เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

แจ๊ค ธนะพล / ジャック・タナポンを求めて。。。

example_000000.jpg


比較的最近知り合ったタイ人青年W君。君とは言え30代半ばを過ぎた年頃の彼。実に真面目。実直。タバコも酒もやらない。彼のピック・アップに同乗した時の事です。

私『ルークトゥンは好き?』
W『ハイ!好きです、カポム!』
私『全てのルークトゥン歌手の中で誰が一番好き?』
W『うーん。。ジャック・タナポン、カポム!』

と、ジャック・タナポンの名前が出ようとは予想もしてなかった。この名前、一度はどこかでお目に掛った事はあっても、余り近しい名前ではないでしょう。そういう私も然りでした。しかし、そんな彼が一番好きなルークトゥン歌手としてジャック・タナポンの名前を挙げたのですから、私にも彼の風が吹いて来た時だったんでしょう。こりゃ、ナンかあるなと。。。

早速、手持ちのCDなりを探して見ました。在った様な無い様な。。。で、出てきました。グラミーのコピーCD縛滅コンサートの2545年、サナム・ルアンで行われた時のルークトゥンの日のVCDチュッ・ティー5です。上の写真がその時のモノ。この時の映像、歌、記憶にまったく無かったです。いや、1度や2度は見聞きしている筈ですが。。。しかし、こうして改めて聞いてみて驚きました。スンゴクカッコイイんです。雰囲気、最高!ルークトゥンの歌心満点です。この顔立ち見てどう思われます?ちょっと日本のプロ野球の選手に居そうな顔していると思いませんが?もしくは場末のスナックのマスター?岡山辺りの競輪選手?いやいや、兎も角この顔で雰囲気満点のルークトゥン歌ってくれるんですから、堪らないです。

さあ、ソレからです。彼、ジャック・タナポンのブツを探しに街へ繰り出しました。そうすると、行った先々で出てくる出て来る!多分、以前から在ったんでしょう。それに私が気が付かなかったというか、マイ・損・ジャイだっただけの事。しかし、ネット検索しても彼の情報はホント少ないです。ethaiCD.comに1枚2年前(47年)にグラミーから出た最後のCDが載っているのみ。更に5年前(44年)MediaMusicGroupe/MMGという所からのものを発見!更にコレは驚きました、なんとMP3集に15曲入っているのを見つけて。。MP3集というのは先にシリンター、ユイの古いのを紹介したように、かなり古い録音のを集めたものが普通で、何年前のものとかいう詳細は判りませんが、そんなにも古い録音を残していたとは。一体デビューは何時の事なのか。。。

ご覧のように見た目もいけていますから、VCDのドラマ仕立ての映像にも本人がそのまま登場しています。演技というか、仕草を見ていても、コリャ、俳優もやっていたんじゃないの?と思えるくらい、演技派でもあります。そうそう、肝心の歌の方は雰囲気重視派ですね。録音物からでは、ちょっと見え難いですが声量があるというタイプじゃ無いような気がしますが、なにしろムード、雰囲気が非常にいいものを出してきます。ルークトゥンってそんなんでもOKなんだとつくづく思わされました。この歌唱、先輩格の人も居るでしょう、そしてジャック・タナポンのの影響を多大に受けた歌手も沢山居そうです。

話が永くなりました。また何か彼の事に関して判った事でもあればかきましょう。

#ところで、私のルークトゥンの先生に、ジャック・タナポンの事好き?と聞いたところ、意外な言葉が帰って来ました。『彼のことはマイ・カウジャイなんだ。。』と。好みというのは人それぞれな事なんですね。。。

jack4.jpg
VCDアルバム『จากใจแจ็ค』より。時代がかった髪型と表情。

jack1.jpg
MP3集。

jack2.jpg
MMG盤VCDkaraoke『จากใจแจ็ค』

jack3.jpg
グラミーから出た『คนที่รอคอย』
スポンサーサイト

コメント

このメロディー

やはりサラー先生の作でしたか。爽やかで聴き易いメロディー。

MVを「露天商の恋狂い」に作り変えてファイ・ポンサトーンあたりに歌わせてほしいですね。

  • 2006/06/04(日) 04:37:43 |
  • URL |
  • ディー #QMnOeBKU
  • [ 編集]

10ピー・グジャビーですね

2枚組み、2セット出したグジャビーのベスト物の事でしたか。。あれ買っても殆ど持っているだろうからと、個人的には見向きもしなかったです。しかし、内容的には申し分の無い内容で、ルークトゥンでもひとつ聞き始めてみようか、という向きにはバイブルとなるかも。。。
で、それにコノ、ジャック・タナポンが収録されているんですから、そはりそれなりの認識がされているんでしょう。

顔が嫌い、仕草が嫌い、声のトーンが嫌い、そして名前の持つ雰囲気が嫌い。ジャック・タナポンっていう名、ルークトゥン歌手らしくないですね。俳優、TV番組の司会者、普段は海外で暮すハイソー・タイ人と。。。等とイロイロと聞く側は勝手なモンです。

社会の底辺で暮す人々の代弁者とした姿がルークトゥン歌手に背負わされた宿命みたいなものが良くあるパターンなんでしょうが、そんな共感を呼び起こすモノもあれば、もう少し上昇志向を持つような気分を呼び起こすというか、憧れ、夢を見るような気分を作り出すモノもあるのかも。。。
歌手が個々に撒き散らすイメージをいうのは、イロイロあって然りナンじゃないでしょうかネ。それがルークトゥンであっても。

因みにこの『待つ人』、作曲はサラー・クンヌウットです。民衆の代弁者たる大作曲家。一般タイ人は幾度と無く彼の歌で涙を流した事でしょう。

  • 2006/06/02(金) 05:31:13 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

10ピー・ゲェーラムミーですね

男前の工場主任が恋狂い・・。帰宅にタクシー使うエリート。
こうゆうのはルークトゥンじゃない。10バーツ握り締めて屋台でデートするとかじゃないとね。
この人の次のMVでケェートラテイカーンが縫製工役やってた。

コン・ティー・ロー・コーイ
http://music.siamza.com/music.php?k=64K&id=1683

  • 2006/06/02(金) 00:29:47 |
  • URL |
  • ディー #QMnOeBKU
  • [ 編集]

確か・・

去年でたGrammyGold10周年のアルバム(2枚組)にも入っているのを思い出しました。どっかで見た顔だと(男性なのに・・ははは)

  • 2006/06/01(木) 20:20:12 |
  • URL |
  • ヌワット #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/67-3308a66d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。