เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の好きなブンペン・ファイピウチャイ の 二枚 シライ・21‎


CIMG2707_1S.jpg

CIMG2709_1S.jpg


今回はやや古すぎるかも知れませんが、ラム・クローン、タイ語ではKの後のRはほとんど聴こえないので、ラム・コーンを代表する女性歌手ブンペン・ファイピウチャイを取り上げようと思います。彼女のテープとの出会いは98年、このテープをどこで買ったか記憶は定かではありませんが、多分プラカノンの大丸だったと思います。なぜこのテープを買ったかと言うと、やはり店員の推薦によるものです。(騙された!) 現在はVCDが出ていますので、字幕を見て歌詞をフォローできるのが大変うれしいです。迫力ある声でゆっくりしたリズムでモーラムしております。大変心地よい音楽かな???今流行りの言葉で言えば癒し系音楽と言えるでしょうか???気を許しているといつの間にか寝てしまうのが、欠点です。(退屈で睡魔に襲われるのかな?) 2003年発売のVCDにも、元気な姿を見せてくれるのは、嬉しいような、イメージと若干異なるので若い時の動画が有ればなと思うときもありますが。仕事等でイライラが募っている時、心を和ませるによいVCDです。VCDに旦那であるケーン・ダーラオがうろうろするのは、邪魔でもあり、また、睦ましくもあり、なんとも言えない情景でしょうか。

2枚目のVCDはラム・コーンのコンサートを録画したものであり、酒を飲みながらだらだらラム・コーンのコンサートを聴きたく代物です。ポー(父)ケーン・ダーラオ、メー(母)ブンペン・ファイピウチャイ、ラートリー・シーウィライ(二人の娘)のラム・コーンコンサートです。古いタイプのモーラム、ラム・コーンを守り続ける家族(一族)が微笑ましく写っております。多分、孫娘も足が悪くなったブンペンを補助して活躍しており、本当によい雰囲気のコンサートです。彼らが健在の内に一度コンサートも見てみたいものです。バンコクに彼らはやって来るのでしょうか。何とか情報を得たいと思って網を広げているのですが、なかなか引っかかりません

#管理人、この所ちょっと多忙を極めていまして。。。記事のアップが遅くなった事をお詫びします。   o( - ii - )o

スポンサーサイト

コメント

 ケーン・ダーラオは1930年生まれですので、現在、77歳、同じラム・クローンを歌って、彼の奥さんになったので、それ相応の歳だと思います。

  • 2007/08/27(月) 10:43:47 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

ラムクローンはbaanmahaでは以下で試聴できるようです。
ブンペン
http://www.google.co.jp/search?q=%E0%B8%9A%E0%B8%B8%E0%B8%8D%E0%B9%80%E0%B8%9E%E0%B9%87%E0%B8%87+site%3Awww.baanmaha.com
ケーンダーラオ
http://www.google.co.jp/search?q=%E0%B8%94%E0%B8%B2%E0%B9%80%E0%B8%AB%E0%B8%A5%E0%B8%B2+site%3Awww.baanmaha.com&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

時々聞いてたんですが、夫婦なんですね、初めて知りました(背景を全然知らないので)。写真も見たこと無かったので、おばあちゃんでびっくりです。

  • 2007/08/24(金) 11:13:03 |
  • URL |
  • muri #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/422-84f9b522
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。