เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリポーン・アムパイポン の コンサート(ラムカムヘン ソイ39)‏・・・シライのコンサート報告 106

        20071018214722.jpg

            20071018214744.jpg


10月16日 ラムカムヘン ソイ39 で開催されました シリポーン・アムパイポン の コンサート を報告します。

 バンコクは先週の金曜日くらいから、毎日大雨が降る状況が続いております。そのため、日曜日のゴルフは11ホール終了後、大雨のため、ついに中止するはめになる状況でした。また、バンコクのあちこちで道路が水浸しになって、渋滞が発生しました。雨季の後半ですので、仕方ない状況です。そんな訳で、本日も大雨が降るか心配しながら、ラムカムヘンへ向かいました。工場のタイ人は、“今日、雨は降らないから大丈夫だよ”と安心させてくれたのですが、どこまで信用できるのでしょうか。シリポーン楽団の日程を見ていると、今週辺りを最後に、地方公演へ移動していく雰囲気です。 

 会場はラムカムヘン通りの ソイ39を入って、センセーブ運河を越えてもう少し行った右手です。いつものように、会場は草ボウボウですが、地面は思ったより固かったのが幸いでした。夕食を調達して、19時半頃から席を確保して、音楽を聴きながら食事です。タイのおばちゃん達がワイワイ言いながら席を確保して、ピーと言って話し掛けてきました。年上と思われているのだな。実際に年上だけだ、おばちゃんからピーを言われるとなんだか抵抗が残ってしまいます。適当に受け答えしていると、なんでフェーン(恋人、奥さん)と来ないのかと詰問されてしまいました。フェーンは日本だと言うと怪訝な顔をされました。シリポーンのコンサートに来ていたので、当然タイ人と思われていた模様です。

 20時10分頃、王様を讃える音楽を聴いて、コンサート開始です。前座歌手のパフォーマンスが約1時間続きました。ゲストのポーンチャイが登場して、VCDを売りながら迫力あるモーラムです。(Komta氏、ケーウシーではありませんので、ランシットのモーラムとは、別人です)。そして、ピンケーンデーンイサーンの男性陣のパフォーマンスです。21時から22時少し前迄、約1時間でした。途中で、会場に人が入れないので、2m前に詰めてくださいと言われました。シリポーン楽団絶好調を維持している模様です。舞台前は男性中心に踊るタイ人が 時間が経つと共に増えていきます。

 次は女性陣の順番ですが、やや短いパフォーマンスでした。ピンポーンが“クットホート クットホート”、ダーラーが“ソンチャイマーハイノーン・・・”を歌ったら、4人で“サーオマックムアン”です。アレレと見ていると、ユアンが出て来て、トゥットゥーとアパポーンの“チェップ パ!”を腰を振り振り熱演です。“パ! パ! パ!”ですね。ゲストのお笑いが出て来てしまい、女性陣のパフォーマンス終了です????でした。

 ゲストのお笑い、シリポーン楽団のお笑いと続き、シリポーン登場は23時10分頃でした。シリポーン楽しそうにルークトゥン風モーラム、いつものモーラムと素晴らしいパフォーマンスを展開しました。舞台前に私服警官?が一人立って周囲を落ち着かせていましたが、段々制御が利かなくなり、やややばい雰囲気を醸し出しながらコンサートは続きました。24時を10分も過ぎると観客から“ボーラックシーダム”のリクエストがあちこちから出始めたのを良い機会に“ローソーボーラック”、“ボーラックシーダム”を歌ってコンサート終了???前座歌手達が舞台に出てきたので終了と思い帰り支度をして移動です。本日は、興に乗っているのか シリポーンはその後も2曲もアカペラ風(直に楽団がリズムを取るのでアカペラではなくなりますが)に舞台上で歌っておりました。舞台裏を覗くと踊り子達が着替えを片付けたり、おしゃべりをしたりしてのんびりムードを醸し出しておりました。入り口の隣でペットダーオが男の踊り子と笑い転げておりました。シリポーンが舞台を終えて降りて来たので、挨拶をして写真を撮らせて頂きました。周囲のタイ人より優先して頂けたのに感謝して、お礼を言いました。その後、ペットダーオに声を掛けて、写真を撮らせて頂きました。若いですね。お礼を言うと写真を見たいとの事でしたので、話をしながらデジカメのスクリーンを見せました。舞台ではまだ歌が続いておりましたが、家路に着きました。



20071018214839.jpg

20071018214902.jpg

スポンサーサイト

コメント

o( - ii - )o

この場所、知っています。昨シーズン、よくコノ前を通った時に看板が出ていました。出し物はシリポーン、チャルンポンといった辺りですが。。。ナンカ変な処ですよね。人口密度が低そうな。。。でも、シリポーンがやるとなると、そういった具合になるんですね。

それと、モーラムの旦那、別の人でしたか。コノ手合いの歌い手、見逃せないですね。

  • 2007/10/18(木) 22:23:43 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/457-d79da45c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。