เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3つのナム・ター・ファー/น้ำตาฟ้า


3tone.jpg
コチラがオリジナルのサームトーン

 時々、食事込みでパブ・レストランへ行く事もあります。否、イサーン・パブではありません。今日は。どちらかと言うとプア・チーウィット系な話です。で、そこにパブ歌手が歌でも歌って居ようものなら、すぐさま、テーブルのティッチューにリクエスト曲を書きます。この季節ならまぁ、この曲でキマリですね。『ナム・ター・ファー』。この歌い出しを知らないようなら、あなたはモグリと言われるかも。。
“~カウ・ボーク・ワー・ファー・ロン・ハイ・・オーク・マー・ペン・ナムフォン~~”やはり、ルークトゥン~セァティーン(ポップス)まで全タイ語ソングの中で、光り輝く名曲のひとつでしょう。この国の人なら誰でも知っている歌。だからパブ歌手なら、待ってましたという持ち歌になっていると。しかしそれでも、リクエストを出す時には一抹の不安もあります。どちらかと言うと古い曲ですし、元々がプア・チーウィットな歌でも在りますし。。イングリッシュ・ソングを得意としているような歌手の時は特に。。先日もどうかな?という女性歌手にリクエストしたら、難なく歌ってくれて、ホッとしました。英語曲専門の人じゃなかったですが、この曲に対して。。チョット臭そーと思うかも知れないなと。。勘ぐっていたので。しかし、こういうパターンの時にこそ、歌ってもらえるとホント嬉しいです。ダメな時はこう言うしか無いですね。。
「コン・タイ・ルー・プラーオ?」

birdnamtaa.jpg


タイ人なら誰でも知っているなら、バード・トンチャイも歌います。これは素晴らしいです。彼一流の歌い口で。。コレくらいの歌手が歌うとルークトゥンとか、プア・チーウィットとか、いやセァティーンとかと意識しなくなるから不思議。自分もこの国の歌手の一人ですと言う感じで歌っているところが泣かせます。


jingreetnamtaa.jpg


さぁ、実はこの人歌っていますという事が言いたくって、この記事を書いたようなもんです。ジンリートカーオ。この我らのルークトゥンお姉様もこの国の歌手ひとりです。任してと言わんばかりに歌います。アルバムはUPLからの『HudchaDANCE・ฮัดช่าแดนซ์ 』。アノ飛ばしに飛ばすダンス・アルバムの中で突然この曲を歌います。しかも私の持っている2枚組セット(VCDカラオケとCDの)では、ダンス・バージョンとスロー・ルークトゥン・バージョンの2曲収録されています。この曲リズム曲だと調子狂うと思うかも知れませんが、元々ダンス・ナンバーを大得意としているジンリートの事です、上手く解釈して上出来の仕上がりになっています。但し、今回の試聴はスローなルークトゥン仕上げの方です。コチラも勿論、お姉ーさまにお任せの出来ですね。
 jingjack.jpg



それでは、上から順に試聴コーナーを以下に。

サームトーンのオリジナル曲をコチラから。

バード・トンチャイのは、เบิร์ด ธงไชยをコピーしてコチラのページを開き、そこの検索欄にペーストしてサーチをかけるとバードのアルバムが沢山出てきますが、左の列の上から3枚目をクリック、下から3曲目です。

さーてと。ジンリートはコチラです。Listen This Song をクリックですね。

最後にyooさんの所に訳詩が。。コチラです。 
スポンサーサイト

コメント

o( - ii - )o

ディーさんのコメントからU2の所に載っているジンリートのディスコ・グラフィーを見てオドロキでした。以前に4枚も在ったんだと。。
内1枚はアルから残すは3枚。しかし、女神は微笑んでくれました。以下のURLをクリックして下さい。
http://musicdiarybkk.web.fc2.com/jinreedkaojack.jpg
アッサリと1枚目が私の手の中に!アルバム・タイトルは『 อยากมีแฟน 』ヤーク・ミー・フェーン。2540年となっていますから、9年前、23歳の時のモノという事に。。で、冒頭1曲目の曲が十八番の『ฮัดเช้ย…ที่รัก』=ハット・チェーイ..ティー・ラック、が入っています。この曲、UPL盤にも入っていますし、映画『モン・ラック・ルークトゥンFM』での出演シーンでも歌っている事から、十八番も十八番、という事になりますね。何時までも最初の曲を大事にしているという姿勢には拍手モンです。それと全体に今と殆どスタイル、雰囲気が一緒。これも素晴らしい事です。ジャケのジンリート印(白いコオロギ)が貴重です。と、取り合えず報告マデ。

yooさん。。
パナッダーの未だ聞けません。。

  • 2006/06/21(水) 01:52:30 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

パナッダー

パナッダーのバージョンありますよ。
http://www.romanticgals.net/wboard/viewthread.php?tid=10333

  • 2006/06/17(土) 22:53:22 |
  • URL |
  • yoo #OARS9n6I
  • [ 編集]

ジンリートカーオ後援会日本支部

ジンリートのような人が居るからルークトゥンが盛り上がるんダ!という事を声を大にして言いたいですね。
チャイナート県出身。中部タイはプムプアンを筆頭にいい歌手の宝庫ですね。
ディーさん、ありがとう!

  • 2006/06/17(土) 12:21:25 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

ジンリートカオが一番

ジンリートバージョン、雨の効果音も入っていて、いかにもルークトゥン。歌声もいい。
32歳
http://www.u2record.com/web/index.php?option=com_content&task=view&id=15&Itemid=1
サブー持って反論。かわいい。
http://www.manager.co.th/asp-bin/Image.aspx?ID=406465
落ち目じゃない。
http://www.manager.co.th/Entertainment/ViewNews.aspx?NewsID=9480000145120

  • 2006/06/17(土) 03:57:51 |
  • URL |
  • ディー #QMnOeBKU
  • [ 編集]

ロースはこの曲を歌えるか!?

へぇ~、パナッダーも。。聞いてみたいですね。。歌の上手い人、それほどでもない人、自分の歌の世界を既に持っている人、いろんなパターンのこの曲を聴いてみたいですね。。ロース歌えるかなァ~?歌詞カードを持って行けば逃げようが無いと思うので、やってみよう。ロースとはルークトゥンどうよ!?ってやった事があって、「私、全然ダメです。」って言ってたから。。面白ソ!

  • 2006/06/17(土) 03:11:48 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

パナッダー

『ナム・ター・ファー』は、パナッダーのヴァージョンも有名かもしれない。
この曲をカヴァーしてる歌手は、かなり多そうですね。

  • 2006/06/17(土) 00:03:20 |
  • URL |
  • yoo #OARS9n6I
  • [ 編集]

サームトーン

オリジナルのアルバムはもう店には無いですね。。コンピ・アルバムで探せばあるかも。。
それと2003年のパッタヤーでこのサームトーンのライブが収録されています。確かこの曲は入っていなかった筈。。

  • 2006/06/15(木) 16:43:24 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

偶然ですね。昨夜、ジンリートカオの同じアルバムを聴いておりました。彼女はスローな曲も上手なんだと思いながら聞いておりました。バードも聴いたことがありますが、残念ながら原曲のサームトーンはありません。てっきりバードがオリジナルと思っておりました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/85-258959d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。