เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クー・フェーン・ナコンサワン等 の コンサート (パパデーンパーサー)‏・・・シライのコンサート報告 233

             2.ノーンナナー

           3.ノーンプーベー..

        4.クー・フェーン..

 8月3日 パパデーンパーサー で開催された ノーンナナー、ノーンプーベー、クー・フェーン・ナコンサワン の コンサート を報告します。

 毎週日曜日にパパデーンパーサーでコンサートが行われている事は知っていたのですが、中々都合が付かずに見に行けませんでした。今回初めて、参加しました。

 19時くらいに会場に到着すると、舞台前でエアロビクスが繰り広げられておりました。のんびり脇に座って見学しておりました。19時30分過ぎになると、エアロビクスが終わり、椅子の準備が始まったので、舞台右に席を確保しました。パパデーンパーサーの長老達がいたので、挨拶をして、コンサートが始まるのを待ちました。

 19時45分くらい、舞台に踊り子達が登場して、コンサート開始です。前座歌手は全部で6名か。ウェーティータイの時間前に舞台上で歌を披露している子供達も前座歌手に一員みたいです。なるほど。

 20時15分くらい、司会者に紹介されてノーンナナー登場です。アルバムをだしているようですが、知りません。まだ、若いのでこれからが勝負なのでしょう。

 続いて、ノーンブーベー、どうもパパデーンパーサー付近の歌手のようです。以前、ここで前座歌手もしていた模様で、観客から暖かい声援とマーライが手渡されておりました。彼女もこれからが勝負なのでしょうね。

 トリはクー・フェーン・ナコンサワン、名前の通り、ナコンサワン出身です。タカテーンの”ジラックルージローク”、カテーの”パーチャイサオテー”等も歌っておりましたので、ルークトゥン歌手かも知れませんが、持ち歌はポップス調の歌でした。

 本日は知らない歌手ばかりの登場となりましたが、非常にのんびりしたコンサートでゆっくりと楽しめました。これから時間が有ったら、見に行きたいと思います。時間のある方、参加しませんか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/660-7c53b679
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。