เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ころんのアルバム評~その5 エーム・インティラー

AM1.jpg


 これは先日komtaさんが取り上げていらっしゃったアルバムですが、そのコメント欄に書くにはちょっと長くなりそうなので、ここで取り上げさせていただきます。komtaさんとのクロス・レビューと思っていただければよろしいかと思います。
 で、この「SUPER SATOR」ですが、これはなかなか聞き所の多いアルバムに仕上がっています。2曲目の「YHARK LHOB BANN」や3曲目の「SAO SAMILHAR」なんかは、音楽的にはインドネシアのクロンチョンとかダンドゥット、そこから更に広がってインド洋の音楽あたりの要素まで含まれているように聞こえる実に優雅な曲ですので、個人的には非常に興味深いですね。他にもインドネシア歌謡っぽい曲や、子守唄みたいな優しくて切ない曲があったり、都会的なポップス感覚の曲があったり、弦楽四重奏みたいな伴奏を使った、まるでR.SIAMのケァート・ラッティガーンが歌いそうなマイナー調の美しい曲があったりと、音楽性の幅広さは注目に値すると思います。サウンド的にも広がりのある空間を感じさせる音作りで、全体的に非常にゆったりした感覚の作品に仕上がっています。決してうまいとは言えない舌足らずな子供っぽい歌声がこの音作りと合っていますし、聞きやすいポップな曲が並んでいますので、これはルークトゥン初心者にはお薦めしやすいアルバムですね。
 komtaさんはエームの歌い口がR.SIAMのアンダーに似ている曲があるとおっしゃっていましたが、私はどちらかと言うと同じR.SIAMでもジアップ・ベンジャポーンに似ているように感じます。この人の歌い口って、ジアップほどド演歌ではないにしても、さりげないようでいて結構演歌調だと思います。アンダーに似ているのは、都会的な感覚の洗練されたサウンド・プロダクションの方だと思っています。どちらにしてもこのアルバムを聞く限りではkomtaさんがおっしゃる通り、この人はR.SIAMにいてもおかしくない歌手だと思います。まあ所属がU2であろうとR.SIAMになろうとそんなことには関係無く、今後の活躍を大いに期待したい歌手ですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/48-319a0220
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。