เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに。。

毎度!ようやく新blog『デイリー・ルークトゥン』のスタートに漕ぎつけました。コレまで『バンコク音楽日記』の方でルークトゥンに関した記事を書いてきましたが、やはりルークトゥン単独のblogにした方が、イロイロすっきりするだろうという事で、分家した次第です。この『デイリー・ルークトゥン』の管理人は一応komta、わたくしがやっておりますが、これまでと違う事は複数ライターの起用という事です。こうすることで、例えば1枚のアルバムを複数で評価したり、特集記事を皆で分担してまとめたて行ったり、はたまた各自が自由に記事を書いたりする事が出来る訳です。初めての試みなので、どう展開していくか判りませんが、まぁ、好きな者同士でユッタリやって行き、更にルークトゥンの魅力にハマって行こうじゃアリマセンかという事です。blog名通り、毎日更新が基本姿勢ですので、何らかの新しい記事が毎日載ります。(本当か!?)まぁ、風邪ひいたりする事もアルでしょうから、あくまでも基本姿勢と理解していただきたいです。+555

ただ、このスタート時でライターは私komtaところん氏の2人だけです。今後その数を増やしていければ幸いなんですが、どうなりますやら。。ライターの紹介カテゴリーがありますので、そちらも併せてご覧下さい。

また、『バンコク音楽日記』に書き残したルークトゥン関連の記事はそのまま在ります。それら記事へのリンク一覧も「過去記事リンク」としたカテゴリーも作りましたので、ソコから飛んで頂けます。今後、それらの過去記事とやや重複するものもあるかもしれませんが、それは再点検としたものとしてご理解して頂きたいです。

それでは、何卒宜しくお願い致します。     ・・komta
スポンサーサイト

コメント

パーサー・イサーン2

『ドークヤー・ナイ・パー・プーン』は田舎からクルンテープに出てくるという話ですが、ターイというかサラー先生は当然イサーンから出てきて。。というイメージで書き、歌ったと思われますが、果たしてこの歌はイサーン以外の地方の人にとっても共有出来る歌なのか、それともやはりイサーン人以外はそういう意識が持てないのか。。どうでしょうね。私が思うに誰が聞いても「あー、イサーンの人たちの歌ね!」となると思いますが。。だとして、強いイサーン語の使用が無かったとしても、所詮イサーンの事を歌った歌、という認識になるでしょう。KPN Junior Award というのが何がしらの権威が付いているのかしらないですが、そこがダメ出しをしたのかな?等と勘ぐりたくなる。。

カタリーヤーはナコンサワンの出だと思います。イサーン語は出てこないですね。

  • 2006/06/17(土) 02:41:22 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

ドークヤー・ナイ・パー・プーン

「ドークヤー・ナイ・パー・プーン」は標準語だったような気がして確認してみたら、やっぱりイサーン語使ってますね。といっても否定の「ボ」が一回出てくるだけなんですけど。

カタリヤー・マラシーは標準語で歌ってるみたいですけど、どこの出身なんですか?

  • 2006/06/17(土) 00:22:24 |
  • URL |
  • yoo #OARS9n6I
  • [ 編集]

パーサー・イサーン

イサーン語の歌が少なそう。。という事と関係しているかな?

  • 2006/06/16(金) 16:02:40 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

KPN

プムプアンとカタリヤーの歌われた曲を聴いてみました。ほとんどがゆっくりとした、そして、感情を込めて歌い上げる曲ですね。コンテストではこんな歌でないとアピールしないのかもしれませんが、出場者の年齢的にやや無理がある気がするのですが。カタリヤーの曲は46,47年付近のアルバムからですので、ターイが入っていても不思議ではないと思います。なぜでしょう???

課題がふたつ。。

カタリヤーの新譜は取り上げなければと、思っていまして。。いいキッカケになりました。ハイ!

それと『ナム・ター・ファー』もこれで準備が出来ました!

  • 2006/06/14(水) 05:12:39 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

カタリーヤー・マラーシー

カタリーヤー・マラーシーはプムプアン・フォロアーだったのですか。
最近「My Humps」のカヴァーしてますよ、見ましたコレ?
http://www.youtube.com/watch?v=odtVea5iRSA

P.S. ナム・ター・ファーありますよ。
http://pleng.exblog.jp/3050803/

  • 2006/06/13(火) 22:09:18 |
  • URL |
  • yoo #OARS9n6I
  • [ 編集]

ナムターファー。。。

yoo さん。。
ところで、名曲『ナム・ター・ファー』yooさんのところで既に訳してありますか?曲名から検索出来ましたっけ?

  • 2006/06/13(火) 03:58:55 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

プムプアンvsカタリーヤー

yooさん、大変興味深い情報有り難う御座います。
1曲、シンリピン名が載ってない曲が在りましたね。『 ตะวันลับฟ้า 』=タワン・ラップ・ファー、という曲。これプムプアンのモノのようですので、かろうじて女王12曲になり面目を保ったか!?以下のアルバム紹介に入っています。
http://www.thaimegamart.com/Merchant2/merchant.mv?Screen=PROD&Store_Code=01&Product_Code=JKCVD120-291&Category_Code=0700290

カタリーヤー・マラーシーはプムプアン・フォロアーのNO.1と言ってもいいですから、結局、プムプアンの影は絶大だという事になりますね。
それぞれの選ばれた選曲のオリジナルの試聴サイトを以下に。。
สาวเพชรบุรี (ตะวันลับฟ้า も在りますね!)
http://mms.hunsa.com/mms.php?py=album&id=559
โรงแรมใจ
http://nu20003.9.forumer.com/a/_post626.html

それと何故、ターイ・オラタイが無いのか?うーん、判らないですね。。暗めなトーンがコンテスト向きでないという配慮か。。。審査員が高齢者で、受け狙いでいうとオールド・ネームの方が。。。でも1曲の無いというのは理由が在りそうですね。

ポップスの方のロースは、どうした事でしょう?コンテスト向きかもしれないですね。いや、表には出ないロースの(ロースの曲の)人気というのは確実に在りますが。。

  • 2006/06/13(火) 01:46:12 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

KPN Junior Award

KPN Junior Awardという歌謡コンテストの選曲リストがおもしろかったのでちょっと紹介。
http://www.kpnmusic.com/th104.html

ルークトゥン部門の予選通過+補欠の32人の選曲
プムプアン 11人
カタリヤー・マラシー 11人
ポーンシー・ウォラヌット  2人
ルン・スリヤー 2人

その他
โรม ศรีธรรมราช
ยอดรัก สลักใจ
เจเนท เขียว
สุนารี ราชสีมา
อร อรดี

ほぼプンプアン VS カタリヤー・マラシーになってるんですけど、なんでターイ・オラタイを歌った子は誰もいないんでしょうね。たまたま予選通過しなかったのか、それとも最初から少なかったのか、はたまたジンクスかなんかあるのか、ちょっと意外でした。

ちなみにポップス部門はもっとバラエティに富んでますけど、いちばん多いのはRoseですね。「ฟ้าเปลี่ยนสี」が2人、「ก้อนหินก้อนนั้น」と「When i'm feeling blue」が1人ずつです。

  • 2006/06/12(月) 21:12:26 |
  • URL |
  • yoo #OARS9n6I
  • [ 編集]

FM局情報ですか!!!

Oh!yooさん、これはまた素晴らしい情報を有り難う御座います!
以前、枕もとのラジオから流れたルークトゥンの局の話を書いた事がありまして。。私としては書く事が無くて苦し紛れに書いたモノだったんですが、意外にも反響があって驚いたんですが。そうだよね、日本に居てラジオつけてもルークトゥンが流れて来ることなんて事まずありえないんだよな、と。後で気が付いたくらいで。。

ですからyooさんのこの情報は私なんかよりも日本に居てルークトゥン(及びポップス/ロック)を聞きながら、現地情報に飢えている方には絶好の情報だと思いますネ。否、私にしても地方FM曲はクルンテープに居ては、日本に居るのと同じ事。今後イロイロと活用してみます。

  • 2006/05/15(月) 01:11:35 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

インターネットラジオ

どこに書いたらいいかわからないのでここにカキコしますね。

日本でタイのインターネットラジオを聞いて楽しんでいる方もいらっしゃると思うのですが、Luktung MahanakonやMVの見れるTチャンネル以外にもルークトゥンが聞ける局があるので、そのなかで比較的安定していると思われる局をちょっと紹介。

ルークトゥン専門(?)
thai FM 104.75
http://www.pattayaradio.com/thai/live.php

わりとルークトゥンがかかる局
サコンナコーン
http://swr.zapto.org/

ブリラム
http://www.99satukradio.com/
ウドンタニー
http://www.udonpeopleradio.com/live.html

ただし、タイのラジオ局は移り変わりが激しく、且つ配信状態もあまりよくないので、聞けたらラッキーぐらいに考えておくとストレスがたまらなくていいかもです。

タイのインターネットラジオのリンク集を作ってあるので、いろいろ聞いてみれば他にもいいところがあるかもしれません。
http://spdwb2545.nobody.jp/radio.html

  • 2006/05/14(日) 21:00:58 |
  • URL |
  • yoo #OARS9n6I
  • [ 編集]

shinobuさん。。

また、こんな事始めてしましました。楽しいです!今後とも、宜しく!

  • 2006/04/18(火) 14:15:35 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

おめでとうございます!

komtaさん、お久しぶりです。

新ブログ開設おめでとうございます!
僕がネットから離れている間に、タイ関係のサイトでいろんな事が起きていて、ちょっと浦島太郎状態です(笑)

ルークトゥン専門サイトは、かなり貴重な存在だと思うので、頑張って下さいね。
期待してます♪

  • 2006/04/18(火) 10:20:52 |
  • URL |
  • shinobu #mQop/nM.
  • [ 編集]

なかなか

おつなもんでしたよ。

  • 2006/04/06(木) 12:38:59 |
  • URL |
  • つるを #-
  • [ 編集]

・・・・

シンガポールのタイ人コミュニティーで聞く、ルークトゥンってどんな風に聞こえてくるんだろう。。

つるをさん、今後ともヨロシク!

  • 2006/04/06(木) 11:16:21 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

おめでとうございます

開設、おめでとうございます。
私のブログにも書きましたが、少しタイ人と戯れてきました。
komtaさんご紹介のCDもずいぶんと目にしました。幸薄い、チャカチャーン、でしたっけ、探しましたが、探し切れませんでした。

  • 2006/04/06(木) 10:26:03 |
  • URL |
  • つるを #-
  • [ 編集]

ランプーンの一読者さん、にーのさん、早速のご訪問ありがとうございます。今後とも宜しくお願い致します。

  • 2006/04/05(水) 09:56:06 |
  • URL |
  • ころん #-
  • [ 編集]

にーのサン。。

ご訪問、有り難う御座います!
応援の方、ヨロシクです!

  • 2006/04/05(水) 01:00:33 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

新装開店おめでとうございます。

どんどん盛り上がるといいですねー。

  • 2006/04/04(火) 22:00:02 |
  • URL |
  • にーの #1JQD0tfs
  • [ 編集]

ランプーンの一読者 さん。。

コメントありがとう御座います。
Vow-Wow !!!

  • 2006/04/03(月) 21:37:36 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

いよいよ始まりましたね。楽しみに読ませて頂きます。

  • 2006/04/03(月) 20:48:44 |
  • URL |
  • ランプーンの一読者 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/7-768dd8c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。