เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

valentine56

       

またしても、タラート・コントゥーイを通り抜けようとしていたら、いつものCD屋のVideoディスプレイから何ともオドロオドロシイ?コンサートVideoが流れているではないですか。2ヶ月ほど前のあの”PattayaMusicFes2003”のVの時と同じパターンです。暫く見て居たんですが、知った顔ぶれは誰も出て来ない。しかし、場末のルークトゥン・コンサートの持つ何とも言えないムードが充満しています。取りあえず店に入って店主に問い正す。「何ですか、コレ?」と。素っ気無く「コレ!」と出してきたのは、真っ白いレーベル上に手書きで『Valentine-56』と書かれているシロモノ。何のことは無い、CDRにコピーした物を売っているんですネ。そもそも、こんな内容のモノが商品として存在するという事、コレには逆に何かアルかも知れないという狙いがムクムクと沸いてくると言うモンです。「じゃ、もらおうか。」と大枚50Bを支払って岐路に。。

 家に帰って、取り合えず飛ばし飛ばし見聞きするも、想像通りの場末ルークトゥン・コンサートのVCDです。良くある、前座歌手が務めるコンサート前半部分を、前座じゃなくて本コンサートとしたもの。前座部分だけを録って制作したなんて事、在り得ないですが、しかし、じゃ~この様な本コンサートとしたモノでさえ作って売って商売になるのか甚だ疑問でもある訳です。こういう制作物は一体。。まぁ、田舎の2流/3流のモーラム・コンサートの廉価VCDと言うのは良く有りますが。。。

1曲歌っては引っ込み次の歌手へと歌い継いで行くステージ進行。出てくる歌手はどれもこれも、セミプロ歌手。歌うのも全て、有名曲の歌い回しコピー。否、自身のCDなんていうのを持つ歌手も中には居るかも知れない。。但し、そんなCDの存在を知っているのはその家族親戚くらいな。。手な訳ですから、「普通」誰も見向きはしないモノでしょう。しかしです、じゃ~一流歌手のモノと本件の様なモノと何がどの位違うのか?何て事を、チャンと説明できる人なんて居るんだろうか。。ルークトゥンなんてそもそもこんなこんな世界のモノでしょう。真っ正直なルークトゥンから、コヨーテ・ガールによるディスコ・ショーケースまで何でもあります。

さて、上と下に適当に見繕ったモノ、上のはどこか中西部ルークトンの香りが充満している、いい仕上がり。そして下のは、NOPPORNからプロモーション中のウィー・ジラーポンの『จะเอายังไงกับหน』/ ジャ・アウ・ヤンガイ・ガップ・ヌゥーのコピー。この曲をやっているところからこのコンサート自体遂最近のモノと判断できます。オリジナルのウィー・ジラーポンのはコチラから。。流石のウィーもココまで腰を深~くูグラインドしながら落として行く事は出来なかった!で、です。この2トラック、本当に適当に選んだんですが、ヨーク見てみると、同一歌手ですねぇ!お客様が喜んで頂けるのなら、何でもやります!というプロの姿勢。参ります。

このVCD、この国の常識層からすると、国内だけだったら仕方ないけど、外に流れる事。それは、困る。。というモノになるんでしょうね。

       
       『จะเอายังไงกับหน』
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2008/07/15(火) 12:50:01 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/635-5811a222
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。