เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスティー、ダーオ、ノーンマーイ等 の 母の日コンサート (パパデーンパーサ)・・・‏シライのコンサート報告 236

            2.ノーンマイ&ダ..

            4.ナンファー・カ..

 8月12日 パパデーンパーサー で開催された ヨーン・チェーンイン、ジョナス・アンダーソン、クリスティー・ギプソン、ダオ・マユリー、ノーンマーイ・プアンムアン、ルン・スリヤー、ナーファー・カラシン、ピーター・フォーティーファイ、シー・シワン、チョムプー・ヤーンラヤー、カワン・ウサーマニー、ユイ・ジラナン の 母の日コンサート を報告します。

 本日は深夜に日本に一時帰国する日であったのですが、時間があったし、VIP席のチケットを手に入れていたので、出掛けて行きました。宣伝には15時開始、チケットには17時30分開始と掛かれておりました。そして、10日に会ったタイ人からは、12時から14時くらいに来て、席を確保する必要があると言われたのですが、日の出ている時間から始まるはずがないと考え、会場には17時30分に到着しました。失敗でした。もう凄い人数です。舞台へ近づく気力も起きない感じですが、電話していつものタイ人達が舞台前に席を確保していることが分かったので、人を掻き分け掻き分け舞台前へ。でも、居心地が悪いので、舞台前で見るのは諦めて舞台裏へ移動しました。

 のんびりと椅子に座って、歌手達の動向をみておりました。18時30分、王様賛歌で全員起立してコンサート開始です。私は舞台裏からスクリーンに映された画面と裏手からコンサートを見ておりました。

 最初に登場したのは、ジョナス&クリスティーのファランコンビです。準備がいい加減なのか、色々トラブル続出で、いつもにディレクターがいらいらしながら、声を張り上げておりました。TV放映でも入っているのでしょうかね。パフォーマンスが終了すると、舞台裏では記念撮影時間です。準備に忙しい歌手と、舞台から降りて来て、のんびりムードの歌手のコンストラストが面白いです。

 続いて、ノーンマーイ、ピーター・フォーティーファイ、ダオ・マユリーとパフォーマンスは続いて行きました。後から考えると一番充実し、のんびり出来た時間帯でした。

 ルン・スリヤー舞台裏に登場です。パフォーマンス前にどういう訳か撮影会が始まりました。そして、ルン・スリヤーが舞台に上がろうとした時、突風が吹き、突然の雨です。私は直にテント内に移動して、自分の席を確保しました。ルン・スリヤーは傘を差して貰って移動し、舞台上でも傘を差して貰いながらのパフォーマンスです。大変ですね。続いて、ナーンファー・カラシンにヨーン・チェーンインが続きました。舞台前は盛り上がったようですが、私はテント内で歌声のみの観賞になりました。のんびりしていると、いつものタイ人達も舞台裏に登場して、あちこちで記念写真です。その内に、私もカメラマンにされてしまいました。なぜ?

 最後の4名は若手かな。よく知りません。シー・シワン。美形の男性歌手、チョムプー・ヤーンラヤー、カワン・ウサーマニー、ユイ・ジラナン、美人です。誰が一番美人なのかな。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/663-9edf6b5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。