เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイタイ・ジャイタワン の コンサート(クロンタン)‏・・・シライのコンサート報告 119

         20071109012915.jpg

         20071109012937.jpg


 11月4日 クロンタンの広場  で開催されました マイタイ・ジャイタワン の コンサート を報告します。komta氏の報告と重なりますが、気にしないで下さい。

 この日は、スパンブリー付近のゴルフ場でゴルフを行い、その後帰宅して洗濯を済ました後、会場へ出かけました。19時30分頃、会場に到着し、100バーツ+20バーツ(椅子代)を支払い、入場しました。早速中央付近に席を確保し、のんびりし、お会いしたアユタヤ在住の日本人の方と情報交換し、盛り上がっておりました。その後、komta氏にも、お会いしたので、少なくとも3名の日本人がマイタイのコンサートを見ていたことになります。多いのか少ないのか、どちらでしょうか。

 20時に突然、リケー姿の男性4名が舞台に登場して、コンサートの開始です。タイには、公演の前、又は後、それとも前後に王様を讃える曲をながさなければならないと言う法律が有るそうなので(タイ語の法律自体は未確認です)、大変珍しい始まり方と思います。タイでは、映画館でも、起立して歌を聴いた後、映画が始まります。

 男性陣のパフォーマンス約30分、その後、軽いお笑い??のパフォーマンスを交え、リケー風のドレスを纏った女性陣が登場して、これも約30分のパフォーマンスでした。そして、同じメンバーが前座歌手に変身して、歌謡・モーラムパフォーマンスです。いつもの、シリポーン、タカテーン等の曲が流れます。そして、ギターリストが舞台中央に出て来て、ロック??パフォーマンスかな。マイタイの舞台はモーラム、ルークトゥン、ロックの混成のようです。新しい試みなのでしょうか。

 21時50分頃、舞台中央からマイタイ・ジャイタワン登場してパフォーマンスです。歌は当然、グラミーから発売したCD中心です。マイタイ汗だらけ。舞台前はタイ人で溢れております。komta氏、舞台前に突入して写真撮り。マーライは手渡せたのでしょうか。私はバラを手渡しに突入したのですが、あえなく撃沈しました。残念。約30分のパフォーマンスで22時20分過ぎ、中央階段を駆け上がり退場しました。主役が居なくなってしまいました。この後はどのような展開になるのかな。ここから、また、前座歌手達のパフォーマンスです。

 23時頃、マイタイ、再登場して、真面目な寸劇です。やや疑問符かな。そのまま、お笑いに変わってしまいましたが。ややお笑いに難がありそうですね。役者不足なのかな。踊り子の男性50名、女性30名くらいなので、宣伝の300名はやや風呂敷を広げすぎな 感じです。お笑い中、役者が100バーツ札に誘われて舞台上を移動するのも、おかしいですね。マイタイも20バーツ札では、劇中のそぶりで拒否しておりましたが、500バーツ札になると、苦笑いしながら舞台前に移動して受け取っていました。微笑ましい場面ですね。マイタイ、2度目の登場では、ズボンだけ変えたのかな。女性に比較して、衣装換えが分かりにくいですね。その後、シアン・イサーン時代の歌のパフォーマンスをして、23時40分頃退場です。30分+40分=70分のパフォーマンスでした。このお笑い劇中に舞台左前で喧嘩が始まりかけましたが、なんとか収まりました。よかった。良かった。

 マイタイ退場後は、どういう分けか、若手とお笑いの小人とのコンビでロック風パフォーマンス開始です。会場は盛り上がりました。マイタイの1回目のパフォーマンスに次ぐ盛り上がり方です。主役がいなくなってから、こんな風に盛り上がってよいのでしょうか。会場の後方で喧嘩が始まりました。会場内騒然としましたが、何とか収まりかかり、ロック再開。残念。喧嘩再開です。会場の中央から後方で椅子や石の投げ合いが始まりました。近くに椅子が飛んでくるので、椅子を頭に載せて、塀際を徐徐に移動し、会場の外へ逃げました。やや後味の悪いコンサートになってしまいました。残念無念。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/480-fe25ad18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。