เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨートラック・サラクチャイを支援するため の ウェーティータイ の 特別コンサート (パパデーンパーサー)‏・・・シライのコンサート報告 175

           1.ヨートラック・..s


9khon.jpg


 3月26日 パパデーンパーサー(プラプラデーンプラーサー) で開催された ヨートラック・サラクチャイ、ミアオ・クナーターン、カテー、ジャネット・キアオ、ピムパー・ポンシリー、スナリー・ラーチャシーマー、リュウ・アジャリヤー、イフ・パンティップ、アーン・ザ・スター、カンチャナ・マーシリー のコンサート を報告します。

 コンサートは17時開始との情報でしたが、平日のそんなに早く行くのは不可能なので、仕事が終わってから出掛けていきました。太陽が有るうちコンサートは始まらないだろうと勝手に判断しました。18時過ぎに会場に着くと、どうやらウェーティータイの特別コンサートで“プアンチュアイプアン(友は友を支援する)”と垂れ幕が舞台にありました。ウェーティータイですので、フリーコンサートでしたが、150バーツのタンブンをしてほしいとのことでした。入場料150バーツとしないで、タンブン150バーツと言うところが、プアンチュアイプアンなのでしょう。入場するとテーブルが準備されておりましたが、予約していないと良い席はないようなので、トラックに残っていた椅子を借りて適当な処で見られる準備をして、舞台裏でのんびりしました。いつものタイ人達は中央付近に席を予約してあったようですが、前の方は顔役達が抑えてあったようで、“やや席に不満だ!” と言っておりました。そして、アイスクリームとクウィッティアオがあるから食べることを薦められたので、少し頂きました。後でゆっくり見学していると、これらの食事は踊り子さんや裏方さんの為に準備されていたもようです。

 いつものディレクターがいたので、話を聞くと 本日は50名くらいの歌手が参加し、各歌手1,2曲歌うとの事でした。忙しそうなコンサートです。19時少し前に舞台前に移動して、右手にカメラさん達が陣取っていたので、その横に椅子を置いて見る事にしました。19時、王様賛歌が流れ、コンサート開始です。いつものタイ人達は舞台の左手にビニールシートを敷いて、席を確保していました。予約した席ではコンサートが見難いので、移動したそうです。

  開始早々は知らない歌手達が出てきましたが、まだ、マイク等の準備が不完全で、音が消えたり雑音が入ったりで、ディレクターがカリカリしていました。テレビ中継はあったのでしょうか。20時過ぎに歌手全員?舞台に集合して記念撮影、そしてヨートラック・サラクチャイを励ます催しが始まりました。1.ヨートラック・サラクチャイ登場して観衆に色々説明です。“12kgやせた”と言っておりました。各所からの寄付を受け取って感謝。そして、本格的にコンサートが始まりました。出てきたのは2.ミアオ・クナーターンです。23日のポーンラーン・サオーンのゲストですね。“ボンケーブア”1曲でした。舞台裏に挨拶と写真を撮らせてもらいに行きました。すると、3.カテーがいたので、話し掛けてパチリ。舞台では定番の“パートジャイサーオテー”歌いました。何時見ても良く体が動きますね。4.ジャネット・キアオとも若干話して舞台前へ。彼女は“コンナーターディー”ですね。引き締まった体の双璧二人という感じです。椅子に座ってコンサートも見ていると5.ピムパー・ポンシリーが登場です。やや人気少な目かな。大変好きなので忍びないですね。

  ヨートラック・サラクチャイ、再登場してセレモニーです。今回は舞台に椅子を持ち込んで、セーリー達がサポートしておりました。同時代の男性歌手達が歌い、その後に6.スナリー・ラーチャシーマー登場して“*****”を歌いました。題名思い出せません。ベテラン陣のパフォーマンスが終了すると若手に移動です。7.リュウ・アジャリーヤー登場して新アルバムから。あまりインパクトの無い曲なのですが、可愛いから良いことにしましょう。舞台裏へ行くと見覚えの有る顔、名前を間違えると失礼になるのですが、勇気を出して確認するとやはり8.イフ・パンティップでした。話していて感じたのは、キャピキャピ娘だ。新アルバムも出したと言っておりました。もし、私の目に触れたら買いましょう。舞台でのパフォーマンスも期待の持てるものでしたので、メジャー入りしてほしいですね。そして、前回のウェーティータイにも出演していた9.アーン・ザ・スター、“トーハークラン・スッターイ”です。彼女、見る毎に印象が若干違うのですが???最後は10.カンチャナ・マーシリー。控えめに舞台裏で立っておりました。もっとアピールしないと損をしてしまいそうですよ。

 他に沢山の男性歌手が出たのですが、今回は女性歌手のみでお仕舞いです。
スポンサーサイト

コメント

o( - ii - )o

 ヨートラックのHPというのが有ります。以下。。。
http://www.aelyodrak.com/

ところで、この老歌手をチアーしようという動きの中で、サーヤン サーンヤーが“あれは嘘っぱちだ!”とか言っていたとか。。TV番組に出て来て何やら唾を飛ばしながら話していたのがそんな事だったと。。と知ったのは後からでしたが。。しかし乍、上記HPで仲良さそうに当の2人が並んで映っている写真とかも有って、良く判らないですね。

  • 2008/04/14(月) 00:50:06 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/581-1a207d00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。