เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジンリートカーオ、カトリーヤー、ジョーイ等のコンサート(ウェーティータイ、チャチェンサオ)・・・シライのコンサート報告 81


20070727014255.jpg

20070727014333.jpg

20070727014403.jpg

20070727014459.jpg

20070727014543.jpg

20070727014632.jpg

20070727014725.jpg
ジンリートカーオ・ウォンテ-ワン
20070727014751.jpg
“クン”スティラー・ウォンテーワン

 7月21日 チャチェンサオ の 陸軍施設内 で開催されました ジンリートカーオ、カトリーヤー、ジョーイ等 の ウェーティータイ特別コンサート を報告します。

 チャチェンサオは私が働いている工場のあるところですので、是非出かけなくてはと思い出掛けて行きました。地方的な話ですが、モーターウェイからチャチェサオへの道に降り、バンパコンリバーゴルフ場、トヨタ第3工場を過ぎて10分くらいのところに位置した会場でした。今回は第1部TV放映、第2部各歌手が3曲づつ歌い、若干のトークという2部構成で、22時迄でした。この日は雨も降らず気持ちよくコンサートを見ることが出来ました。

 会場には16時頃到着し、席の確保をして、ちょっと食べる物を物色しにうろうろしました。その後席について、リハーサルを見始めました。ジョーイ、ペット、ジンリートカーオ、スティラートと順調にリハーサルは進みました。初めスティラートが分からず、女性陣が多く写真を撮っているのが不思議に思えました。“誰?”と訊いたら“クン”と言われたので納得しました。その後、オープニングのリハーサルが始まり、何か変だなと思っていたら、カトリーヤーが遅れて参加していなかった為のようです。誰が頼んだのか不明ですが、ジンリートカーオとスティラートがカップルでポーズを取ってくれたので、久しぶりに見る二人の姿というので写真を撮りました。スティラートはジンリートの姉の息子つまりジンリートの甥とコンビでリケーをやっていたようです。リケー ウォンテーワン一座は身内で構成されている一座のようです。リケー・リケー・リケーですね。

 本日は17時30分くらいから開演です。TVでは録画と生を混ぜながら放映されたのでしょうか。全員起立して仏教のセレモニー、そしてオープニングです。歌手も全員登場して華やかに開演です。TV放映は時間が短いので、歌手がばたばた登場したので、第2部で登場した順番で。

1.ペット・サラポップ
  第1部では最後に登場しましたが、第2部では最初に登場してきました。アルバムも発売されております。当然、母親であるプムプアンの曲を歌いました。“カウマーシ?”、“ロークコーンメー”、“タカテーンプークボー”後1曲はなんだったかな?皆から大事にされております。

2.モット・ランシマン
私よく知りません。新アルバムが出たようで宣伝しておりました。歌は“リンチャチャ・ラックチンチン”“ローサン・ローチャイ”と言ったと思いますが怪しいです。最初、ソムマート・ラーチャシーマーか??と思いますが。
 
3.カトリーヤー・マーラシー
 もう大御所と言うには若すぎますかね。昔に比較すると若干太り気味かな。貫禄が出てきたなーと言うのが感想ですが。“ローイプレーペン”、“プーナーカーケー”、“サムホーサムチャー”等を歌いました。安定したカタリーヤー節で安心して聴いていられます。

4.ダムロン・ウォントーン
 いぶし銀的存在ですかね???それなりに人気はあると思うのですが。もう少し頑張ってほしい歌手です。私があまり興味を持たないだけかもしれませんが。“プーインコンスワーイ”、“ヌンラーチャナハイルアイ”?を歌ったのかな。

5.ジョーイ・チタランダー
 ラチャブリー出身と言っていました。新アルバムを出してピーアール中です。歌手としてはどの辺りに位置するのでしょうか。新聞にも登場しておりましたので、会社もそれなりに力を入れていると思われます。“ショープロンベープ”、“トゥカタートーン”等を歌いました。

6.モンシット・カムソーイ
 シュアの男性トップ歌手かな。1996年頃の“サンナーン”は一世風靡したと思うのですが、最近はあまり勢いが感じられないのが残念です。“ソンセーンミアノーイ”、“サーオボリスット”等を歌って引っ込んでしまいました。ベテラン頑張れ!!

7.ジンリートカーオ・ウォンテーワン
 Komta氏お気に入りの女性歌手ですね。1997年“ジンリートカーオ・ヤークミーフェーン”でメジャーデヴューですので、もう10年選手ですね。もうすぐ新しいアルバムが発売されるので、買ってくださいと宣伝しておりました。今回はどのようなアルバムでしょうか。komta氏、情報入っておりますか。“サーオハーンプロートサープ”、“マイルーム・マイルーム”、“ハックチョーイティーラック”、“チューンチャ”等を軽快に歌いましたが、歌った後、やや息切れをしながら司会者と話しておりました。最後はリケーの話題になり、リケーの格好をしながら退場しました。

8.クン・スティラート・ウォンテーワン
 リケーと言えば、チャイヤー・ミッチャイとクン・スティラート・ウォンテーワンが現在双璧なのでしょうか。どちらも可愛い顔をしておりますね。彼も新アルバムが出たばかりですね。“フアジャイアンダー”、“コンティーコンター”を歌ったのかな。ジンリートとのリケーが見られなかったのは残念ですが、仕方ない状況でしょう。VCDで二人のリケー姿を楽しみましょうか。


20070727014228.jpg
リハーサルでのクンとジンリート
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2007/07/29(日) 01:38:36 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

o( - ii - )o

ジンリートの新譜の情報は入っていますが、アムポーンと同様にマイナーからかと思いますので、新譜のアナウンスが出ても、実際にモノが街に並ぶのはまだまだ先の事と思い、温めていました。電話しても「ハイ、すぐ出ますよ!」と言って来るだけでしょうから。。
>リケー ウォンテーワン一座は身内で構成されている一座のようです。
この身内という表現は家族、親戚という意味ですか?

それと2の男性歌手はモッ(ド)・ランシマン/มด รังสิมันต์ なら以下の歌手かな。。
http://www.ethaicd.com/show.php?pid=17008

  • 2007/07/27(金) 12:28:56 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/409-f9bea885
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。