เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スナリー、タカテーン、オラウィー等 の Great Artist of the world 2008 コンサート (タイ文化センター)‏・・・

              1.マイムアン

             3.スナリー・ラー..

            7.オラウィー・サ..

 8月26日 タイ文化センター で開催された マイムアン、テー・ウテン・ポミン、スナリー・ラーチャシーマー、タカテーン・チョンラダー、バウウィー、チャリン・ナンタナコン、オラウィー・サッチャノン の Great artist of the world 2008 コンサート を報告します。

 今回のコンサートはバンコクシンフォニーを中心に、タイの4地方(北タイ、東北タイ、南タイ、中央タイ)の歌手達がパフォーマンスを披露すると言う感じのコンサートでした。客層が違い、非常に上品なコンサートでした。

 開演が20時からと言うので、19時20分頃会場に到着すると、着飾った上品な女性観客が大勢ロビーにいました。少し居心地が悪く感じましたが、マイペースで居場所を確保し、のんびりしていると、19時40分頃から入場開始です。20時、全員起立して王様賛歌を聞いて、バルコニーには王族関係者?を迎えてコンサート開始です。

 まずは、バンコクシンフォニーによる厳かなクラシックかな。雑音が聞こえません。全くの別世界ですね。その後、司会者が出て来て、まずは北タイ地方の歌手達のパフォーマンス開始です。マイムアンが出て来てランナー歌謡のメロデーのようです。チャオチャオといいながら説明がありましたが、知識不足で良く分かりませんでした。心地よい曲ではありましたが。その後、テー・ウテン・ポミンが出て来て、同じくランナーの曲のようでした。

 次は東北タイ(イサーン)地方の歌手です。ドレスアップしたスナリー・ら=チャシーマーが出て来て”クラープタウヤーモー”、コラート出身のスナリーのテーマ曲ですね。そして”スッターイティークルンテープ”、”ユーバンノークディークワー”です。どちらもイサーンから出稼ぎに来た労働者達の声援曲かな。スナリー、最高です。そして、同じくコラート出身のタカテーン・チョンラダーです。”ジラックルージローク”、”ローペンコンタットパイ”、”メチャイフェーンタムテーンメダイ”、いつも聴きなれている曲を歌いました。

 3番目に地方は南タイ、イスラム色がやや出ているのでしょか。南タイの踊りにバイオリン、組み合わせが難しいなあ。そしてバウウィー登場です。代表作”ファークファー”、”ローンタイ”、”コンクライバーン”、そして最後に今年のヒット曲”コーンマイ”です。

 最後は中央タイです。最初はクンイン、ラナート演奏です。やや知識不足です。そしてチャリン・ナンタナコンが登場して”クンルアントーン”と”ファーくるむフォン”、ルーククルンかな。やや上品な感じで。そしてトリはガラスの鐘の声を持つ女性歌手オラウィー・サッチャノン登場です。澄んだ声に魅了されます。”カワンリアム”、”クリンラートリー”。

 最後は全員出て来てフィナーレです。時間は23時、15分の休憩を入れて3時間のパフォーマンスでした。こういう上品なコンサートも偶にはよいですか。如何でしょうか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/664-e13f961e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。