เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

hanaのルークトゥンの華・5・・・プリックワーン チュット フェーン・ナイ・ファン

     20070420184235.jpg


 今年はいわゆる「団塊の世代」と呼ばれる方々が大量に定年退職する年・・・ということで、なんとなくですが時代が逆行したような、ちょっと懐かしい感じのものが今、日本では流行しているようです。テレビをみていても、CMなどで70年代後半から80年代前半に流行した歌謡曲が使われていたり、ファッションもちょっとレトロな色使いや形のものがよく売れています。かくいう私の親世代もまさにこの「団塊の世代」。きっと当時流行したであろうフォークソングを子守唄にして育ってきたのでしょう。だからというわけではありませんが、好きで聴いているタイの歌謡曲においても、「プアチーウィット」と呼ばれる「生きるための歌」、つまりはフォークソングが割とすんなりと耳に馴染む気がしています。

 とはいえこの「プアチーウィット」というジャンル・・・だいたいジャケットは素朴な感じのお兄さんやおじさんがギターを抱えてたそがれている・・・といった、そんな感じですし、曲を聴いても正直どれもわりと似通った雰囲気・・・。男性ヴォーカルにフォークギターの伴奏なので仕方のないことなのかもしれません。タイ語が完全に理解できているわけではないですが、ルークトゥンで歌われる世界が厳しい現実なら、プアチーウィットは厳しいけど頑張ろうよ!みたいな意味合いが強いように思います。モーラムのようにこってりと耳に残るでもなく、かといってさらりと聞き流すには重い歌詞・・・侮りがたしですよね。 そんなプアチーウィット畑でひときわ異彩を放っているこの子พริกหวานプリックワーン、皆さんご存知でしょうか。アルバム「แฟนในฝัน」は熱烈プロモ中!!という感じでもなく、忘れた頃にぽつぽつとプロモが流れる、といった感じではありますが、なかなかいい感じです。

 このブログでも取り上げられたことのある「外見はこてこてのファラン、しかし実はタイらしいマイペンライ魂の持ち主」デーウィット・インティと同じレーベルから出ているこのプリックワーン、プロモを見ればプアチーウィットであることは一目瞭然です。やっぱり伴奏はフォークギター・・・でもなぜか、デーウィットはじめその他大勢のプアチーウィット系の歌手の放つ匂いがあまり感じられません。それはなぜか・・・簡単に言ってしまえば「プレーンプアチーウィットを歌う女性歌手は少ない」ということでしょう。他に挙げろと言われれば、個人的にふっと思いつくのはあの「アイレーフユ~」のタイグリッシュが斬新だったピック&プリアオでしょうか(彼女達はR-Siamから出ているので、正確には違うかもしれませんが、アルバムではけっこうフォークっぽい曲が多かったですよ)。

 あまり外見的な華やかさのないプアチーウィット畑ではありますが、このプリックワーン、外見はどうでしょう。派手さはないけれど普通っぽい雰囲気に親近感が沸きます。「デイリー・・・」でもお馴染みのR-Siamレーベルの女性歌手のようなイマドキ感はないけれど、泥臭いプアチーウィット畑にこんな感じの子は居なかったと思います。 アルバムを視聴してみると・・・意外と「こってりプアチーウィット」な曲が少ないです。というか、きっとほかのプアチーウィット歌手が歌えば、ちゃんとフォークソングになるのだろうけど、女性が歌うからかそのアクというか敷居の高さみたいなものが旨く緩和されて、すごく聴きやすく仕上がっているように思います。「プレーンプアチーウィット」と聞くと、なんとなく田舎臭い、やたら主張の強い、といったイメージを持たれていると思うのですが、そういった感じは全くない。むしろ曲だけ聴いて耳からの情報のみに頼ると、フォークソングというのを忘れそうなくらいです。ちなみにこのアルバム、アルバムタイトル曲がプロモされていません!!ということで、タイトル曲を聴いてみると・・・個人的にはプロモ曲より好みです。アルバムの中ではかなりフォーク色が強いというか・・・でもこれがプロモ曲にならなかったということは、レーベルとしても売り出し方を測りかねているのかもしれませんね。

彼女を日本のフォークソング界に置き換えてみると・・・演歌でもなく、かといってポップスと呼べるほど軽いノリではない。フォークソングほど主張はないけれどちゃんと伝えたいことはあるのよ!という感じ・・・中島みゆきやユーミンといった、いわば「ニューミュージック系」ではないでしょうか。 はじめは異端児扱いされたであろう「ニューミュージック」ですが、時代を超え世代を超えて愛されているのも確か・・・プリックワーンの歌う「生きるための歌」も、細く長く受け継がれていくのでしょうか。もうちょっとプアチーウィット畑に女性が増えればいいですね。ということで、今後の活躍に期待です。

พริกหวาน ชุด แฟนในฝัน

試聴はコチラから出来ます。

アルバム詳細はコチラから。


20070420185452.jpg

20070420185529.jpg

スポンサーサイト

コメント

>P'Komta
タイでも歌本があるんですね!!そしてどこの国にもギター小僧はいるものなんですねぇ。
プリックワーンですが、見た目はイマドキのタイ娘、って感じだし、その気になればポップスシンガーにもなれそうなのにフォークシンガー、というところがミスマッチでいいですね。本人の人気はタイではどうなんでしょう??もし会う機会があればゼヒ、レポートを!

o( - ii - )o

hanaちゃん、久しぶりの記事有り難う御座いました。

プアチーウィット・・コチラでは相変わらず人気がありますね。一緒に歌える!歌い易い!という部分がそういう人気の裏にあるんでしょう。小さいソイに入っていくと、よく歌ボンを置いてギターの弾き語りやっている連中をよく見かけます。

このプリックワーン、綺麗なんだけど気取りみたいなのが少なくて、あっさりしていて気持ちがイイですね。まさにプリックワーン(P-Man)。多分、どこかの小さいプアチーウィット系の店で歌っているんでしょう。会って話をしてみたいですね。

  • 2007/04/21(土) 15:32:22 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/358-178bf1cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。