เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

สาวบางโพ - มยุรา ฟ้าสีทอง

             vvff.jpg
              『サーオ・バーン・ポー』が入っマユラーのベスト集


 さて、マユラー・ファーシートーンです。気にはして居たんですが、なかなか紹介しづらかったのも事実。今度のジンリートのアルバムでやっとそのチャンスが巡って来たようです。随分、アルバムも出しているし、深夜プロモ番組でもアルバムがリリースされれば、良く露出もしていました。基本的にダンス専門のようなタイプの人ですが、そのダンス曲のノリが普通の?ダンス・ルークトゥンとは一味も二味も違っていて、可笑しい?不思議?正直言って“何なのこの人?”っていう感じでした。ダンス・ルークトゥンというとユイ・ヤートユとかのアノ、ラテン・べース風味なノリですが、このマユラーはロック・ファンクというノリ。曲名も“サーオ・・・”という女シリーズをズッーとやって来ています。働く女を歌で応援する?という感じなんでしょう。マイナーな存在?まぁ~、そうでしょう。でも、こういうのって判らないですよね。外から見るとマイナーに見えても中に入ると結構、人気があるというの多いですから。。実際、私は過去2回ほど彼女が歌うコンサートでの姿を見ていますが、それも父の日コンサート於サナーム・ルアンで。。人気、シッカリありました。

 で、彼女の代表曲といえば。。件の『サーオ・バーン・ポー』になるんでしょう。しかし、この曲、私が初めて聴いたのはマユラーが歌ったモノではなく、とある場末コンサートのしかもその前座歌手兼ダンサーが歌ったのが最初だったと思います。勿論、その時、あぁ~、マユラーの曲だ!とはならなかった訳ですが。。聴いた状況がそんな事も相まって、なんか凄い、下衆なイメージが物凄かったです。こういう時、自分が知らないだけで、知る人はいる訳で(ルークトゥン・コンサートの前座曲を観客が知らない歌を歌う。。という事は、普通在り得ないですからネ。。)、と同時にいつ頃、誰が歌って、どの位ヒットしたんだろう?という興味を残された訳です。まぁ、聴いて見てください。コレです。

สาวบางโพ - มยุรา ฟ้าสีทอง

 話の前後関係がやや、アヤフヤなんですが。。この『サーオ・バーン・ポー』をカッタリーヤ・マラーシーが歌っている。。否、結果からいうと似たような曲で違うタイトルだったんですが、最初、聴いた時はカッタリーヤが『サーオ・バーン・ポー』をやっていると思ったものでした。しかも、一聴、ええっ!?コレ、カッタリーヤ・マラーシー?と言う位、妙に力んだ声で歌い上げるので、驚きもありました。近年、カッタリーヤはどういう風の吹き回しなのか、ディスコ物のカヴァーとかよくやっていますが、この辺、賛否が分かれる所でしょうが、私は好きですね。もし私も、こういうのってチョット。。とか言うと、もう誰からも見捨てられるかもという危惧が。。。555 いやぁ、プロフェッショナルですよ、カッタリーヤは。。 このカッタリーヤの曲名は『サーオ・ムアン・ノン』で以下です。

 fvvd.jpg
สาวเมืองนนท์ - คัทลียา มารศรี

 『サーオ・バーン・ポー』と『サーオ・ムアン・ノン』が正に丁度、一度に、同時に、使われているシーンというのを見つけまして。。これがこの2曲を取り巻く全てとは思いませんが、いい味出しているとは思います。以下。。


สาวบางโพ VS สาวเมืองนนท์

 さーて、ジンリートです。前にも書いたように、この『サーオ・バーン・ポー』、下手に手を付けると“ミイラ取りがミイラになる”可能性大な曲で、よっぽど腰が据わっていないと酷い事になると予想されますが。。。 ジンリートがこの曲を取り上げたと知って、そうか、そうか。。あなたならOK!問題なし!あなた以外にはコレは危険過ぎるよね。。と、なる訳です。しかも、その出来たるや想像以上の仕上がりで、もう興奮しています。ホント、ジンリート巧いです。 彼女の『サーオ・バーン・ポー』をどうぞ。。。

20080511000046b.jpg

 สาวบางโพ - จิ้งหรีดขาว วงศ์เทวัญ






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/605-311e9dd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。