เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジンタラー の コンサート(ワット・カオチョーンパーン、ラブリー)・・・シライのコンサート報告 157

            3.ジンタラー&ポ..


 2月10日 ラブリー の ワット・カオチョーンパーン で開催されました ジンタラー・プーンラープ の コンサート を報告します。

 本日もコンサートが重なり、M-150ルークトゥンスーパーショーへ行くか、ポーンラーンサオーンに行くか、ジンタラーに行くか迷いましたが、ジンタラーファンの知り合いとラブリー迄出掛けることにしました。場所はカテーのコンサートと同じお寺です。

 上海から来られた方々とゴルフをした後、律儀に洗濯をし、その後、セントラルバンナーで持ち合わせをして、出かけて行きました。会場には、19時頃到着し、20バーツ支払い椅子を確保して、舞台前に陣取りました。タイ人、西洋人、日本人の変なトリオです。開演迄時間が有るので、それぞれ屋台群を冷やかしに出掛けて時間を潰しました。

 20時30分過ぎ、コンサート開演です。シリポーンのボーラックシーダムから始まると言う思いがけない展開でした。そしてノックの“???”、その後はタカテーンのオンパレードです。タカテーン大人気ですね。歌い易いのでしょうか。そして、メンポーです。踊り子の数は女性14名、男性1名と2名減っておりました。体調でも壊したのでしょうか。

 22時からは司会者がカラバオ登場と言って商会し、カラバオモドキのパフォーマンスです。“イサーンのカラバオだ”とアピールしておりました。彼のパフォーマンス中に、ジンタラーのバン到着。それと共にマーライ売りがマーライの準備をして、舞台前に登場です。

 22時30分、“ジンタラー・エッベーオ”で、ジンタラー登場です。確かに20年間、あのショートカットは変わりませんね。だからエッベーオではないと歌っておりますが、20年前と同じ格好だからエッベーオなのではと思ってしまう、私です。トリオでマーライをあげに行きました。やはり目立つのは西洋人。顔付、体格が違いますからね。弟のポが出て来て、“フェーンジャー”そして“マータムマイ”、2002年のバードバージョンです。“お、久しぶり!”、その後は、いつものように、“テンモージンタラー”、“ラックサーライ・ドークファーバー”等のモーラムです。自然に体が動いてしまいますね。最後は再び“ジンタラー・エッベーオ”で締め括りました。もう、23時30分です。トリオで舞台裏へ挨拶に行きました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/551-5de73b56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。