เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プムプアン・ドゥアンチャン15周忌

     20070614072612.jpg
      若かりし頃のプムプアン

 なんか忙しくなって、プムプアンの15周忌のプムプアン寺へお参りが出来なくなってしまいました。また時間を見つけて行って見ます。この15周忌、最大の話題はプムプアンが残した唯一の子宝息子がเพชร สรภพ =ペッチ・ソラポップとしてデビュー・アルバムを出した事でしょうか。。アルバム・タイトル『プレーン・コーング・メァー』とした全曲?お母さんの歌を再演しています。詳細はコチラ。サンプル試聴はコチラ

fea.jpg


『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『

以下、シライさんからの報告記が入りましたので掲載して置きます。

13mitunaa.jpg


 6月13日 スパンブリー の ワット・タップクラダーン(通称プムプアン寺) で開催されました プムプアン・ドアンチャン の 15周忌追悼コンサート を報告します。

 1992年6月13日にプムプアンは亡くなりましたので、今年の6月13日は プムプアンの15周忌に当たります。昨年は昼間、ワット・タップクラダーンに訪れ献花しましたが、今年は追悼コンサートを見るべく、夕方訪問しました。

 お寺で献花し、追悼コンサート会場に着いたのは、18時20分頃でした。R.SiamのHPでは20-24時の表示になっていたので、安心して訪れたのですが、会場ではもう既にコンサートが始まっておりました。30バーツ支払い(安いですね、椅子代込みです)、椅子を持って前の方へ行きました。やや右手になりますが、良い所に空間が有ったので、席を確保しました。コンサートは何時から始まっていたのでしょうか。

 コンサートはスパンブリ関係の歌手を中心に、後はレコード会社単位で参加していた模様です。コンサート自体は利権を確保しているユイの楽団への特別参加という感じでした。そして、各歌手は1曲プムプアンの歌を歌い、2曲ほど自分の歌を披露する形式だったようです。歌手によって若干曲数が違いましたが。沢山の有名、無名の歌手が参加していたので、私が歌手名をチャッチできた歌手のみの紹介です。実際は今回紹介したので、60%程度かな。勉強不足で申し訳有りません。若干歌手名が違っている可能性は大です。修正下さい。それとプムプアンの歌は各歌手の好みで選曲した模様で、複数ダブっていたので、記憶違いがあると思いますが、マイペンライでお願いします。では出て来た歌手の順番で

・ ペット
18時30分頃会場に着いた時歌っていた歌手です。スパンブリ出身かな。夕食確保でばたばたしていたので、ゆっくり聴けませんでしたが、プムプアンの歌中心に30分くらい歌っておりました。

・ ランディー・イサーン(デーン・イサーン)
19時頃から雨が降り出し、会場は雨対策で大わらわ。私は傘を差して、小さくなって見ておりました。ワット・ライキンのコンサートに出て来た歌手ですね。クラッセーカオマーシと自分の歌2曲歌ったかな。踊り子も歌手も屋根のある舞台後ろから出て来ません。

・ ノーンマイ
写真では分かりにくいかもしれませんが、豪雨の中で歌いました。若いですね。雨に濡れないようにするに必死で、プムプアンのどの曲を歌ったか記憶に残っておりません。若さに脱帽です。

・ プレワー・パッチャリー
20時頃になり、雨もほぼ止みました。ここに出て来たのは、グラミーゴールドからの3人娘です。プレワーはスパンブリ出資のようで、司会者達の扱いが違いました。地元志向ですね。プムプアンのナクローンバーンノーク、持ち歌からジェップティートーンジャーイともう一曲、ゆっくりした歌を中心に歌い拍手を貰っておりました。TVカメラかビデオカメラかはっきりしませんが、グラミー3人娘の時は報道関係者らしき人間が舞台前に溢れました。力の差がいやらしいほどでますね。

・ ラチャノック・シーローパン
多分プムプアンのヤークセーンコーオーンを歌いながら登場し、その後キャンファンワイカーンファーとサンヤーカップジャイを歌ったと思います。やや小雨が降り、若干悪い条件での登場になってしまったかな。歌には問題ない程度の振り方だったと思いますが。

・ タカテン・チョンラダー
  プムプアンのゆっくりした歌を歌ったのですが、何を歌ったか思い出せません。2小節程度歌い、舞台に登場しようとした時、ショートで電気が切れてしまい舞台上は大わらわ。マイクを持って登場し、司会者と時間稼ぎをして、再度歌い始めました。余分な記憶は残っているのに、肝心の曲名は???そしてナーウセーンイーオーンとコージョーンナイジャイを歌いました。プムプアンの歌は後のカテーと双璧の上手さだったと思います。

・ ペット・ソラポップ
21時少し過ぎ、本日のメーンイベントであろうペット・ソラポップ登場。プムプアンの息子ですね。アメリカに留学していた模様です。6月なアルバムを出したのか出すのかはっきりしませんでしたが、アルバム発表のようです。地元でもあり、プムプアンの息子でもあり、会場は暖かく迎えていたようです。歌はロークコーンプン(蜂の世界、プンはプムプアンの愛称ですから、プムプアンの世界???)をプンをメー(母)に置き換えてロークコーンメーとして歌っていました。言い声ですね。偉大なる母の遺産も多く残っているので、売れるでしょう。その後は自分の努力と才能でしょうか。どうなっていくのでしょうか。2曲目は 古い母プムプアンの歌と自分の歌をコラボレート歌でした。やや録音状態が悪いのが気になりましたが、それが歴史を感じさせて良いのかも知れません。そして、楽しくタカテーンプークボー。まだ舞台慣れしていない感じがありましたが、存在感は有りそうでした。40分くらいのパフォーマンスでしたかね。

・ ナンブン・ジュランパー??
若干名前が怪しいですが、プムプアンの そっくりさん ですね。フェーンプムプアン、サーオナーサンフェーン、プーチャイナイファンを歌ったかな。

・ ヌッジャリー・シーワイ
  司会者が日本から来たと言ったように思えるのですが、どうも日本の衣装のことを言ったのかな。衣装は着物をイメージしている感じですが。チャウジェックティーディージェックホンを歌ったかな。タイ語の意味を考えている内にどんどん進行してしまい、やや説明が怪しいです。

・ サーヤン・サンヤー???
  私の耳にはこう聞こえたのですが、VCDで見るサーヤン・サンヤーとは違うように思えて成りません。歌い方は良く似ているのですが。どうでしょうか。分かりません。サーヤンはスパンブリ出身でもありますが。プムプアンの歌は歌わなかった。

・ ピッカイ
  プーチャイナイファンを歌ったかな。23時30分も過ぎ、やや疲れ気味で集中力不足です。今回は女性歌手には、花を差し上げましたので、席と舞台前の往復に疲れた頃です。いい加減ですみません。でも、可愛いです。

・ カテー
ここからR.Siamの女性歌手陣が続きます。そのため、グラミーと同じく報道関係者らしき人間が舞台前をTVカメラらしきものを担いでうろうろしました。ジュープレーオラーを歌いながら登場。タカテンのところでも書きましたが、大変上手です。双璧ですね。こんなに上手いとは思いませんでした。そして定番のパートジャイサオテーを歌い踊り会場の拍手を貰って退場しました。魅力的か。

・ イン・ティティカーン
  インもプムプアンのゆっくりした歌、サーオペッブリーを歌いながら登場。雰囲気を出しております。この曲は今回初めて歌われました。言い歌なのに、若干知名度が低いのかな。そして、インも定番のマイミーターボークラッククライを。ここで直にイン・ティティカーンの世界を創造できるところがすごいですね。頑張って下さい。

・ ノーンマイ・サオワパー
クラッセーカオマーシを歌ったかな。やや雰囲気と合わない感じでしたが。そして持ち歌気キットゥン・・・を歌いました。R.Siamの3人目の歌手ですね。

・ ノーン・クラタイ
  登場して司会者も会場もビックリ。大柄です。クラタイ(ウサギちゃん)とは全く別の印象です。R.Siamの新人かな。

・ ユイ・ヤトゥユ
  最後は当然、ユイ・ヤトゥユ。楽団長が締めることになります。歌ははっきりしませんでした。多分、ハーンノーイイトーイニットを歌ったと思うのですが、ユイ流にアレンジされていて確信できません。子供に頃にイメージが強いのか、歳食ったなあと思ってしまいました。しかし、花束から考えると未だに大変人気が有るようですが。どうなのでしょうか。ユイが登場したのが1時少し前。疲れた。退場後、多分ユイ楽団の前座歌手の登場になったようですが、遅いので失礼しました。

14日はプムプアンの3人の妹のコンサートのようですが、残念ながら時間がないので、行けません。今年は、命日に献花し、追悼コンサートを見れたので、よしとしましょう。プムプアンの本を20バーツで売っていたので買って来ました。読めるかな。そういえば、シリポンの本も終わりませ読んでいない。タイ語は難しい。



20070620201208.jpg
ユイ・ヤートユ

20070620201440.jpg
ステージ全景・クリックして大きく!
スポンサーサイト

コメント

o( - ii - )o

シライさん。。
先月のデイリーのアップ回数を見ていただければ大体お分かりかと思いますが、komta、どうもこのところ「ミー・トゥラ・ユ!」でして、どうもこの為にうまく時間がさけないんですよ。シライさんの記事はアップするのに時間がとても掛かり、ああゆう事でまとめてしまったんです。アシカラズ。アップのしかた教えますから、以降どうです!?それにしても何だかんだ言って、コンサート三昧できるシライさんがホント羨ましい限りです。

  • 2007/06/20(水) 20:21:40 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

全景とユイの写真は載せてほしかった。

o( - ii - )o

プムプアンのリケー唱法を。。
ม่ายขันหมาก - พุ่มพวง ดวงจันทร์
http://www.esnips.com/doc/e9901fed-b753-4bc4-97eb-a4b0f37b66ff/ม่ายขันหมาก---พุ่มพวง-ดวงจันทร์

以前も貼った、youtubuに置いたLiveモノ
http://www.youtube.com/watch?v=RrggWbY5Evk

http://www.youtube.com/watch?v=ZPSEfGlJB70

そして以下は『Pumpuan’s Last song』となっています!?これマーリーワンのあの有名曲ですよね。。
http://www.youtube.com/watch?v=DmGX88u4DkQ

  • 2007/06/18(月) 07:01:01 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/391-1025d8cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。