เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルークトゥンの華② 南国の歌姫・アンダー

anda1ss.jpg


最近のルークトゥンの流れ、とでもいうのでしょうか・・・R-Siamから出ている女性歌手は、みなさんどなたも美しく、爽やかで、ルークトゥン(田舎歌謡)のもつ泥臭さ、ひたむきさといったものが非常に洗練された形で表現されているように思います。私はタイ在住時、バンコクに住んでいたのですが、な~んとなくですがバンコクっ子って、田舎蔑視の傾向がある・・・と思いませんか?特に北部よりも南部に対して・・・。言葉も分かりにくいし、外見もなんとなく濃いし・・・男性からみたらやっぱり南部の女性は「色黒」=「興味薄」という暗黙の了解があるのかなぁ・・・なんて勘繰ってしまいますね。このアンダーという歌手、VCDを見ているとやたら海や自然の描写が目立ちます。ジャケット写真も貝を使ったアクセサリーを見に付けていますし。そしてまっすぐな黒髪、やや色黒、ほりの深い顔立ち・・・南部の出身だそうですが、大自然のなかで優雅に美しく歌い舞う姿はバンコクっ子からみた南部のマイナスイメージを見事プラスイメージにかえることに成功しています。そして肝心の彼女の歌・・・まさに海が似合う「爽やか系」といったらいいんでしょうか。ちょっとハスキーで低めの声は真っ青な海、紺碧の空、灼熱の浜辺に吹き抜ける一陣の涼風・・・開放的な南国リゾートがぴったり当てはまる、そんな感じです。楽曲のほうはどうでしょう。今年の4月に発表されたアルバム「アンダー 2」では、ファーストアルバムで見せた爽やかさはそのままに、ますます洗練されたルークトゥンを表現してくれています。前作よりもより斬新なアプローチがいろいろとありますね。しっとり聴かせる曲あり、ロックな曲あり、またノリノリのダンスナンバーもあり、そうかと思えば民族楽器を使った民謡チックな曲あり、それらがどれも海や海岸、砂浜をバックに撮影されており、聴いても観ても楽しめる一枚となっています。いや、これは是非見て楽しんで欲しいですね。歌唱力にそれほど秀でたものがあるようには思わないのですが、愛らしい顔立ち、抜群のスタイル、さまざまな種類の楽曲をそれなりに歌いこなす歌手魂とでもいいましょうか、もうすぐじめじめした梅雨を迎える日本に住んでいる身としては、気分転換に抜群の一枚です。
ちょうどR-Siamのサイトに彼女のインタビューが載っていたので、ちょっと読んでみたのですが・・・ヨン様並みにファンを大切に思っている姿勢には好感がもてました。また今回のアルバムは彼女自身かなり自信作のようです。彼女も語っていますが、本当にさまざまなジャンルの楽曲に触れ合えたことが楽しかったようです。作詞も自分で手がけるようですね。今回のアルバムに彼女作詞の曲が一曲だけ収録されています。インタビュー内でも「ファンのみなさんに聴いてもらいたい曲」として、また自分が一番思い入れがある曲として挙げています。歌詞を見てみると・・・意外としっかり「ルークトゥン」してますね・・・。故郷を離れて暮らす自分だけど、生まれ育った農村を忘れない・・・といったそんな歌「マイ・ルーム・バーン・ナー」ですが、楽曲も本来のルークトゥンの姿をきっちり踏襲していて、派手さはないけれど心に響くいい曲です。本人の意向とは別にプロモ曲が別なのもご愛嬌。アルバム1曲目「サタイ・サトー(サタイは多分、「スタイル」だと思うのですが・・・)」、これは文字で説明するよりも聴いてもらうほうが分かりやすいと思うのですけど、思いっきり南国ムードをかもし出しています。ハワイの映像をみてハワイアンギターのエロティックな音色を連想するのと同じように、この曲を聴けばタイの南部リゾートの青い海、青い空、雄大な自然が目に浮かんできますね。歌詞の中にも「南」という言葉が多用されていますし。まぁ普通に「ルークトゥンとはこういうモノ」という価値観で聴くとはじめは「なんじゃこりゃ??」となるでしょうが(だってテンガロンハットなんかかぶってるし)、何度も聴いていると、Vの美しい自然とあいまってこれがまたしっくりくるのです。子供達と一緒になって海岸ではしゃぐ彼女の姿は・・・きっと歌手になっていなかったらこんな感じで毎日を過ごしていたのでしょね・・・。元気溌剌、幸せ一杯で観ているこちらも元気になれます。あえて欠点をあげるとすれば・・・やはりその歌唱力でしょうか・・・。決して歌が巧くないということではないのです。さまざまな歌手の色とりどりな個性の前では、ちょっと主張が薄いかな・・・また楽曲や彼女自身の外見的なものが、現在の「ニューウェーブ系ルークトゥン」の流れからはちょっと外れているような気も。歌うことに対する情熱もあり、新しいことに挑戦することに躊躇するタイプではなさそうなので、このまま埋もれていくことなく新たなルークトゥンの可能性を探っていける歌手になって欲しいです。現在のR-Siamから出ている女性ルークトゥン歌手が(たとえばイン・ティッティガーンなど)都会的に洗練され作り上げられた美しさ、楽曲で勝負しているとすれば彼女はまさに対極。派手さはないけれど質素な美しさとオーソドックスながら心にいつまでも響く楽曲で勝負です。一曲国民的大ヒットでもすればいいんでしょうけどね。あ、でもそうなってしまったら、今の彼女の魅力が薄れてしまうかもしれませんが・・・。ルークトゥン初心者の方にも、いろいろなジャンルを取り入れた楽曲は聴きやすいのではないかと思います。なかなかの美人ですし・・・。VCDの画像も、南国リゾート風の爽やかな雰囲気がよくでているので、ぜひ梅雨のお供にいかかでしょうか。
Anda3.jpg

Anda10.jpg

スポンサーサイト

コメント

初心者とコア・ファンとその中間の人と。。。

ちょっと捻くれた考え方かもしれないですが。。このアンダーみたいなタイプこそがコア・ファンが興味を持つモノなんじゃないかなと。。初心者と言っても、ルークトゥンのイメージを少なからず持って聞こうとしている方は既に初心者とは言えなくなっていると。。本当に初心者というのは、タイの音楽をまだ全然聞いたことが無いような人とかで。。
ですから、その中間に位置しているような方はマイ(ク)・ピロンポンとかシリポーンとかああいうルークトゥン、ルークトゥンしている方が解かり易いと思います。
このアンダーみたいのはホント難しいです。まだヌンの方がルークトゥンぽさが出ているから、解かり易い。どうでしょう?

  • 2006/05/25(木) 14:31:34 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

確かに!

>Jimさん
そうですね。確かに聴きやすく、印象薄い感じはありますね。インパクトに欠ける、というか・・・。
でも逆に、パンチの効いた曲を歌うと、本人らしさが損なわれるような気もしませんか??
本人は、作詞を勉強しているようなので、ゆくゆくは制作側に回りたいのでしょうかね~??

聴きやすいですが・・

全体的に聴きやすい歌ですね。
でも、こういうのって、コアなルクトゥーンファンの方にはどうなんでしょうか。

どちらにしても、彼女は聴かせるタイプではないようなので、私的にはどっちつかずの感じがしてしまいます。
ヒット曲にでも恵まれれば別でしょうが、彼女の行く末がちょっと心配です。

今回の試聴サイト(6曲)はつながりやすく、すぐ音が出てきてよかったです。

MV!

Oh!Music V がありましたね!以下をクリックで行けます!
http://www.r-siam.com/mv/0008.wmv

ヌンもありますね!

  • 2006/05/23(火) 12:39:47 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

MVは・・・

>komtaさん
フォローありがとうございます。

記事で紹介した「サタイ・・・」のMVがR-Siamのサイトで見られます。左の方にある「New MV」コーナーの一番下です。

試聴サイト

当アルバムの内の6曲が聴けます。

วอนลมบอกเธอ
http://music.kapook.com/newmusicstation/play.php?id=6397

มองเดือนเตือนใจ
http://music.kapook.com/newmusicstation/play.php?id=6396

คู่กัน
http://music.kapook.com/newmusicstation/play.php?id=6395

อันดา อันดา

http://music.kapook.com/newmusicstation/play.php?id=6394

ไข่นุ้ยอย่าคิดมาก
http://music.kapook.com/newmusicstation/play.php?id=6393

  • 2006/05/23(火) 03:57:58 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/61-2fb0b83a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。