型的な仕上がりでイイ。
R・Siamからはもう一枚出ていますね。
http://www.luktungfm.com/musics/index3.html
一番上のジャケのものですね。アルバム・タイトルは『กนกพรวอนแฟน 』=カノクポン・ウォーン・フェーンその詳細がコチラ。。
http://www.r-siam.com/album/album_detail.php?r_id=0036
リリースの前後は良く判らないです。それから、年齢なんですけど、結構いっていると思いますが。。

この頃のR・Siamはまだそんなに洗練されたサウンドは試みていない頃だと思います。で、このモーラムもまあ、普通のモーラムのサウンド作りだと思いますが。。R・Siamは最近でもรักแท้ ไทยนิยม =ラックテー・タイニョムみたいなド・イサーン・ルークトゥンみたいも積極的だし、洗練サウンドを売りにするモノと、イサーンの人に売ろうとしているのと、両刀ですね。

ジンタラーより上かどうかは置いといても、彼女は一級のモーラム歌手で、当アルバムはモーラム・アルバムそして一級のモノであることに変わりないとおもいます。しかし、入門用モーラムとしては、先のシリポーンのアレに尽きます。

それにしても、コロンさん、モーラム好きですね!

  • 2006/06/19(月) 19:40:04 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/89-1aa6ddc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。