เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリポーン・アムパイポン の コンサート(ワット・カーナー、トゥンクル)・・・シライのコンサート報告 152

             6.シリポーン1

          4khon.jpg
            上から、プローナン、.ティンコーン、ティアンチャイ、プーム


 1月30日 トゥンクル(ラマ9世橋の南側トンブリ地区) の ワット・カーナー で開催されました シリポーン・アムパイポン の コンサート を報告します。

本日、バンコクの南側で、朝大雨が降り、そのためにあちこちで追突事故が発生しておりました。そのため、大渋滞の連続です。タイ人は車間距離を取らず、ぶっ飛ばしますので、雨が降った時、確実にどこかで事故が発生しております。そのため、通常は1時間弱の通勤時間が2時間以上掛かりました。朝から大変疲れた一日でした。

  2月2日にクロンタンでシリポーン楽団のコンサートが有るのですが、残念ながらその日は別用があり、行けません。それで、本日、コンサートへ出掛けて行きました。会場には19時30分頃到着し、夕食を手配して入場しました。舞台上では、エンジニアと書いたTシャツを着たタイ人がマイクのテストを行っておりました。Tシャツの色は勿論黒色です。

 20時30分、全員起立して、王様賛歌でコンサートの開始です。男性の踊り子40名強くらい、女性の踊り子30名強くらいでした。全員が舞台上に登場すると壮観な眺めです。前座歌手達が登場して、パフォーマンスです。のんびりする時間です。“会場は若干狭い敷地だなあ”と思いながら客入りを確認している私です。7割程度ですね。

 21時30分少し前、ピンケンデーンイサーンの男性歌手陣のパフォーマンスが始まりました。いつも男性歌手のことを書かないので、たまには書くことにします。まずは、プローナンです。次にティンコーン、更に、ティアンチャイ、最後にプームが登場しました。それぞれ、持ち歌を1曲づつ披露しました。どの曲が売れたのか知りませんが、モーラムです。そして、ティアンチャイとプームがコンビでマイタイの歌等を歌いました。この二人が人気なのでしょうか。女性客からは、花が手渡されておりました。

 22時頃、ピンケーンデーンイサーンの女性陣のパフォーマンスです。ピンポン、ダーラー、ペットダーオ、トゥットーの4名ですね。会場は客で一杯になった模様で、司会者から、前に詰めるように依頼があり、1mくらい移動しました。既に椅子は無くなり、立ち見客で溢れかえっておりました。しかし、雰囲気はいたってのんびりしたものです。ペットダーオとトゥットーがアパポーンの“チェッパ”の腰振りパフォーマンスで観客を笑わせていると、お笑い陣が参入して来て、そのまま、お笑いになりました。お笑いの内容は実感変わったようです。

 23時少し前に、舞台の照明が暗くなり、シリポーン・アムパイポン登場です。新アルバムから“ヤーンボミーチャートナー”です。シリポーンのかすれ声に合っています。もう1曲、新アルバムの歌を歌い、その後はヒット曲メロデーですね。“クットホートコートボダイ”等です。お笑い陣達と絡んで、休憩をしながら、シリポーンのパフォーマンスは続きまし。24時15分過ぎた頃、“ロッソーボーラック”、“ボーラックシーダム”を歌い、フィナーレになりました。舞台裏に挨拶に伺い、写真を撮らせて頂きました。親切なシリポーンです。

8.シリポーン2
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/539-02a5051c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。