เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ころんのアルバム評~その6 ジャネット・キャオ

janet2.jpg


 今回はジャネット・キャオのアルバム「OH YEA」を取り上げます。ルックス的にちょっときついので避けてきた歌手なのですが、個人的によくお世話になっている某ネット・ショップの店主さんがジャネットをお好きだというのを知って、是非聞いてみたいと思っていました。その方は前作の「NGERN TUA DIEW」を推薦されていたのですが、今回はこちらで。
 それにしてもこのアルバムはカッコいいですね。音楽的には基本はもちろんルークトゥンなのですが、重心が低くてスピード感溢れるファンキーな音作りが素晴らしい!派手に鳴りまくるハードロック風のギター、ブンブンうなるベース、手数の多いドラムを軸にして、殆どハードロックバンドの編成でルークトゥンをやっています。もちろんハードロック的な要素だけではなく、いかにもタイ歌謡といった要素もきっちり入っています。タイ色豊かなハードロック風ルークトゥンとでも言えばいいでしょうか?そこにジャネットのソウルフルな威勢のいい歌声が乗ってくると…もう最高ですね。とにかく文句無しにカッコいいルークトゥンだと思います。
 音作りのカッコよさもこのアルバムのポイントですが、その音作りを十分に生かしてこれだけの魅力的な音楽に仕立て上げたのは、なんと言ってもジャネットの歌の力量があってのことでしょう。この人、歌はとてもうまいです。歌い口にやや硬いところはありますが、抜群にノリが良くて洒落っ気があり、しかも適度な色気も感じさせるという、かなり実力派の歌手だと思います。しかも芸人根性溢れる歌手ですから、とても親しみやすいですね。彼女の歌を聞いていると「さあ寄ってらっしゃい見てらっしゃい!みんなわたしの歌で楽しんでちょうだい!イヤなことも忘れて踊っちゃってちょうだいな!」なんて言われているような気がしてしまいます。この人の音楽は、活力溢れるタイの民衆のパワーを体現しているような気がしますね。私はこのパワーが、例えばミニ・オールスターズの「ララマン」とかパパ・ウェンバ&ヴィヴァ・ラ・ムジカの80年代の作品とかがもつパワーに良く似ていると感じています。まあこんなことを言ってどれだけの方に通じるのかわかりませんが、要はパワー溢れる素晴らしい大衆音楽だということです。
 タイ歌謡には活力に溢れたものが多いと思いますが、中でもこのジャネットはトップクラスのパワーと楽しさを持っているのではないでしょうか?私はこういう芸人根性をしっかりと持ったパワフルな歌手は大好きなのですが、みなさんはいかがでしょうか?個人的には大いに推薦したいアルバムです。
スポンサーサイト

コメント

シライさん
46年のファーストがお好きですか。私はファーストは持っていませんので、機会があれば入手したいと思っています。おっしゃる通り今後が楽しみな歌手ですね。楽しい作品を作り続けてくれることを願っています。

  • 2006/05/22(月) 13:12:10 |
  • URL |
  • ころん #-
  • [ 編集]

ころんさんの今までの選曲からジャネットが選ばれると思いませんでした。46,47,48年と毎年アルバムを発表しています。私は46年のファーストが好きですが。コミカルでエロク、そのど迫力が好きです。残念ながら、あの顔立ちなので、大人気とはいかないようですが、毎年アルバムを出せるのだから、それなりの人気があるのでしょう。苗字はキアオですね。タイ語の発音記号、3枚目の最後に自分でも、ジャネット・キアオと名乗っていたと思います。今回のアルバムは若干奇をてらい過ぎている感じがするのですが。存在感のある世界を創り出しておりますので、今後が楽しみです。

この土日は風邪でブッ倒れていましたころんでございます。

hanaさん
すいませんが映画のことはよく知りません。映画・ドラマ・バラエティなんかでも活躍しているというのは聞いたことがあるのですが。コミカルな役がハマるというのはよくわかります。

komtaさん
ジャネットって、そんなにマニアックなんですか?こんなに良い歌手なのに…。本人がモーラム上がりだということは知りませんでしたが、音の要素には思いっきりモーラムが入ってますね。そこが私が「タイ色豊か」と感じる要素の一つでもあります。あと名前の表記は「キアオ」なんですね。タイ語の日本語表記はなんだかよくわからないものが多いです。

  • 2006/05/22(月) 10:01:32 |
  • URL |
  • ころん #-
  • [ 編集]

ジャネット・グリーン

英語名:ジャネット・グリーン。ころんサンまた随分マニアックな選曲しましたね!このジャネットの様な歌手の本当の魅力ってなかなか見え難いと思うんですネ。一見、一聴、派手派手にダミ声でブッチャけちゃうのって、分かり易いですが。。
この手のタイプの女性歌手は大抵、モーラム畑出身で怖そうなお顔でダミ声でやりますネ。歌もイサーン語バンバンだし、そういう風に見ていくと彼女のバックボーンなりが見えてきて更に面白いと思います。そういった面は当アルバムの後半へ行けば行くほどハッキリ出てきます。全曲試聴できるサイトを見つけました。
http://www.dekbaba.com/musiclithai.php
丁度、曲順が反対に最後の曲から並んでいますので、丁度良かった!モロ、イサーンのモーラム歌手上がりだという事が見えてくるんじゃないでしょうか。
更に彼女の過去のアルバム詳細がコチラに出ていますので、チェックを!http://www.ethaicd.com/list.php?catid=1180
グリーンですから“キアオ”と表記した方が、訪タイ時にCD屋で確認する時など、イイと思いますネ。

  • 2006/05/21(日) 02:34:51 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

「イェーム・ヤソートン」という映画に出てた歌手(女優さん?)ですよね。マム・ジョックモック主演の・・・。映画ではコミカルな役どころがすごくハマっていたので、ころんさんのコメントにも納得です。お客の求めているモノを巧く表現できる歌手だと思います。

  • 2006/05/20(土) 07:54:23 |
  • URL |
  • hana #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/57-a28721e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。