เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ลูกทุ่งเก่านกร้องใหม่ - แอร์ สุชาวดี

            sao hisor 
                  新アルバム『สาวไฮเซอร์ 』 - サーオ・ハイセォー

 ポッカリ時間が空いたので。。。

エァー・スチャワディー!memo欄で書いた様に、彼女が帰って来ました。あの名作、学園物ルークトゥン『ティッ・ロー。ウィチャー・ルーム』(SureAudio制作)を残したまま、4年間、姿をくらましていたんですね。一時はもうプロの歌手としては歌わないんじゃないかと思った位でしたが。。。良かった!
その『ティッ・ロー。ウィチャー・ルーム』、新人ルークトゥン・コンテストでホントよく歌われていました。そこらの平場のコンテストでもそうだったでしょうが、素人のプロ歌手登竜門である「The Star」とか「AF」とかでも歌い継がれていました。よく出来た歌で、ナント言いましょうか学園(รรマタヨン)生活が産む甘酸っぱい空気という様なモノを上手く出していた訳です。学園モノ・ルークトゥンというのが一体いつ頃から在ったのかはシリマセンがここ4,5年の間ではピカ一のものでしょう。

       


そんな経歴を背負ってのエァーのカムバックですから、やはりその学園モノの延長という路線が無難だったんでしょう。新たに移籍したロット・ファイ・ドントリーからのこの新アルバムの半分くらいがその学園モノできました。といっても4年間というブランク?があるので、今は女子大生という姿から見た、想い出の学園生活という趣で仕上げてあります。私生活でも多分大学生活をまっとうしていたんでしょう。学業優先という4年間でもあった訳です。で、そういって面を色濃く出しているのが、『เพื่อนเก่าฟ้องครู』=プアン・ガオ・フォーン・クルゥー。想い出の学園生活ですから、更に甘酸っぱいです。

      

新アルバムは『์สาวไฮเซอร์』=サーオ・ハイセォー なるアルバム・タイトルで、同名の曲でプロモーションが始まっています。プロモ曲ともなれば、どうしても最大公約数的な口当たりの良さを持った曲を使ってきますが、やはりそんなタイプの曲ですね。エァー・スチャワディーはルークトゥンを歌うために生まれて来た様な歌手ですから、何を歌っても上手く仕上げてきます。が、先に書いた様な経歴 (『ティッ・ロー。ウィチャー・ルーム』という名作をのこしたという。。)からすると、『เพลงเก่าวันใหม่』=プレーン・ガオ・ワン・マイで魅せるプラス・アルファなモノはそういった思いをそのまま歌の中に感情移入し易い故でしょう。イイ出来に仕上がっています。“新しき日、旧い歌”まさに『ティッ・ロー。ウィチャー・ルーム』をイメージして出来た歌なんでしょうね。

        

最後に。。よく(?)、これからのルークトゥンのあるべき姿という事に対しての意見を目にしますが、このエァーの姿がその答えだ。と言いたくなりますね。ルークトゥン・ガオ-ナックローング・マイ。歌は古臭くっていいんです。歌手が新しければ。それで充分ルークトゥンは新たな姿を魅せ続けていく事でしょう。

tit r wicha luum 
  名作『ติด ร. วิชาลืม 』が入っているエァーの1枚目

スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2009/11/19(木) 15:27:14 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/705-887c9cfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。