เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ดอกไม้ใต้สะพานลอย - ณัฐ วิชชุอร

       

 ナット・ウィチャチュオンと読めばいいのかな。。。ここ曲、これも大分昔にmp3で永らく聴いていたものです。つい最近、このVCD(新品)を見つけて思わず買ってしましました。今回の入手で初めてその出荷元とか知ったのですが、やはりマイナーな所からの制作物のようです。Life Media Bankokなる会社ですが、そこの制作会社、私のコレクト物としては多分、お初な処でしょう。会社の所在地はクルンテープじゃなくて、西となりのナコンパトムだそうです。すでにつぶれている可能性大でしょう。制作年月日は2547年となっていますから、3年ほど前のモノです。

 以前から聴いていて思っていた事は妙に質の高い制作だという事。まぁ、質が高いとか言っても、イサーン・ルークトゥンですから別段凄い事をやっている訳ではアリマセン。しかし、そこが肝心な所。どこにでもある様な、以前に聞いたことがあるようなメロディー、歌い回し、でありながらグッと心を惹きつけるモノを感じさせる。これでイイんです。mp3集にこの1曲だけ拾われていたと言う事なんですが、多分、隠れたそれも小ヒットしたんでしょう、そんな臭いがプンプンします。

 何の情報も無いこの歌手、ナット・ウィチャチュオン。せめて出身地でも知りたい所ですが。。多分イサーンのどこかの出でしょうが、どイサーンという感じでもないです。その辺が出来の良さに繋がった?という感じもします。今回のこのVCDで初めてそのお顔も知った事になりました。ちょっと知性派?かという感じですが、お顔はいいんです、これだけの歌を聴かせてくれているんですから。アルバムですからその他全12曲、それもイイ出来です。しかしまぁ、この位の歌を平気で歌ってみせるこの手の歌手はホント普通に居るんですよね。そんな歌手がたまたまいい曲に巡り合ってのヒットと言う事なんでしょうが、なんかそれだけじゃないんじゃ?という思いから何かあるんじゃ?とVCDジャケをくまなく見ていくと。。。うーん、そういうことだったのか。。アリマシタ。作詞作曲者の名前の一番最初に・・・はい!サラー・クンヌウットの名前を。件の曲『ドークマイ・タイ・サパーン・ローイ』/歩道橋の下の花・・この曲もサラー先生の造りなんでしょう。色んな要素が上手く絡んでいい結果を残しましたということなんでしょう。カウヂャイ ナ!


nat.jpg


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/486-34e2b207
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。