เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

อังคนางค์ คุณไชย ชุดสาวภูไทเตือนน้อง

     20070426044859.jpg


 永い事、MP3音源で聞いていた、アンカナン・クンチャイの『สาวภูไทเตือนน้อง』サーオ・プー・タイ・トゥアン・ノーングのVカラを手に入れたので報告というか、興味ある人にもオスソワケ出来るかと思い取り上げました。

 少し前から考えている当Blogでの企画で、“あなたの好きなモーラム歌手は?”というのがあります。面白いかな?と思っているのは多分、komta一人で、実際やっても集まる?各自のベスト3なり、ベスト5なんかは2、3人かいいところでしょう。で、珍しく躊躇している私です。しかし、私の選出の絞りに絞ったベスト3に、このアンカナンは確実に入るでしょう。その位、好きです。何がそんなに良いんだろう?言葉を捜しても、コレだ!というのが出てこない。言えるのは。。ハズセナイという事だけ。

 色んなソースから、手元にあるアンカナンのアルバムも10数枚あるけれど、多分それで半分くらいでしょう。勿論、既に消え去ったようなものも含めてですが。。ラーチニー・モーラムと言っても結構ルークトゥンも残しています。が、この人のと言えばモーラムになりますネ。あまりモーラムだ、ルークトゥンだとするのもオカシイという気もしますが、そこはジャンル分けという下らないアレがそうさせているだけです。一番良いのは、イサーン歌謡とすればスッキリするでしょう。まぁ、いいでしょう。。

 その膨大な彼女の録音ブツ、いい出来のてんこ盛りですが、その中で私がナンとも惹かれて止まない一曲が、コイツです。『サーオ・プータイ・トゥアン・ノーン(グ)』。プータイという言葉、未だにどう使われているのか良く分からないんですが。。モーラムのダンスの種類のひとつにこの”プータイ”というのがありますが、“サーオ・プータイ”となると、もっと広い意味が付いて来る様におもいますが。。

 さて、モーラムって?何?と持って来ましょうか。今なら普通にイサーンのダンス音楽と言えるでしょう。よく、この曲はモーラムなのルークトゥンなの?と困るような仕上がりのモノがあります。ルークトゥンもダンス・ルークトゥンがありますから。。イージーな判断の仕方で、イサーン語で歌われていればモーラムとしたりする事もできますが、私はこの曲でモーラムダンスの持つあのノリで踊れるかどうか?という事で判断する事が出来様かと思っています。ダンス用の音楽を踊らないで楽しんでいるのっていうのは、何?やっているの?となる訳で、ここは当然踊らなくてはなりません。こういう言い方は逆説的な訳で、人を踊らせんと歌い、演奏されているモノですから、本来、モーラムが始まれば腰が自然にムズムズして来る事になっていますが。。

さぁ、話をどこへもって行くのか。。

モーラムにもイロイロあってさぁ~、というとコレはバーンイェンみたいのがあって、ジンタラーみたいのがあって、シリポーンみたいのがあって、ジョップ&ジョーイがあって、ガラメァーみたいのがアルという話になりますが、時間をグッーと遡って行くと、まず言えるのがこの音楽をサポートする楽器に違いが見えてくるでしょう。音楽の変化と言うものに関与する最大のものは使用楽器がどんなか?ということがデカイと思います。モーラムもその歴史を遡れば、電気楽器の使用が未だされていない頃に直ぐ行き着くでしょう。そうなるとケーン、ピン、イサーン太鼓、更にベース代わりのアノ壷。。となって行きます。ピン以外は現代のモーラムでは形だけのような、飾りの様な使われ方にもなって来てしまっています。

 さぁ、その辺から更にもう少し遡ると、モーラムはダンス用の音楽でアルという面が少なくなっていきます。最後に残るのはケーンと歌だけ!その辺の話になると私は全然詳しくないのですが、どうも歌と言うよりお話を聞かせる、という風になっていたようです。このVを見てください。歌い手?の手の動きには現代のモーラム・ダンスでもよく見られる様な動きが見れますが、この女性座っているでしょ。座りながらのダンスって、ダンスと言えるのでしょうか。。面白いですね。コチラです。


 さて、アンカナン・クンチャイのこの『サーオ・プータイ・トゥアン・ノーング』。アンカナンのモーラムには、いつも上に書いたようないにしえのモーラムのニオイが残っている様に感じてしまう私です。この録音でも、歌と言えば歌、語りと言えば語りと言えそうな、アンカナンの歌い口が、ナンとも迫ってきます。曲の構成が変化しないで同じことの繰り返しを続けていくという。。現代のやり口はというと、ここぞという所で、ルズム、メロディーをブレイクさせる事で踊る気分を更に盛り上げたりする訳ですが、この『サーオ・プータイ』では、そういうテクを使わないです。だから、躍らせない、躍らせないとさせているかのような構成になっています。これ所謂、イカセナイ、イカセナイというやつですね。こういうやり口は効きます。危険です。555 

 アンカナンのモーラムは現代モーラムという面の底に古き時代のモーラムをどうしても、染み出せてしまっているという。。そこがなんとも魅了して止まないのでしょう。
以下から見てください。


สาวภูไทเตือนน้อง  - อังคนางค์ คุณไชย
Hosted by eSnips


 古きモーラムに関してのリサーチ等はMuriさんのBlog『タイとイサーン音楽とケーン』に詳しいです。私も勉強させてもらっています。

 取り上げた『สาวภูไทเตือนน้อง』が入っているアルバム詳細はコチラで。。入手はどうなのか。シリマセン。

スポンサーサイト

コメント

>どこまで面倒見てくれるのか?とか、厄介な話になりそうな予感も。。555

これはちょっと意味が違っちゃいますね(笑)でもたしかにモーラム楽団ならラムクローンを練習している子供とかいっぱい居そうですねー。

ところで「プータイ」について、良い機会なので簡単ですがblogに書いておきました(なんか間違ってるかもしれませんが)。

  • 2007/05/08(火) 22:41:00 |
  • URL |
  • muri #-
  • [ 編集]

o( - ii - )o

>練習相手はもちろんラムクローンを歌う人です(汗)。
というとお相手はイサーン人という事に?コンサートへ出向いて、その方面の歌手を捕まえて、誰か手頃なデックは居ないか?と聞いて紹介してもらえば。。。どこまで面倒見てくれるのか?とか、厄介な話になりそうな予感も。。555

  • 2007/05/08(火) 01:38:35 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

練習相手はもちろんラムクローンを歌う人です(汗)。
イサーン楽器の先生はいっぱい居るんですが(自分もポンラン楽団にいますし…)、でもモーラムやモーラム見習いの知り合いは全然居ないんですよね。
サーミットタワーのことは存じませんでした。日本領事館も引っ越しちゃったし行く機会あるかどうか(それもまだ一度しか行った事無いですが)。

  • 2007/05/08(火) 00:09:18 |
  • URL |
  • muri #-
  • [ 編集]

話は違うんですが。。。

アソークのサーミット・タワーにある10階の国際交流基金のとある部屋にケーンの名手が居ますよね。ご存知ですか?多分、今も居ると思いますが。。

  • 2007/05/07(月) 17:27:26 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

o( - ii - )o

練習相手って歌の方ですか?(まさか!?)
 自分もケーンのひとつ位はもっていますが(OTOPでイサーンのどこだったからか来て売っていた職人さんから買ったモノですが。。)相手にはならないでしょう。555 でも、興味はありますよ。。時間が無いかな。。

  • 2007/05/07(月) 17:23:26 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

baanmaha

baanmahaのフォーラム、凄いですね。
もうほとんど入手できないラムクローン(伴奏ケーンのみの)が100曲ぐらい聞けますね、というか聞ききれないんですが。

ラムクローンは以下の板で。ฟังลำเรื่อง,ลำกลอน,ลำล่อง
http://www.baanmaha.com/forums/index.php/board,34.0.html

ところで自分はラムクローンの練習をしたいと思っているのですが、まだ肝心の相手が居ません(笑)。滅多に居ないでしょうけど、もし練習している(orこれからしたい)という人をご存知でしたら是非教えて下さいませ。

  • 2007/05/07(月) 15:10:33 |
  • URL |
  • muri #-
  • [ 編集]

o( - ii - )o

こちらでアンカナの試聴可!かなりの曲数が置いてあります。

http://www.baanmaha.com/forums/index.php?board=70.0

  • 2007/05/06(日) 22:11:53 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

o( - ii - )o

流石、deeさん、呼びかけに応えてくれるのは、この音楽に対してどの位の愛情と理解、それにこういう場で出す度胸があると言うことです。

アンカナンは出来のいい曲が多すぎて困ります。力強いのに、気持ちがスッーと抜けていくような気分も味あわせてくれるし、何しろ深いです。強いて1曲上げると。。うーん、この記事で紹介した『サーオ・プータイ・トゥアンン・ノング』かな。。

で、私の好きなモーラム女性歌手Best 3は。。。
ジンタラー、アンカナン、オーイジャイ・マーライラック(ヴィエンチャン)という事で。。。

  • 2007/04/29(日) 17:49:51 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

私のベストofアンカナン

อีสานบ้านของเฮา - อังคนางค์ คุณไชย
http://www.youtube.com/watch?v=dSQelyDLxfc
http://www.ethaicd.com/show.php?pid=25717
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/blog-entry-167.html
そして、私のベストofモーラム歌手はバンイェーン、チンタラ、ラオスのアンポン・・・?まだまだ勉強不足であまり知りません。

  • 2007/04/29(日) 12:02:24 |
  • URL |
  • dee #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/361-f57497fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。