เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マハカムルークトゥンタイのコンサート(スアン・ルム・ナイトバザール、バンコクホール)‎・・・シライのコンサート報告 85

20070813132320.jpg

20070813132343.jpg
スナリー・ラーチャシーマー
20070813132410.jpg
エーン・ミッチャイ
20070813132437.jpg
チャーイ・ムアンシン

 8月5日 スアン・ルム・ナイトバザール の バンコクホール で開催されました マハカムルークトゥンタイ の コンサート を報告します。

 R.Siamのホームページの情報でフリーコンサートがあるのは知っていたのですが、上海からのお客が有り、ゴルフをする予定になっていたので、見に行くか迷っていたのですが、ウェーティータイの会場でフリーティケットを頂いてしまったので、ゴルフ終了後、出かけて行きました。公演は15-22時となっていたので、半分も見られれば良し という感じでした。会場入りしたのは、18時30分です。

 舞台上を見ると丁度スナリー・ラーチャシーマーが登場するところでした。一目散に舞台前に飛んで行きました。スナリーは“ソムタム”、“モーターサイヌンサン”、これらはやや軽快に???“サイアムムアンイン”をしっとり??と歌いました。スナリーの曲というよりプムプアンの曲目と言ってもいいくらいですね。ところで、スナリーは何番目の歌手だったのでしょうか。

 スナリーが退場したので、席をどうしようかと周囲を見渡すと、いつものメンバーがいたので、そこに間借り?陣取らせて頂きました。持つべきものは友ですね。続いて、リケーの貴公子チャイヤー・ミッチャイ登場です。会場は女性陣が色めきたちました。歌は“マイタマダー”と後2曲歌いました。当然、札束を首に巻いてですね。歌手達は3曲づつ歌って退場というスタイルのようです。自己ピーアルしたり、司会者が出て来ておしゃべりしたりです。

 チャイヤーの次は当然、リケーのお姫様??エーン(アン)・ミッチャイ登場です。以前よりやや貫禄が出て来てしまったか。チャイヤーに負けずに札束を首に巻いてのパフォーマンスです。3曲歌いましたが、彼女のVCDは持っていないので、曲名は不明のままでした。

 ここからは、長老3人組の登場です。長老の初めはティンナコーン。礼儀正しく歌を歌っておりました。年配の観客から応援が有りましたが、ややや寂しい感じでした。2番目の長老は以前絶大なる人気を誇っていたチャーイ・ムアンシン。ゴットが尊敬して止まない大先輩歌手ですね。ややおどけた感じで今も人気を保っている感じです。歌が終わって踊り子達が退場してしますと、老人をほっといていなくなってよいのであろうか。長老は大切にすべきですよ と会場を笑わしていました。

 最後の長老はセーリー・シットドーンジャイ。少し前にアメリカ公演に行っていたという記事を読んだ気がします。現在もばりばりの現役ですね。時間は21時少し前。セーリーが退場すると、司会者が出て来て、何かのセレモニー。そして歌手達が沢山出て来て、一斉に“ペンディンタイ??”を歌いだしました。もう終了なのかな。やや早い感じですが、仕方ないですね。遅く来たのが悪いのです。

 全員退場して、司会者が変わり、もう少し盛り上がろうよ!!と会場を盛り上げ、ルン・スリヤー登場。ルン・スリヤーの客をあまり聴いていないので、曲名不明ですが、いつも歌う歌でした。大真面目に決めポーズ。周囲のタイ女性陣が可愛いと騒いでおりました。私はやや越が引けます。

 ヨーン・チェンディンが出て来て、十八番の“***”を歌う。名前出て来ません。その後、もう一人出て来て、掛け合い漫才が始まってしまいました。もうそろそろ22時になるので、お笑いで終了なのかな。タイ語の分からない私には掛け合い漫才は辛い。

 22時少し前にノーン・カテー登場。長老達の後で、臍だしスタイルでよいのであろうか。“ローンナーンナーントラマーンジャイ”をしっとりと、“パージャイサオテー”軽快に歌って退場しました。退場しながら、ピーバウウィーを紹介。何かR.Siam関係の歌手が続きます。バウウィーも3曲。ニッサイディーの彼は女性陣になぜか人気。顔ではないようです。

 更に、R.Siamからルアンカイ。顎にトレードマークの髭を生やして歌いました。3曲歌って退場かなと思うと、ジアップ・ベンジャポーンを呼び寄せて“ビンラードン”をデュエットですね。ジアップは私が来る前に出演したのか、自分の曲は歌わずにさっさと引っ込んでしまいました。

 時間も23時10分過ぎです。22時終演予定ではなかったのでしょうか。大変タイらしい。最後の歌手は貧乏人の大将 マイ(ク)・ピロムポーンです。“コンジョンノイノイ”曲名違ったかな。いつものマイク節を披露して、終わりました。23時30分ですか。チケットに出ている歌手で歌を聴けなかったのは、ミターとアジャリヤーかな。アジャリヤーは歌手達が出てきた時、アジャリヤー、カテー、ジアップの3人娘が並んでいたので、写真を撮りましたが、やや変な顔つきの瞬間になってしまいましたので、今回はカット。ミターは見ませんでした。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/420-e430e0e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。