เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォン&アーパーポーン の コンサート (ウェーティータイ、パパデーンパーサー)‏・・・シライのコンサート報告 222

3フィナーレ

 7月12日 パパデーンパーサー で開催された フォン・タナスントーン&アーパーポーン・ナコンサワン の ウェーティータイコンサート を報告します。

 この日はチェッシーコンサートを見た後、そのままパパデーンパーサーに移動しました。そういう訳で席を確保してから、道向かいのビッグCへ買い物がてら夕涼みです。文明の利器の快適さを感じます。

 16時少し前、席に戻るとフォン・タナスントーンがリハーサルを始めるところでした。まだ、髪のセットが終了しないとの事で、カールの機械を付けたままです。続いて、アーパーポーンのリハーサル開始です。ダイナミックなリハーサルです。日差しが強いので大変ですね。そして、フォンも出て来て、和やかに互いの歌を歌い合っていました。

 18時過ぎ、司会者二人が出て来てウェーティータイ開演です。本日のメーンはどうもフォン・タナスントーンのようです。何時見ても綺麗ですね。”チェップニープアター”だったと思います。先週、忙しくてこれを書いているのが、1週間以上経った後、書いているので記憶が怪しいです。花をあげるタイミングも難しい。パパデーンパーサーに移動してから、観客数が圧倒的に増加したので・・・。そして、衣装換えに忙しいフォンです。

 フォンのパフォーマンス後、アーパーポーンです。”チェッパ”です。腰をフリフリ大変ですね。花をあげた時、もう汗だくでした。ややボリュームのある前座歌手に大人気です。迫力あるパフォーマンスが観客に受けるのでしょう。

 フィナーレはアーパーポーンが”マンスワイディー”を、やや華が無いと言うと酷か。フォンが”ルークレオカ”、やや可愛すぎるかな?を歌ってお仕舞いです。

 終了後、更にパフォーマンスは続きます。フォンが”アイチャン”、”マーコーンクーフェーンカオ”。その後はアーパーポーンの独り舞台かな。”アロンシア”、”チョープマイ”と続きます。ダンサー、特にリーダーである坊主頭の彼は、やや疲れ気味。一時舞台から居なくなりました。年齢を感じさせる一コマです。最後は舞台上で”はいポーズです。”舞台前は混乱したまま、終了しました。TV放映集は華のあるフォンの豪華なショウ、放映終了後はアーパーポーンの迫力あるパフォーマンスと言えたでしょう。楽しい90分でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/646-36185fd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。