เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ターイ・オラタイ の コンサート(ワット・コートカート、マハチャイ)‏・・・シライのコンサート報告 151

           3.ターイ3


 1月27日 マハチャイ の ワット・コートカート(クロートクラート) で開催されました ターイ・オラタイ の コンサート を報告します。

当初の予定では、タイカルチャーセンターで開催される ウーア・スントーンサナーン(スンタラポーン)誕生97記念コンサートへ出かける予定でチケットを購入していたのですが、ガラヤニ王女の喪のため、タイカルチャーセンターが100日間休館してしまい、急遽キャンセルになりました。そのため、時間が空いてしまったのですが、ウェーティータイ会場で、ターイ・オラタイのコンサートがマハチャイである言う情報を得たので、出かけることにしました。マハチャイはトンブリー側のバンコクノイ駅から出発しているマハチャイ線の終点です。バンコクからの日帰りローカル線の旅行と言うと、マハチャイ線、メクロン線と乗り換えて田舎の市場を楽しむ旅行がありますので、行かれた経験がある方も多いと??思います。線路上に市場があるというとんでもない世界を経験できます。汽車の時刻が分かっているので、時間に合わせて、市場を撤去するのですが、タイのこのいい加減な時間管理で本当に大丈夫なのでしょうか。立ち退きが遅れたら、汽車が止まるだけですが!!!

コンサート会場には19時30分くらいに到着し、席を確保。ビニールシートの隙間に割り込みました。花売り達が早く陣地を確保して、場所代と称してビニールシートを売っておりましたが、そこは何とか誤魔化してというかいつもの花売りがいたので、顔で陣取り知らん振りしておりました。後で事情を聞くと、鉄道で17時には来て準備をしていた模様です。

本日のコンサートは大変遅く、21時30分過ぎに王様を讃える曲が流れ、全員起立して始まりました。10分ほどの踊り子達のパフォーマンスが終了すると、前座歌手登場です。マイタイモドキ、メンポーモドキ、スティラートモドキ、カタリーヤーモドキと4名の歌手達が歌いました。一番印象に残ったのは、メンポーの歌を歌った歌手でした。ダンス曲で映えるし、体が自然に動いてしまう感じですね。

22時30分からは、グラミーゴルドの男性子供歌手が登場しました。名前聞き取れなかったので、“ノーンボー???”アルバムも2月1日に3枚目を出すと宣伝しておりましたが???

23時、いよいよ本日のメーン歌手、ターイ・オラタイ登場です。司会者が新アルバムの宣伝をして、130バーツで販売するので、買ってほしいといっておりました。本日の参加者2万人???(大げさではないかな??)、タンブンも宜しくと、アルバムの宣伝をしているのか、寺の回し者か、どちらでしょうか。ターイ、新アルバムから“マーチャークディン”を歌いながら登場です。そして、多分“ケップクワームサーイチャイ・・・”を歌ったと思います。初めから新アルバムの曲を持って来るのは、宣伝のため、自信が成せる演出でしょうか。分かりません。その後、アルバムを宣伝して、“トーハーネードー”、“キンカオルーヤン”、“ワンティーボミーアーイ”と続々とターイ節のオンパレードです。いいですね。時間も23時40分過ぎかな、イントロが印象的な“カムマコーンテームデーン”、そしてターイが踊る“ハクマーテーチャートコーン”が始まりました。歌の途中で付き人がターイの耳打ち、歌が中止になり、ダンサー退場、舞台も暗くなってしまいました。喧嘩でも勃発かと周囲を見渡しましたが、何事もない様子。“おかしいなあ”といつでも逃げれる体制で待っていると、放送があり、花火大会が始まりました。仕掛け花火に、打ち上げ花火です。唖然とさせられる進行ですね。仕掛け花火では“ポッカンマイ2552”もう2552年なのと思ってしまいました。まだ、2551年の1月ですよね。

15分程度の中断を挟み、“ハクマーテーチャートコーン”から再開です。舞台にターイ登場して、何事も無かったように始まりました。流石プロ歌手と感心してしまいました。“コーシットケーローンハイ”とターイのタイダンスは続きます。妖艶かな。言いすぎですかね。その後も歌と会話が続き、最後は“ドークヤーナイパープーン”、“ユーナイジャイサマー”で1時間45分(実質1時間半)のターイ・オラタイのコンサートは無事終了しました。

帰ろうとしていると、いつもの花売りが近づいてきて、“バンコク迄、送ってくれるか”と頼まれたので、喜んで一緒に帰りました。どうする予定だったか訊くと“朝の4時の始発の汽車で帰る予定にしていた”とのことです。花売りも大変な仕事ですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/538-503fdb16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。