เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プムプアンのコンサート・アルバム

1.jpg

2.jpg

3.jpg



 プムプアンの録音物は既に再発、復刻したものを大体揃えると新たに買うという事をしないのが普通でしょう。新たに録られた何て事は無いのだから。。。しかし、いつも行く地元の店の一番上に展示されているプムプアンの見慣れないアルバムを見つけ、そのタイ語で書かれたタイトルを読むと『コンサート』となっているでは!やや慌てて店主に聞くと「そう!サデーン・ソット」と言うではないですか。プムプアンのライブ・コンサート・アルバムというの有っただろうとは思っていても、実際に手にしたのは私は初めてでした。さて、そのアルバムの紹介です。

 コンサートは最初の曲の前奏が始まるとダンサーがダッーと出てきて踊り出します。と、プムプアンが歌い始めますが、ステージの外で歌っていてなかなか姿を見せません。時計を見ていると、1分過ぎ、2分過ぎ、3分過ぎても歌はステージ上に流れてはいるのですが、姿を一向に表しません。少し、不安になりました。このまま出ないんじゃないの?と。。良くありますからね。いんちきなつくりの物って。。4分過ぎたところです。ウォー!出てきました。さすが女王です。ずっーとステージの外で歌ってたんです。

 そうして1曲目が終わると、マイクを手に観客に向かって話し出します。「今日は体調がよくないんです。先日、イサーン方面へ公演へ言ったんですが、物凄く暑くって汗をかいたんですが、そのまま車の中でクーラーを掛けて長い事居たら、すっかり調子を崩しちゃって。。医者にも行って血液を見てもらったんですが。。。どうも、調子がイマイチなんです。。。」と話しながらも、きっちりとスローなルークトゥンを歌い上げます。やっぱ、ライブ・パフォーマンス上のプムプアンって異様な歌唱を魅せてくれます。

この制作物、例えば現在のグラミーがインパット・アリナーでやったコンサートをアルバムに制作した様なものと較べると、悲しくなるくらい低予算で作られています。音は酷い、照明は暗いし、ステージ構成も只やっているだけという感じで。。。しかし、だからこそチョット異様な迫力のようなモノがあります。ましてや、女王プムプアンの貴重なライブ・パフォーマンスがココで見られるのですから。。。更に、いつのものかという情報が全然出ていないです。晩年であろう事は想像出来ますが、これは当時のことを良く知っているタイ人に見せて、聞くほか無いんじゃないでしょうか。

アルバムは2枚構成になっており、後半、プムプアンは簡単なリケー物も見せます。そして、彼女の晩年の有名ポップ・ダンス曲を披露して終わりますが、コンサートが終わりカメラが引くと帰り支度の観客の後姿が写るんですが、むしろこの映像がナマナマしく見えて仕方が無いです。過去の貴重な映像なんだと実感させられて。。。


pumupuwanjac.jpg

試聴サイトは無いみたいです。曲目等の詳細はコチラから。。
スポンサーサイト

コメント

情報ありがとうございます。スパンブリーと言えはプンプアンの出身地なので、故郷に埋葬されたのですね。時間が空いた時に訪問してみます。

たしか・・・

シライさん
プンプアンドラマ・・・そうです!多分98年か99年だったと思います。その頃私はもう帰国してましたが、タイ人の留学生友達がビデオを送ってもらっていて一緒に見ていました。
それからお寺ですが、スパンブリーにあります。当時はタイ語も出来ず、あまりよく分からなかったのですけどプンプアンの蝋人形があったような・・・。あまり日本人は・・・行かないんですかね(汗)。

・・・・

このコンサートVは今から15年位前のモノでしょうから、その点を考慮しないといけないですね。当時のステージ構成全体なんかはあんなものなのでしょう。古い録音物を聞くときは、タイム・マシーンに乗って当時にさかのぼった気分で接すると俄然光って来ますよね。

他の歌手によるプムプアンの歌の比較、更にプムプアンの影響を強く受けた歌手たちという辺りを探るのは面白そうですネ。

  • 2006/05/18(木) 16:02:31 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

プンプアン、難しいですね。コンサートVCDは他にに2枚手に入ると思いますが、私は店で見ておりません。また、VCDも発売されるのですが、本人が出ているものが少なく、がっくりすることが多いです。今回のコンサートはあまり出来のよい舞台ではなかったと記憶しておりますが、最近見ていないので、また、見てみます。TVでプンプアン物語を見たのは、1998年頃と記憶しているのですが、如何でしょうか。プンプアンの寺は何処にあるのでしょうか。あまり気にしたことがありませんでした。歌を比較するおマイのカバーより断然良いと思いますが、これは人それぞれ感想が違うと思います。多くの歌手がカバーしているので、曲を決めて聞き比べて、記事にして頂けると うれしいのですが。

・・・・

よくありがちなパターンで、ルークトゥンはプムプアン!と所謂ステレオ・タイプな言い方する方が居ますよね。ブルースはBB King,ソウルはオーティス・レディング、レゲーはボブ・マーリーみたいに。。
しかし、お二人はそうはならないところがイイですね。

彼女の事を本格的に掘り下げたい気はやまやまなんですが。。。活動の範囲が広いじゃないですか、ルークトゥンー歌謡曲(この言葉便利!)-ポップ・ダンスと。。どのタイプも興味深々ですが、うーん、特にポップな曲には、妙に惹かれます。普通はストレートなルークトゥンでしょうけど。。

彼女のディスコグラフィーみたいの無いんでしょうかね?全録音を網羅したの。。普通、こういう作業はイギリス人辺りがやりそうなんですけどね。。。

  • 2006/05/17(水) 23:28:20 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

そういえば・・・

どういうわけだかプンプアンのお寺に4回も行ったことがあります!しかもそのうち2回は、多分そこそこ名のある歌手が参拝に来ていて、一緒に行っていたタイ人の友達が「○○っていう歌手だよ!サインもらわないの??」などと盛り上がっていた記憶が・・・。
はじめて見たタイドラマもプンプアン物語だったし、寺にも行ったし・・・なのにあまり聴いたことがなくてプンプアンの曲自体に興味を持ったのはマイのカバーを買ったあと・・・お恥ずかしいかぎりです。

プンプアンですか。いつでもCDとか手に入ると思って、ずっと後回しにしてしまっている歌手ですが(アルバムは2枚程持っますが)、やはりルークトゥン好きとしてはちゃんと向き合うべき歌手でしょうね。とりあえずは今持っているアルバムを、ボチボチと聞き直していこうかと思います。

  • 2006/05/17(水) 15:44:59 |
  • URL |
  • ころん #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/54-d051fe40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。