เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ころんのアルバム評~その3 ドゥアンチャン・スワンニー

duangchan2.jpg


 今回はグラミー・レーベルから、ドゥアンチャン・スワンニーの「YAK MEE KLAI HAI KID TUENG」を取り上げようと思います。ドゥアンチャン・スワンニーは数多くいるルークトゥン歌手の中でもかなり異色な存在なのではないでしょうか?前作もそうでしたが、このアルバムを聞くと、この人がストレートなルークトゥンだけをやろうとしているのではないことはすぐにわかります。例えばシタールの音を取り入れてインド風味をつけてみたり、アラブっぽい要素を取り入れてみたり、なかなか面白い試みをしています。4曲目ではブラジル風のトロンボーンとスティールドラムを使ってトロピカルな感じのラテン調の曲をやったりしています。そしてあっと驚くのは、2曲目でインドネシアのダンドゥットを取り入れて、ダンドゥット・ルークトゥンをやっているところですね。オン・オラディーも同じようなことをやってますが、先達はこちらです。これまたダンドゥット風味の7曲目や9曲目なんかも突き抜けたポップさを持っていて、非常に魅力的です。このような、どう聞いても普通のルークトゥンとは言えない曲を聞いていると、何か面白いことをやってやるんだ、というような気概を感じますね。比較的ベタな感じのルークトゥンもやっていますが、そのような曲であってもなんとか一味違った感覚を持たせようとしているように聞こえます。まあこのような色々な試みは、グラミーの製作陣だからできることなのかもしれませんけどね。
 音楽的には非常に面白い試みをしていますが、肝心の歌の方も曲の面白さを引き立てようとしているのがよくわかります。決してうまい歌手ではありませんが、持ち味である洒落っ気のあるコミカルさを最大限に生かして、色々なタイプの曲を楽しく聞かせてくれます。正直言えば、この作品はもっとうまい歌手が歌っていれば大傑作になっていたかもしれません。でも歌声そのものに愛嬌がある歌手ですので、これはこれで魅力的ではあります。一筋縄ではいかないクセ者として、今後もこの調子で普通じゃない(?)ルークトゥンを出し続けて欲しいですね。
スポンサーサイト

コメント

シライさん
人それぞれに色々な感じ方や捉え方があって面白いですね。私はあまりVCDを買わず、基本的にはCDで聞いて音楽を判断しますので、シライさんのようにVCDを見れば、もしかしたら判断も変わってくるのかもしれません。映像を見れば「ケー・ヤーク…」が名曲だと思うかもしれませんね。ただ私は個人的に雑種音楽というものが大好きですので、本作を聞くとどうしても色々な要素を取り入れた曲の方に耳が傾いてしまいます。そうなると「ケー・ヤーク…」よりも他の曲の方が面白いとなってしまうわけです。とは言っても全体的に曲のバラつきは少ないですし、音楽的にはレベルが高いと思いますので、私にとってこのアルバムは愛聴盤の1枚ですね。

  • 2006/05/11(木) 14:59:41 |
  • URL |
  • ころん #-
  • [ 編集]

ドゥワンチャンはグラミーから48年に出たコンビVCDで初めて聴きました。VCDを買った理由はジンタラやノックがなぜグラミーのVCDに入っているのかなと言う疑問からでした。シリポン、ターイの曲も面白く良いVCDと思います。ジンタラの歌い方の変化もよく分かります。年代的には逆順ですが。このVCDにドゥワンチャンのケー・ヤーク...の曲があり、他の曲も聴きたくなり本VCDを買いました。色々挑戦しており、面白いVCDなのですが、他の曲は残念ながらケー・ヤーク...ほどの訴えが私にはありませんでした。そのため、その後、このVCDはあまり聴いておりません。ドゥワンチャンの曲を聴く時はもっぱらコンビVDCで聴いております。他歌手の曲も気軽に同時に聴けるので。

・・・・・・

直リン・ダーイレーオ ナ

  • 2006/05/07(日) 03:37:31 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

ケー・ヤーク・ハイ・ルー・ワー・ラック

http://radiothailand.prd.go.th/phatthalung/music/%E1%A4%E8%CD%C2%D2%A1%E3%CB%E9%C3%D9%E9%C7%E8%D2%C3%D1%A1-%B4%C7%A7%A8%D1%B9%B7%C3%EC%20%CA%D8%C7%C3%C3%B3%D5.wma
折鶴がたくさん飛んでるやつですね。

  • 2006/05/07(日) 01:44:54 |
  • URL |
  • ディー #QMnOeBKU
  • [ 編集]

komtaさん
「ケー・ヤーク…」が名曲とはつゆ知らず、音だけで判断していますので、音的に面白い曲をズラズラと挙げてみた次第です。今後とも至らない点を色々とご指摘いただければ、非常にありがたいです。

  • 2006/05/03(水) 16:42:45 |
  • URL |
  • ころん #-
  • [ 編集]

ナラティワート県出身。。。

ดวงจันทร์ สุวรรณี / ドゥワンチャン・スワンニーはナラティワート県出身で(確か)、ここを含むタイ南部3県といえば、もうすでに文化圏が他の地域とかなり違い、まぁその辺の事、故に紛争が未だ絶えない訳ですが、そういう土地柄で育ったルークトゥンですので、その辺がこのドゥワンチャンの注目すべき所ですね。

それと当アルバムを紹介するなら名曲『ケー・ヤーク・ハイ・ルー・ワー・ラック』の曲名位は上げといてくださいネ。このタイトルそのまま訳せば“愛しているという事を知らせたいだけ。。”となりますが、この曲の歌詞全文を見たわけじゃ無いですが、本来、個人的な男女の間の事なんだろうと思いますが。このVを見て頂ければ、空から南の地域ににばら撒いた折鶴の運動/プロパガンダとすり合わせている所が味噌ですね。。

それと既に3枚目のアルバムのプロモーションが始まっていて、第1プロモ曲はダンス・ナンバーです。“キットゥン、キットゥン・・”ってやってます。ヒットするかなぁ?

  • 2006/05/03(水) 03:48:12 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/37-e8413d14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。