เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シライのコンサート報告 59~62

 管理人が留守していた間にシライ氏のコンサート報告が溜まっていました。ココでその4回分を一気に載せます。アシカラズ。

3月30日・FM95コンサート(タイカルチャーセンター)

 luuknok1.bmp.jpg
 ルークノック・スパポーン

tosapon1.bmp.jpg
 トッサポン
#その他の写真は割愛!

 FM95で3月30日無料コンサートをタイカルチャーセンターでやることを宣伝していたので、出掛けることにしたのですが、何時から始まるか不明だったので、カルチャーセンターに電話したのですが、全く分からないので、タイ人に尋ねてもらいました。18時開演、しかし無料券を発券しており、もう無いとのことでした。タイ人にタイ文化を知りたいのだと交渉すれば入れるとそそのかされて出掛けました。

 会場に到着したのは、18時30分少し前。タイ時間だからまだ始まっていないだろうと会場へ急ぎました。レッドカーペットを早足で歩いていくと人にぶつかってしまいました。コトートと言ってよく見るとルークノック・スパポンだったので、写真を撮らせて貰いました。ロビーに入るとあちこちで記念写真を撮っていました。ケートだ、スダーだ、といいながら、同様にポーズを取ってもらいました。

 はたして会場に入れるか心配しながらドアの所に行くとすんなり中へ入れました。しかし、席を確保しようとするとどうも全て番号で席が決まっているようで空いた席はないようです。仕方がないので、ロビーへ戻り時間潰し兼皆の行動を観察しておりました。知らない歌手も多いです。FM95関係の授賞式を兼ねているようなので、それなりにヒットした曲を持つ歌手達のはずですが。勉強不足です。

 19時5分過ぎくらいに、中から音楽が聞こえだしたので、再度中へ入りました。知らない歌手の後、フォン・タナスントンが出て来て歌いだしました。え!見間違えかなと思い舞台前に行きましたが、フォンでした。ヌー・ミター、ピー・サドゥー、シリポン、アジャリーヤー、カテーと続々と出て来て1曲の一番のみを歌って退場です。いつものコンサートとイメージが違います。30日、シリポンはチョンブリーでコンサートのはずですが、義理で顔を出したのかな。

  ジンタラーとアムが出て来て最初の受賞者を発表しました。バウウィーが呼ばれ舞台へ。私は席がないのに、空いていた最前席の真中に座っておりました。人が来たら移動すればよいので。ジンタラーもロッブリーでコンサートをやるはずなので、ここで顔を見せて飛んで行ったのでしょう。ひょっとすると私が入場する前に歌ったのかな。すこし余裕が出来たので、周りを見るとウェーティータイで会うメンバーが最前席を占めておりました。彼らはどうやっていつも良い席を確保するのでしょうか。不明です。隣に座っていたおばちゃんから、まあ、良く合うねー。ゆっくり一緒に見ようねと言う事で、私は最前席を確保できたようです。世間話をしながら、暑いと言うので、団扇で扇ぎながらコンサートを愉しませて頂きました。

 その後、ラチャノック、アム、マイ、ケート、ダムロン、モンシット、そうそうたる歌手が1曲の一番のみを披露して退場していきました。詳細は不明ですが、受賞者は以下の通りです。ただし、バウウィーは写真取りに失敗しました。ターイ、カラバオ・パーンは会場に現れませんでした。ミーパンダのオリジナル歌手が出て来たので、写真を撮りました。あまり意味ありません。
・ ビウ・カンヤーニー
・ トサポン・ヒマパン(ワイポットは現れず)
・ パイ・ポンサトン
・ タカテン・チョンラダー
・ ???(名前知りません。有名歌手のはずです)
・ ヌー・ミター(2受賞)
・ ピー・サドゥー(2受賞)

22時少し過ぎ、舞台に歌手が現れ始めると観客は帰り始めました。いつものことですが、げんきんなタイの観客です。初めは女性陣が前にいましたが、誰かがそれはおかしいと言ったのでしょう。受賞者が前に並んで、記念写真を撮っておりました。何かタイらしくて面白かったです。

 今回のコンサートは歌を聴くという意味では不満の残るコンサートでした。しかし、受賞者が発表されて、歌手が和気藹々と自分の席から移動して来るのを、観察できて面白かったです。タイのルークトゥンの世界は非常に狭い感じですね。皆が知り合い、仲間内でやっている感じが強く、あまり緊張感のない授賞式でした。あまり権威のある賞でないせいかもしれませんが。


3月31日・R.Siamコンサート(TV7チェッシー)

Rsiam7sii.jpg
 クリックして大きく!

3月31日 ラマ2世通りのセントラル で開催されました TV7(チェッシー) R.Siam  のコンサートを報告します。

 R.Siam 5周年記念で特別企画された、R.Siamの歌手をカップリングして歌うというもので、2枚のアルバムが発売されております。2月20日のウェーティータイコンサートの拡大版と言えると思います。

 セントラルデパートへは、10時40分過ぎに到着し、ポップコーンを買って集合場所である、31/2階の駐車場へ行きました。エレベーターで子供連れ家族と一緒になり、その仲間と言うことにしてもらい、女性集団へ紛れ込みました。駐車場は大変暑く、タイの暑さを実感できる時間でした。

 チェッシーコンサートは12時開始です。今回、発売されたアルバムの参加歌手の大部分が参加するというコンサートであり、R.Siamの力の入れ方が分かります。有名歌手では、イン・ティティカーンが抜けているくらいですか???集合写真では、全員がなんとか入るくらい、そうそうたる歌手が揃いました。TV出演した順番で。

1.チャイシリチャイ&カーラケート    ドゥアンシップソーンノーンシロー
2.ヌー・ミター&ケート・ラタカーン   マイキアンカップラコン
3.トーイ・ムアックデーン&アンダー   モンラックライポラムデーン
4.ルアンカイ&ジアップ・ベンジャポン  ビンラードン
5.バウウィー&ビウ・カンヤーニー    ノーンサーウ
6.ピーター&カテー           ヤーワイジャイターンヤーワーンジャイクライ
7.タット&ヌン・ラミダー        プーチャイクークタンプーインオクハック
8.サヌック・シンマート&ジアップ・カノクポン  サンヤーラックレーンレーン

この順番が何を意図しているか不明ですが、どの歌が売れるのでしょうか。現時点では4番ですかね???
個人的印象は 可愛いカーラケート、ビウ
       綺麗なケート、ラミダー
       パワフルかなカテー
       個性的なアンダー、ベンジャポン
       マイナーモーラムを走るカノクポン

会場では、脇から花とマーライを配っておりました。TV局が準備したのか、R.Siamが準備したのかどちらでしょうか。以前は配っていなかったと思うので、R.Siam側かな。あまり意識して見ていなかったので、以前から準備していたのかも知れません。TV映りの問題もありますからね。

 今回のコンサートはどういう訳か非常に静かなコンサートでした。アルバムが新しいので、観客が歌を知らないのが原因かも知れません。それに出場歌手が多すぎで、ファンがばらばらになったためかも知れません。


3月31日・ワット・ライキンでのコンサート(1)

ploy1.bmp.jpg
 プローイ・パンナラーイ

daanfaa1.jpg
ソーンファー・ペッターニー

baagesayaa1.jpg
バー・ゲーサヤー

pimpaa1.bmp.jpg
ピムパー・ポンシリー

 3月31日 ワット・ライキン で開催されました コンサートを報告します。

ワット・ライキンはローズガーデンゴルフ場の隣にある大きなお寺です。よくゴルフ場に行くのに道を間違えてお寺の前をうろうろした記憶があります。このお寺のコンサートにピムパー・ポンシリが出ると言う情報が入ったので、出かけて行きました。

この日はTV7のコンサートを見た後、時間があったので、セントラルデパートで読書時間に当てて、日が暮れるのを待ちました。17時過ぎ、コンサートは何時から始まるか不明でしたので、出発し、会場に18時過ぎに到着しました。開始時間を確認すると20時からと言うので、場所を確保してから夕食の調達と村祭りの見物に出掛けました。お寺の中で、踊りをしていたので、しばし見学し、19時過ぎに会場に戻りました。

席に着くと、クロンタンのシアン・イサーンのコンサートで売り子をしていたおばちゃんが話掛けて来ました。日本人の友達は 今日はいないのか。タイで何をしているのかと身上調査をされました。コンサートが始まる前にマーライを40バーツ買わされました。

20時コンサートの開演です。踊り子は可愛いよと宣伝しておりました。踊り子達のパフォーマンスの後、前座歌手が出て来て歌い始めました。21時少し前に最初の本格的歌手プローイ・パンナラーイ登場です。アルバム3を宣伝しておりました。名前はしっていたのですが、歌は初めてだと思います。時々以前に見聞きした歌手を覚えてなく自分が情けなくなることが多々あるので、自身ありませんが。

続いてソーンファー・ペッターニー。司会者がいい加減で、出番でないところで呼ばれたり、名前を間違えられたりで散々なる登場です。ですので、若干名前に自信がありません。歌は上手く、見栄えもそれなりですので、売れるといいのですが。

Komta氏、御贔屓のバー・ケーッヤー登場です。ランシットのコンサートに続いて、2回目かな。ややラフなスタイルでしょうか。komta氏、もう少し御贔屓の紹介をお願いしますよ。

最後は本日、このコンサートを見に来た目的歌手ピムパー・ポンシリ登場です。芸暦20年と言っておりました。1987年16歳でデヴュー、ナムターミアサーウで一躍トップへ踊りでたピムパーでしたが。その後は参謀が悪かったのか、泣かず飛ばずかな。私が初めて知った2000年前後は***エアロビックでそれなりに楽しいVCDを出していてくれましたが。

 歌ったのは、ナムターミアサーウ、クルーサラー氏のアーイケムナリカー、それにハニーのナムターロムボンティーノーン そして新アルバムから2,3曲。久しぶりにいい顔を見た思いです。まだまだ36歳、再復活を大いに期待したと思っております。しかし、新アルバム、買おうと思っているのですが、店で見ない。なぜでしょうか。

ピムパーのパフォーマンス、約30分、また、前座歌手のパフォーマンスが始まったので、23時頃会場を後にしました。

4月1日・ワット・ライキンでのコンサート(2)ドゥアンター・コントーン

poonaa1.jpg
プーナー・パーウィニー

duantaa2.bmp.jpg


 4月1日 ワット・ライキン で開催されました コンサートを報告します。

 この日はkomta氏の御贔屓歌手の一人?ドゥアンター・コントーンが出ると言うので、暑いゴルフの後、ワット・ライキンへ出掛けました。着いたのは18時30分過ぎでした。早速席を確保しようとしたら、昨日のマーライ売りのおばちゃんに呼び止められ、その横に席を確保しました。話を聴くと、後から仲間かお客かはっきりしませんでしたが、大勢やってくるので、席を確保しているとのことでした。私も、夕食を確保しにぶらぶらしに席を外して時間潰しをしました。席に戻ると大勢のおばちゃんに囲まれました。ウェーティータイでいつもあるおばちゃん達でした。バンケーからあまり離れていないので、彼女達の縄張りみたいです。以前一緒にいた日本人はどうした。(でこっぱちのダー氏のことです)日本に帰ったよ。そう答えると息子が東京へ勉強に行っていると説明してくれました。

 20時コンサート開演です。踊り子のパフォーマンス後の前座歌手は男二人、若干辛いものがあります。20時40分過ぎ、プーナー・パーウィニー登場。私の知らない歌手でしたが、おばちゃんが解説してくれました。カラシン出身だそうです。歌は非常に上手いモーラムです。おばちゃんの評価では美人です。私はモーラム美人と評価しましたが。

 次に出て来たのは、お笑い。延々と1時間弱パフォーマンスをやりました。面白いが、下品です。最後はパンツ姿が3名。正視に堪えられません。

 22時少し前に出てきたのは、ピーター・フォーティーファーイ。司会者はピーター・サリーウォンと紹介しておりました。カッコ付けて、4曲歌い退場。フォーティーフォーティーフォーティファーイと跳んでおりました。サングラスも会場に投げ入れ、拍手を浴びておりました。

 22時10分頃、ダーウ・バーンドーン(オート・フォーエースどちらが正しいのかな???)登場。私の得た情報にはない歌手です。おばちゃん達の絶対的人気です。どこに魅力があるのでしょうか。楽しいモーラムですが。あげるものを渡し尽くすとおば様達、退場です。またね! と言われてしまいました。恐ろしい。どこか見たことが有ると思い、後で調べるとVCD2枚も持っておりました。おそろしや。なぜ、VCDを持っているのでしょうか。なぞです。

 22時半頃、本日の目的歌手ドゥアンター・コントーン登場。彼女は見る角度によって美人に見える時と**に見える時があり、印象が極端に違うと思っているのは私だけか。声は非常に可愛らしいです。新アルバムの宣伝をし、そこから3曲。最後はモンラックソムタムで締めて退場しました。

 私の得ている情報では、ラーワン・ジャンペンも出場するはずですが、前座歌手のパフォーマンスが始まってしましました。遅れているのかなとしばらく見ていたのですが、来そうにないので、帰りました。ラーワンがダーウ(オート?)に変わってしまったようです。残念。

スポンサーサイト

コメント

 ラーワンを見損なったみたいですね。残念です。次回、どこかで姿を見たら声を掛けて下さい。

この子はイケル

はい、もうイケてます。FM.95で1位。
ประจำวันที่ 02 เมษายน 2550
1. เปิดใจสาวแต : กระแต
http://www.r-siam.com/mv/0065.wmv
そして、ピーターとデュエットしてるのがこれ。
http://www.r-siam.com/mv/0077.wmv

  • 2007/04/08(日) 03:51:40 |
  • URL |
  • dee #UkjozK92
  • [ 編集]

o( - ii - )o

3月31日 R・Siam/7スィー
件のアルバム、2枚も出してコレでもか!と男女の歌手をくっ付けてやっていますね。そう言えば、イン・ティッティガーンの姿を見ないなと思い、チェックすると。。。居ました。勿論ですよね、彼女が出ない訳ない。しかし、なんでプロモーションに出てこないんだろうか。。。フム?アルバムのvol.2に入っています。以下。。
5. Tarng klai wud jai kon : Nhoo Meter&Ying Thitikarn
ทางไกลวัดใจคน : หนู มิเตอร์ ร้องคู่ หญิง ธิติกานต์
7. Load pleng ror sai...wai puer ter : Bump&Ying Thitikarn
โหลดเพลงรอสาย...ไว้เพื่อเธอ : บั๊ม ร้องคู่ หญิง ธิติกานต์

こうやって見ると、男性歌手で一番はヌー・ミターですね。それの相手役をやった、ケァート・タッタガーンとインの2人が女性陣のトップの位置に居る事になるのかな。

それとピーター・45がこのアルバムでグラミーからR・Siamへ移って来たんですね。ウン、ピーターはこっちの方が似合うかも。

そのピーターの相手をしたガ(ラ)テァー。この子はイケルと思いますよ。

  • 2007/04/07(土) 02:37:47 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

ワットライキン4月1日

私もこの日に行ってました。
23時頃に前座歌手が出てきて、大勢の人が帰りましたが、23時20分頃にラーワン・ジャンペンが登場し、24時丁度までやってました。5曲だったと思います。
帰った人が多かったので、ステージ前にスペースができ、踊る人が沢山おり、観客は少なかったもののかなり盛り上がってました。
帰りの足が心配で野宿も覚悟だったのですが、タクシーを捕まえることができ、無事帰ってこられました。

  • 2007/04/07(土) 01:12:59 |
  • URL |
  • コームーヤン #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/344-3d52a178
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。