เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

แคท รัตกาล ชุด นิยายรัก 2

          
           2858585S.jpg
             ネェ、私って綺麗でしょ!

 ร เรือ (ロー・ルア)の女とは、私が勝手に付けたアレですが、ワラヌッ・プッタチャートとこのケート・ラッタガーン。黙ってこの2人の歌を聞いていると、ร เรือが使われている単語が幾つあるか?と言う事が手に取るように判る。その位、ルークトゥン歌手の鑑の様な綺麗な発声で歌う。。と言う事は今回のお話には余りリンクしないかもしれないですが。。

 R・Siamからケート・ラッタガーンが『นิยายรัก 2』/ニヤイ・ラック2とした、前作に続くピセー・アルバムを出してきました。前作のプロモ曲『นิยายรักขาดตอน 』/ニヤイ・ラック・カート・トーン には私はかなりヤラレタ!という印象が強く、未だにあの歌が脳裏に。。といって置きましょうか。。ピセーですから、本来の彼女のキャリアーから少し外した路線を狙った訳ですが。。え~?そうですか、本当に?と私なんぞは思ってしまいます。本来の路線=もちろんルークトゥンなんでしょうが、どうもこのケァート・ラッタガーンの本来的な持ち味というのはルークトゥンから、少し離れた所にあるんじゃないのかな?とどうしても思ってしまう。ランプーン出身とした北タイ歌謡を基に普通のルークトゥンを加味したモノが彼女の本来の路線でしょう。それがR・Siamという会社の色合いに混ざっているうちに、なんとも言えないタイプの歌に落ち着いて来てしまっているという感じ。これはルークトゥンから離れようとしているから寂しい。。という話じゃないです。彼女の流れ、歩みがそうなって行こうとしているというだけの話だと。。

 当アルバムは前作もそうだった様に、過去に残された曲のケァート・ラッタガーンなりの解釈による焼き直しといえる曲集という事のようです。まぁ、その辺がピセーなんでしょう。しかし、アルバム冒頭の2曲を聞いて(プロモ曲は1曲目のยอม )、うーんと、唸ってしまいました。ますます、ルークトゥンから離れた楽曲をソノ看板に持って来ているかの様だから。。さらに歌謡曲よりの仕上げです。しかし、それが彼女には似合っているかの様に見えます。本人、「コレよ!これがやりたかったの。」と言っている様に聞こえます。私には。。勿論、さんざルークトゥン畑で鍛え上げてきたキャリアの持ち主、そういう人が歌うんですから、要所要所にそんな歌い回しが見え隠れしますが、でもコレはハッキリ歌謡曲の仕上げです。ですから、冒頭で書いたร เรือ (ロー・ルア)の発声も引き気味ではあります。

 本当にこれと前作だけでピセー・アルバムとして終えて、ピセーじゃない通常のアルバムを出していくのでしょうか。。否、出すでしょうが、これらピセー・アルバムと余り違わない路線のアルバムを出して行くんじゃと思わずには居られないと。。。後は結果ですね。。。売れるかな。。

本家R・Siamのコチラにプロモ曲のยอมのMVがあります。アルバム詳細はコチラ

dhj.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/399-3f551ac1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。