เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

บินเดี่ยว - ลูกแพร อุไรพร

        


 これがアノ、ルークペァー・ウライポンがトチ狂ったかの様に演じる『ビン・デォアオ』です。そのまま訳せば“一人で飛ぶ”となりますが。。何でこんなものを作ったのか。。うーん、その位、マイタイとの別れが彼の頭にドッカーン!だったという事になりませんでしょうか。歌詞内容はイマイチ不鮮明ですが、このVを見れば一目瞭然です。そもそも、この曲、所謂ルークトゥンじゃないですよね。只のロック調。しかも、この曲、その昔(かなり前のモノですが。。)トリニ・ロペスが歌って世界ヒットになっている『ラ・バンバ』を持って来て、歌詞を乗っけています。いや、そんな事はこの国のことです。良くあるパターンです。問題はこのV内容。

 ひとりバイクにまたがって、キャンプに出るルークペァーです。山の中でテントを張り、ひとり回想するのは長い事、幼馴染であり、その後も一緒にクラブの様な所で歌ってきた相方が見知らぬ男に呼びかけられて、その男に名刺を出される。。。「君のうた、いいね。私のところでやってみないか?」というような事なんでしょう。残されたルークペァーは。。。キャンプのテントで、その相方の写真を取り出して暫く眺めては、そこの土に埋めて立ち去る。。という演出が成されている訳です。その写真が少しの間、アップされるんですが。。うーん、マイタイによく似た男が映っているんですよ。そこまでヤルか!?という気になったんですが、そうなんでしょう。

 ジンタラーのRSへの移籍も動いたのはR・Siamの方でしょう。このマイタイのGMMへの移籍もGMM側が動いて、マイタイ側へ(シアン・イサーンへ)働きかけがあっての事だったと思います。もしかしたら、GMMはルークペァーとマイタイの2人を取ろうかと考えたのかも知れません。しかし、座長ノックノーイ・ウライポンが首をタテに振ったのは、マイタイの移籍という事。如何に絶大な人気を誇るシアン・イサーンのメンバーの一人とは言え、最大大手のグラミー所属へいう事はあらゆる事を踏まえて大変な事です。もうマイタイの移籍後の活躍は見えていたようなモンでしょう。事実、結果は御覧の様なマイタイのアルバム『บ่าวพันธุ์พื้นเมือง』からの『ノーン・マー・ガップ・カム・ワー・チャイ』の大ヒットへという事を産んでいます。

 ナームサグン/苗字を変えるという事は、家を出ると言う事です。出る者と残る者。別れに於いて、孤独感に襲われるのは決まって残る者の方です。ルークペァーを襲った孤独感とは如何様なものであったのか。。このVがヨーク表していると思います。

この曲を含むルークペァーの新アルバムはコチラから。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/529-1d1564fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。