เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

hanaの「イケメンルークトゥン歌手10人丸かじり」③ プーチャーイ ラック チン(グ) - デーウィット

            デーウィット4


 私がデーウィットに最初に興味をもったのは、もうかなり前で・・・たしかあの頃は「新芽ちょーだい」の大ヒットもようやく落ち着いてきた頃だったと思います。ルークトゥンの魅力にはまりつつあった私は、(今もですが)用事のないときはストリーミングでT-Channelを流し見しつつなんとなくネットをするのが毎日の日課になっていました。ルークトゥンと一概にいっても、ダンス調、ロック、ラップ、こぶしまわし系・・・などなど、本当にいろいろあるものだなぁ・・・と、とても興味深く観ていたのです。

 そんなとき、はじめて目にしたデーウィットは・・・長髪にギター、首からブルースハープを生やした、まさに「フォークソング」な出で立ちで、しみじみとじっくり重みのある歌詞を歌う歌手で・・・でもひとつ異彩を放っていたのがその顔立ち!おもいっきりバタ臭い顔と「デーウィット」という名前は、いかにもファランであることを容易に想像させました。でもちゃんとタイ語で歌っているし、とても不思議な印象を受けたものです。
そうこうしてるうちに、P'Komtaのラーイガーン、それからインタビュー@とある小さなライブ会場の記事から、彼の生い立ちや謙虚な人柄を知るうち、いつしかとても気になる歌手へとなっていきました。アルバムも手に入れ、その異国情緒あふれる外見を裏切らんばかりの艶やかで丁寧な歌声に魅了されるようになったのです。

 プアチーウィットとは読んで時の如く「生きるため」の歌・・・日本でもおなじみカラバオなんかがその代表歌手でしょうか。デーウィットの歌はカラバオほどポップではなく、ルークトゥンと呼べなくもないものが多い(というかこうした厳密なジャンル分けをしたがる人は多いですが、ナンセンスなことです)のですが、やはりあのデーウィットの艶やかで哀愁をおびた丁寧な歌い回しは、アコースティックギターを背にするとより聴きばえがするように思います。

 デーウィットのバイオ的なことは、P'Komtaによる過去記事を参考にしていただくとして、彼の2007年のアルバム「プーチャーイ ラック チン(グ)」を紹介したいと思います。4枚目のオリジナルアルバムになるこれは、今までのデーウィット像を裏切らず、でも「プレーンプアチーウィットでもここまで出来る!」といった自信のようなものを感じさせる仕上がりになっていて、とても聞きごたえがあります。3枚目のアルバムよりもアコースティック度は低めなのですが、最初から最後まで正統派なプレーンプアチーウィット調、ダンスルークトゥン調、カラバオを彷彿させるロック調、ラブバラード調と、まさにいろいろなジャンルがとりいれられています。アルバムタイトル曲「プーチャーイ・・・」はしっかりとプアチーウィットしていて、疲れたときなどに聴くと心にじんわりと染みる、そんな感じです。逆にちょっとダンス・ルークトゥンぽい雰囲気の2曲目「ハックメァーンネオダイ」では、コミカルにも聞こえる歌唱を披露しています。それから5曲目「ラックカームルン」、これはかなりポップス要素が強くて好みが別れそうですが、ほのぼのと明るく歌うデーウィットもなかなかいい感じです。アルバム全体の印象としては・・・フォーク調かな?という感じでやや垢抜けてる感が印象的ですが、きっとデーウィットの決して個性的ではないけど耳なじみのよい歌声によるところも大きいのではないかと思います。

 デーウィットの歌は、その外見からは想像もつかないネイティブなタイ語なのですが、歌詞の一語一語をとても丁寧に歌い、節回しひとつをとってもいきあたりばったりではなく、どう歌えば気持ち良く聞こえるかを常に考えながら歌われているようにすら感じます。決して難しい歌を歌い上げているわけではないのですが、当たり前の歌を当たり前に歌う・・・歌手として一番欠けてはならないものをきちんともっているといえるでしょう。だからタイ人にも「ファランの歌手」としてではなく、普通に受け入れられたのではないでしょうか。今回この記事を書くにあたって、アルバムを何度も聞き直してみたのですが、何度聞いても心に染みるいい曲ばかり・・・おもいっきりヒットしなくても、ふと思い出せばいつでも聞けるようなところにいる歌手だと思いました。数多くの歌手が切磋琢磨するタイで、年一枚ペースでアルバムをだし、ベストアルバムまでだしてもらえる歌手というのはそうそういないのではないか、デーウィットにはこれからもずっと変わらずいい歌を歌い続けてほしいものです。

スポンサーサイト

コメント

o( - ii - )o

アルバム詳細は以下。。
http://www.ethaicd.com/show.php?pid=31049

タイトル曲『ผู้ชายรักจริง』の試聴は以下。
http://www.baanmaha.com/community/showthread.php?t=10508&page=1

『น้ำตาหนอน』のVは以下。
http://www.youtube.com/watch?v=rE5X7SZYZ3A

  • 2008/01/07(月) 03:53:13 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/524-44ba37ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。