เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィチア&サムマオのコンサート(イサーン・タワンデーン)・・・シライのコンサート報告 91

         20070916031626.jpg

         20070916031739.jpg

         20070916031722.jpg


 
 9月13日 クロンタン の イサーン・タワンデーン で開催されました ウィチア&サムマオ の ミニコンサート を報告します。

 8月12日 母の日 にクロンタンで開催されたチャルンポーン・マーラーカムのコンサートに行かれなかったので、ウィチア&サムマオのコンサートがイサーン・タワンデーンで開催されると言う情報が入ったので、見に行きました。

 いつものように、133番のバスに乗り、22時少し前にイサーン・タワンデーンに入り、席を確保して、のんびりと店の専属歌手達の歌を聴きました。ここの歌手は男性歌手中心で、女性歌手が少ないのが残念ですが、女性客が多いので仕方がないところでしょうか。モーラム・ルークトゥンを聴きながらゆっくり時間が流れていきます。

 24時少し過ぎ、司会者が出て来てウィチア&サムマオを紹介してコンサートの始まりです。最初はサムマオが “15カムティーノーンカーイ”を歌いながら登場です。女性客が舞台前に写真機(携帯電話)を持参して集合です。勿論、踊ります。踊るより写真を撮る女性客の方が多かったかな。サムマオ握手や頬掏りに丁寧に対応しておりました。

 引き続き、ウィチアが“クーンナン・マイタムマダー”を歌いながら登場です。こちらも、握手に頬摺りに優しく対応しておりました。人気もよい勝負です。その後、二人で“チャコートノーンタロートパイ”を歌いました。ここまではゆっくりしたルークトゥン風モーラムですかね。客サービスのため、ゆっくりした曲を選んでいるのでしょうか。

 ここで一息入れて、“テーイソーク”。モーラムの開始です。女性客も写真撮りから踊りへ主力が移動しました。よい構成ですね。続いて、“ナックサーオ・エーオヤーオ”、“タームカーオ・プーサーオガオ”等のモーラムが立て続きに歌われました。会場はあちこちで踊るタイ人、特に女性陣で溢れかえりました。熱気あります。圧倒され気味です。

 早くも時間は1時少し前。女性客から再度“テーイソーク”がリクエストされ、盛り上がって、ウィチア&サムマオのミニコンサートは無事終了しました。店を出ると雨が降り出しておりましたので、タクシーに飛び乗って帰りました。ご苦労さまでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/432-2f8e8850
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。