เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プムプアン・ドゥアンチャン の 16周忌追悼コンサート(ワット・タップクラダーン、スパンブリー)‏・・・ シライのコンサート報告 204

1.プムプアン


 6月13日 スパンブリー の ワット・タップクラダーン  で開催された プムプアン・ドゥアンチャン の 16周忌追悼コンサート を報告します。

 昨年も訪問しましたが、今年も性懲りも無く出かけて行きました。お寺には20時少し前に到着し、舞台右下に何とか席を確保しました。その後、本堂へプムプアンに敬意を払い、お参りに行きました。その後、夕食を調達して20時30分頃コンサート会場に戻ると、舞台上にはプレーワー・パッチャリーが居ました。久しぶりに見た感じです。残念ながら、2曲しか聴けませんでした。その後、グラミーゴールドの歌手達が続きました。美人歌手のラチャノック・シーローパン、飛ぶ鳥を落とす勢いのタカテーン・チョンラダーです。ラチャノック&タカテーンには花が間に合い、手渡しました。そして、本日のハイライトでもある、プムプアンの一人息子、ペット・サラポップです。“タカテーンプークボー”、“コーハイルアイ”、それとプムプアンの録音の音との合唱題名不明を歌いました。VCDの歌より数段よくなっている感じですが、第2弾はどういう路線で行くのでしょうか。地元ですから、声援の声しか聴こえませんが、今後は心配ではります。

  若干マイナー歌手が続いて、22時30分頃、6月13日ワット・タップクラダーンでのコンサート権を所有しているユイ・ヤトゥユ登場です。1年ぶりの再会です。バンコク周辺でのコンサートは行っているのでしょうか。人気のほどはどうなのでしょうか。当然、このコンサートでは、大変人気者ではありますが。会場も楽しく合わせて踊っておりました。歌っていたのかな。

  ユイが退場すると又マイナー歌手達のパフォーマンスが続きましたが、23時過ぎ、イーフ・パンティップ登場です。最後の1本の花を上げました。ヨートラック・サラクチャイを励ますコンサートから1月半ぶりの再開ですね。ヨートラックとVCDを出しているのは知りませんでした。今後見つけたら買います。そしてバー・ケーサヤー登場です。花をあげたくても花が無い状況でした。大変申し訳有りません。“ナムターノーンモーティット”かな。最近、時々FM95でかかりますね。売れると良いですね。

 アユタヤ住人の方と挨拶をして、24時も過ぎたので、そろそろ帰ろうかと後ろを振り返ると、観客はほとんど居ません。重い腰を上げて移動を始めると、コンサートも終了でした。大変ご苦労様でした。今回はR.Siamの歌手達は参加していなかったようです。プムプアンの冥福を祈ります
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/627-6f309a82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。