เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イン・ティティカーン&カテー(ワット・シーワーリーノーイ、サムトプラカン)・・・シライのコンサート報告(その 71

      20070529022758.jpg
        イン・ティッティガーン

      20070529022903.jpg
        カテー

      20070529022935.jpg
        カテー

      20070529023000.jpg
       レンチャイ・サイスパーン

      20070529023147.jpg
       サラクティット・ドゥアンチャン


 5月27日 サムトプラカン の ワット・シーワーリーノーイ で開催されました イン・ティティカーン、カテー等 の コンサートを報告します。

 この日はグラミーゴ-ルド12周年を記念したオラウィーのアルバムを聴き、ついでに最近のアルバムを聴き、最後に古くからあるMP3の曲を聴いておりました。延べ5時間以上聴いても終わりません。聴き疲れたので、サムトプラカンにあるワット・シーワーリーノーイへ イン&カテーのコンサートがあるというので出掛けました。

 昼間は暑い天気でしたが、17時前から大雨。こんな状態でコンサートは開催されるのであろうかと心配しながら、ワットへ。現場には19時40分頃到着。残念ながら小雨が降り続いていたので、椅子を探しならが 雨宿り。情報ではコンサートは21時30分-23時となっていたので、会場には雨のせいもあり、誰もいません。一緒に雨宿りしていた人達は観客だったのでしょうか。不明です。

 20時突然司会者が出て来て、“コンサートルークトゥン、雨にも負けずに開始だよ!” と言って、踊り子達が出てきました。20時から始まりました。私の情報が間違っていた模様です。踊り子、前座歌手のパフォーマンスは1時間続きました。しかも、雨の中で。かわいそうです。

 21時から本格的歌手登場です。初めはレンチャイ・サイスパーン。ルークトゥンコンサートといいながら、モーラム歌手が登場してきました。5曲。モーラムなので、本当は舞台前で踊りが始まるのでしょうが、雨で足場が悪く誰も踊りません。皆傘をさして、静かに観戦です。歌手には辛い時間になってしまったようです。

 続いて、サラクティット・ドゥアンチャン登場。歌はサイアムムアンイン。名前と曲名から想像がつく方もいるかもしれませんが、プムプアン・ドゥアンチャンの歌を歌っている3人の妹の一人です。それで、姉プムプアンの威光を借りてのパフォーマンスと言うと棘があるか。ガンナミーマイ、プーチャイナイファン、タカテーン等 プムプアンが言ったエレクトリック・ルークトゥンメロディーです。

 22時少し前、お笑い開始と思ったら音が出なくなりました。舞台上で大騒ぎをしていると、おっちゃんが 一人やって来て、“今から花火だよと。”それでマイクを切られてしまった模様。花火は仕掛け花火に、打ち上げ花火。圧巻は勿論打ち上げ花火。打ち上げの高さが低いため、花火の残骸が色々落ちて来る。ひどいのは、燃えながら落ちて来る。会場は皆傘で火の粉を避けながら観戦する状況でした。けが人が出ないのでしょうか。

 無事に花火も終了し、再開されたお笑いも終了。時間は23時です。終わる予定の時間ですが、これからメーンの歌手登場です。まずはイン・ティティカーン登場。ヤーアオチャンパイプリアップコヌーン、マイミーターチャボイラッククライ、パイラックカンクライクライ等ヒットメロデーです。何曲歌ったのでしょうか。7曲かな。しっかりとインの世界を創っている感じです。オカマが出て来て絡むが、上手にあしらっておりました。最後は再度、マイミーターチャボイラッククライを歌って退場しました。

 最後はカテー(サーオテー)登場です。トリを取る人気なんですね。今が旬なのでしょう。パートジャイサーオテーでのりのりで登場。若さはちきれる舞台です。マーヌードゥ、ボークライ等アップテンポの曲中心の選曲でした。1曲のみ、ローナーナーントーマーンジャイを熱唱しましたが。若いので、アップテンポ曲中心になるのは仕方ないでしょう。人気は一番でした。時間も24時10分を過ぎ、最後にパートジャイサーオテーを歌いお開きです。御苦労さまでした。

 インもカテーもそれぞれ自分の世界を創造しており、息長く活躍してほしいものです。



スポンサーサイト

コメント

デーンチャイ・サーイスパーンだと思います、DとLの聞き取りが出来ていません。悲しいです。
ドァンヂャイ・ドゥアンヂャンは2000年の頃はラムプントゥンピーと言う歌を三人姉妹で歌っていました。歌唱力的には一番下かもしれませんが。

o( - ii - )o

ガテァー(私はこう表記します)は、今現在のル-クトゥン・シーンで一番光り輝いている、モノを持っていると思います。タクシーに乗っている時に件の曲が流れると、タクシーが小躍りしながら走っている様な気分にさせます。今は他のどの歌手でも、それは出来ないでしょう。

イン・ティッティガーンは是非とも、今のままの歌謡曲路線をキープし続けてもらいたいですね。それが出来ると多分、これからのその路線のラーチニーになれるでしょう。

レンチャイ・サイスパーン?
เด่นชัย สายสุพรรณ でしょう?デーンチャイ・サーイスパーンだと思います。以前当blogで紹介した時点ではイサーンの歌手と言う認識をしていなかったんですが、そうですかモーラムをそう演じたなら、イサーンの歌手なんだったんだ。ということで古い彼の曲を聴いたんですが、ハイ!もろイサーンの音でした。コノ人、歌が出来上がっていて上手いですよね。もう10年の経験を持つベテラン歌手です。
以前の紹介記事。。
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/blog-entry-41.html

サラックヂット・ドゥアンヂャン
จันทน์จวง ดวงจันทร์=ヂャンヂュワン・ドゥアンヂャン
สลักจิต ดวงจันทร์ =サラックジット・ドゥアンヂャン
ดวงใจ ดวงจันทร์  =ドァンヂャイ・ドゥアンヂャン
の3姉妹。最後のドァンヂャイも歌っているのかなぁ~

  • 2007/05/29(火) 17:25:54 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/382-a02d3196
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。