เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インヨン・ヨートブアガーン(ウェーティータイ、バンケー)・・・シライのコンサート報告 その68

        20070515183338.jpg
         インヨン・ヨートブアガーン

        20070515183453.jpg
        モンとコーイ

        20070515183550.jpg
        フォン・タナスントーン

 5月12日 バンケー の ウェーティータイ で開催されました インヨン・ヨートブアガーン の コンサートを報告します。

この日は会社関係のゴルフを終了してから、バンケーへ移動しました。15時30分頃、会場に着き、席を確保しました。その後、いつものおばちゃん達と話をしているとインヨンが出て来たので、記念写真と若干話をしました。

ある資料に拠ると1962年12月25日 シーサケー 生まれ、5人兄弟だそうです。実名、プラヨン・ブアガーン。8歳(小3)の時から歌を初め、1回のステージで2バーツ貰っていた。11歳(小6)の時、バンコクに父と旅行に来て、パモン・オノータイに師事、1981年バンコクに出て来て、パモンの下で修行し、“ジェームアイ”名で活動。1985年アイヌンシアンクワーイ、ラックラックラックをインヨン・ヨートブアガーン名で発表。パンヤー・カタンユーに誘われ、カフェーでも歌いだす。彼からソムシーカーイトゥアという歌を貰い、パモンがその歌をソムシー1992と改題して、1992年-94年に掛けて大ヒット曲と成った。一説によれば、400万本以上テープが売れたとの伝説があります。現在、44歳ですね。

その後、モールで買い物及び時間潰しをして16時30分頃席に着きました。丁度インヨンが出て来てリハーサルが始まるところでした。やはり歌、大変上手です。本日のゲスト、フォン・タナスントーンもリハーサルに出てくるかなと期待していると出てきました。普段着でも綺麗ですね。

18時ウェーティータイ開演です。まずはインヨンがソムシー1992を歌いながら登場。彼の出世作ですから当然の選曲でしょう。派手な黄色の舞台衣装です。映えるのか笑えるのか微妙なところかな。そして紺色の衣装に着替えて歌を続けます。ここで花を手渡しました。笑いながら受け取ってくれました。更に黒の衣装に着替えて、キンヤーピットソーン、タムハイラックタムマイ等を熱唱しました。いいですね。ただ、指で鼻の横を擦り、手を前に出して指すポーズをするとお笑い役者に思えてしまう私が悲しかった。これからも良い歌を歌ってほしいですね。

初めのゲストはインヨンがプロドゥースも行っているというカップル モンカップコーイが出て来てバタフォーウを歌いました。3月10日のワット・サパーンのコンサートに出て来た二人ですね。(komta氏のレポート参)インヨンがプロドゥースしているので、宣伝のため出させてもらったのでしょう。

最後は本日のメーンゲスト、フォン・タナスントーン登場です。真っ赤な衣装でローレ、ローレ、ローレと“ローレ”を歌いながら登場です。笑顔が素敵ですね。5月19日タイカルチャーセンターでのコンサートを宣伝しておりました。残念ながら、用事があり行けません。最後はリハーサルで練習していた歌をインヨン+フォン+若い司会者の3名で歌いました。当然、花を持って手渡しに行きました。近くから見ても綺麗です。

 
20070515183700.jpg
リハーサル風景
スポンサーサイト

コメント

Deeさん、コメントありがとうございます。タイでの仕事は2種類にわかれます。
昼間:通常の仕事(工場管理)
夜間:接待
私の場合は工場にいますので、接待の席に出る機会は少ないですが、それなりにあります。接待となれば、18-19時頃から夕食、その後カラオケのコースが普通ですか。そうするとお客を送って行くのは早くて23時、遅くなると1時頃になります。当然酒も入るわけですが。また、思った以上に日本からのお客は多いです。(身内も含めて)
以前は事務所で会議があると、夕食後、カラオケに行く機会が多かったですが、皆、歳を取ったのか、真面目な方が多くなったのか、カラオケに行くぞと言う声が聴かれなくなりました。寂しいと感じるべきでしょうか???
 ウェーティータイの場合は19時には終了しますので、部屋には20時には戻れます。通常のコンサートでも0時前後に終了し、1時半前、部屋に戻ることになります。
 接待の場合とあまり変わらない。アルコールが入らないだけ、健康に良いかも知れません。
 前回の赴任の時は、プラカノン付近のコンサートしか行かなかったので、年に5回程度だったでしょう。今回は、タイに何時までいるか不明だし、3度目はないと思われるので、極力コンサートに参加しております。元気なうちは ガンバロー と思っています。今後も宜しくお願いします。

この人はクメールですか?

เจรียงยิ่งยงสอนน้อง : Ja-rueng YingYong sorn nong
http://www.youtube.com/watch?v=3RGP-yShUvg
รักสาวซะเลาะแอง: RockSaew_SrokAing
http://www.youtube.com/watch?v=20zsyZVj4-E
ブリラム、スリン、シーサケ、ロイエットは北クメール人の領域ですね。
で、チャレムポン・マラカムやロイエットのエカラー・スワンナプームもクメールですか?

しかし、シライさんは元気ですね。昼間は仕事もしてるんでしょ。いつも楽しいコンサート報告を有難うございます。

  • 2007/05/17(木) 00:58:24 |
  • URL |
  • dee #d0TUSgIQ
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/375-59b6aad2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。