เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M-150 ルークトゥンスーパーショー(フォン、ピー・サドゥー、マイク等) の コンサート(プレーンヤーウ、チャチェンサオ)‏・・・シライのコンサート報告 136

モンケーン

ピー・サドゥー

ダムロン

ペット

マイク


 12月6日 チャチェンサオ の プレーンヤーウ で開催されました M-150 ルークトゥンスーパーショー の コンサート を報告します。

  FM95で10月終わりから11月初旬に掛けて、M-150ルークトゥンスーパーショーがチャチェンサオで開催されると何回も宣伝しておりました。タイ語が速くて中々詳細が分からなかったのですが、6日開催される事が判明し、11月6日に見に出掛けたのですが、見事に外れ。12月6日開催で、1月違っている事が会場に到着して判明しました。そんな事があったので、12月6日、若干意地になりながら、コンサートへ出掛けて行きました。

 会場には、18時20分頃到着し、20バーツ支払い、夕食と水を手配して入場しました。今回は舞台前に柵が設置されており、中に入れないように工夫されていたので、柵の横、舞台より3mくらいのほぼ中央に陣取りました。しめしめ、これで柵を越して、タイ人が侵入しなければ、舞台をよく見ることが出来ると ほくそ笑んでいました。席を確保できたので、VCD漁りに。カタリヤーの新VCD2枚と旧作1枚100バーツx3=300バーツ、シュアーのブンターの1枚目のVCD、カーラメーVCD,シュアチャチャチャー1,2,3が有ったので、40バーツx5=200バーツを買いました。

 19時起立して王様を讃える曲を聴いて、コンサートの開始です。踊り子達が出てきて、オープニングのパフォーマンスです。豪華で綺麗ですね。今回のコンサートはグラミーゴルド、サーイ、シュアーの3社共同の催しのようです。

 ますはモンケーン・ケーンクーン登場です。グラミーゴルド関係の歌手達のパフォーマンス開始です。本日は周囲、特に舞台脇付近(舞台前は柵で入場禁止)におばちゃま達が多数いました。特に、男性歌手が登場すると、マーライにバラに大変な騒ぎでした。地味なモンケーン派手派手な雰囲気に感化されたらよいのですがね。

 続いて出てきたのは、ピー・サドゥー。昨日は休みだったのか、喧嘩で出番が回って来なかった不明ですが、“ジーホーイ”で乗り乗りです。そして“クットホートコートボダイ”シリポーンのカバーですね。“ドゥーナンドゥー??”。踊り子が乗り乗りです。ピー・サドゥー、自分専用の踊り子達を連れてきているのでしょうか。モーラム・ロック。泥臭い感じですが、いい感じです。ここで、柵が役立ち舞台前にタイ人は入れず、パフォーマンスがよく見られました。

 男性歌手が続いたので、女性歌手、カタリーヤー・マーラシー登場です。登場曲は昨日と同じ“プーナーカーケー”です。構成もほぼ同じでした。二日続けて見に来るなんて、想定外なんでしょうね。最後は“サンホー・サンチャー”、カタリーヤーの持ち曲では、一番乗りのよい曲で終了です。真っ赤な衣装が映えました。

 グラミーゴールドの前半最後は本日もペット・サラポップです。歌の構成は昨日と同じで“ロークコーンメー”、“タカテーンプークボー”、“カオマーシ”の三曲。本日は、舞台前のおば様達の餌食になっておりました。マーライをあげる時、椅子に乗り、ほほへブチューとキスをしておりました。途中で付き人が慌ててベルトを持って、舞台下に落ちないように支えておりました。邪魔したり拒否しないところが、タイらしいのかな。ペットは流石に4人目、5人目になると、やや愚痴が出ておりましたが、それでも、微笑みならが、何人のおば様相手をしたのでしょうかね。8名くらいかな。よいファンサービスです。若者よりおば様に人気絶大のペット・サラポップです。

 時間は21時30分頃です。もうコンサート開始して、1時間30分が経過しました。ここから、シュアーの持ち時間のようです。ますはダムロン・ウォントーン登場です。張りのある声で、歌も大変上手です。人気もあります。私があまり知らないだけす。申し訳ないのですが、あまり歌はVCD聴いた事が有りません。続いてロース・プルンチャルーンです。モーラム上手です。そして、登場するのは、現在のシュアを支えているフォン・タナスントーンです。“トゥンウェーター・・ジャボークラック”ですね。そして“ラオローカオルーム”、“スッターイティークルンテープ”、“タワンラップティーチェンライ”です。どれもスナリー・ラーチャシーマーのカバーですし、今回買ったシュアチャチャチャー1,2で当時のシュア3人娘、フォン・タナスントーン、アムポーン・ウェペッチ、ブンター・ムアンマイで歌っていました。今回のVCD企画はどういう意図が有るのでしょうか。分かりません。フォンのパフォーマンスはそんな事は関係なす、素晴らしい の一言です。衣装も白→黄→柄→黒 とカラフルに変身しました。

 時間は22時45分頃、マイク・ピロムポン登場です。昨日よりやや早めの登場です。内容はほぼ同じでした。柵の中には、心優しい花売りのお兄さんが陣取っておりましたので、タイ人も中に入り難いのか、人数は数人の酔っ払い以外はいませんでした。ゆっくり邪魔なクパフォーマンスを楽しむことが出来ました。ただ、今回は柵付近に陣取ってしまったため、移動が難しく マーライ等をあげる事が出来なかったのは、心残りでした。次回頑張りましょう。

 23時40分頃、マイクのパフォーマンス終了。まだ、タカテーンが出ていないと思いましたが、コンサートは終了してしまいました。タカテーン、本日は欠席の模様です。喧嘩もなく、落ち着いて見ることができた、楽しいコンサートでした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/503-9ddd2a35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。