เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M-150 ルークトゥン・スーパーショー(アマタナコン、チョンブリー)  シライのコンサート報告 57


       22-3m1501.jpg
       お馴染みのM150スーパーショーの入り口

       22-3m15012.jpg
      フォンとターイ

#写真は他にもありますが、今回は省略。アシカラズ。


3月20日 チョンブリー の アマタナコン で開催されました M-150 ルークトゥン・スーパーショー コンサートを報告します。グラミーとシュア共同公演です。比較的僻地ばかりで公演しているので、なかなか見る機会が少ないのですが、私の働いている工場から20km南のアマタナコン工業団地で開催されるので、出かけて行きました。

会場について、夕食を手配し、17時50分頃20バーツ払い入場しました。もう前の方には椅子が沢山並んでおりました。ヌワット氏に会場で出会い、まずまずの位置を確保しました。

19時30分、王様を讃える曲で起立し公演開始です。入場者は少な目でしたが、20時30分頃には溢れかえっていました。やはりすごい人気です。歌手の紹介は出て来た順番で。

 後ろの席に若い女性陣が大変賑やかに観戦しており、非常に面白い状況でした。よく歌を知っているし、黄色い声を上げておりました。

1.ロース・プルンチャルーン
初めに出て来て2曲歌いました。持ち曲のようですが、曲名聞き取れませんでした。新人?なので出させてもらえるだけで良しとしましょう。将来性は不明です。

2.パイ・ポンサトン
人気ありますね。3曲歌い、ユームナーマーカオファンで入り、新アルバムから2曲歌って退場しました。若干物足りなさが残りました。

3.アム・ナンティヤー
シュアの美人トリオ?の一角を占める若手アム登場。ここでリヤックプアンドアンディアオ を軽快に歌い、新アルバムからサワディークワームラックを歌いました。衣装もそれに合わせたようですね。新アルバムの写真は気にいらないのですが、やはり可愛いですね。ここでは、2曲で退場しました。

4.ブンター・ムアンマイ
アナウンスではムアンマイマイマイとマイを繰り返しておりましたが、なぜでしょうか。いつものように コンディーティーアーイホハックで入り、チャイボワーンガーン、タックパークダイボーです。綺麗ですね。

5.ピー・サドゥー
この辺りから前で写真を撮る人が多数になり、若干舞台が見にくくなりました。昨年のヒット曲サーウクラプローンヒエンで入り、モーラム中心でした。ドゥーナンドゥーでは、今までほとんど踊る人がいなかったのですが、憂さを晴らすように踊りまくっているタイ人がちらほらいました。ルークトゥンコンサートですので、舞台前で踊る人数は少ないです。踊り子との掛け合い、パフォーマンスも最高と言えるでしょう。ドラエモンのパンツを穿いた踊り子のパフォーマンスは観客を釘付けにした感じです。最後はアルバム3からマックサーウソーンレーン、フアチャイマーントゥア等で新アルバムを宣伝して終了しました。

6.カトリーヤー・マーラシー
プーナーカーケー以外は スサーンコンチャム、サープラックエープモーン等落ち着いたルークトゥンメドレーです。ゆっくりじっくりルークトゥンを熱唱したら最高ですね。でも本質はオッチョコチョイみたいで、M-150の宣伝をして引き上げようとしたら、アナウンスでもう一曲抜けていると指摘されて、本当に忘れていたのよと言って最後の曲を歌い始めました。このアンバランスさが人気の秘密ですかね???

7.ロース&アム
シュアの若手二人が再度登場して、プムプアンの歌を一曲のみ歌いました。チョークディー、チョークディー。なぜ一曲なのでしょうか。

8.ターイ・オラタイ
トーハーネードゥーを歌いながら登場。舞台前がごった返し、マーライをあげるのに一苦労しました。絶大なる人気です。ワンティーボーミーアーイ、クルーサラーのアルバムからコーケールーカーウ。良いですね。最後はアルバム4から、ボークチャイヤンガイディー、ハックマーテーチャートコーンーを歌って終了しましたが、そのまま舞台に残って何かの表彰?で金のチェーンを贈呈しておりました。人気者はつらいよ!ですかね。

 2002年4月発売のシリポンのチャチェンサオでのコンサートVCDを見ていたら、ターイ ゲストとして登場し、一曲のみ歌っていました。当然取り扱いはいい加減ですね。この頃はタイにいなかったので、ターイはいつデヴューしたのでしょうか。

9.アム・ナンティヤー
またまたアム再々登場して、新アルバムから一曲。

10.ダムロン・ウォントーン
5曲くらいたて続きに熱唱。曲名不勉強で分かりません。ごめんなさい。

11.ブンター・ムアンマイ
またブンター・ムアンマイ登場して一曲。11月の時はその後アム、ダムロンとトリオで歌を数曲披露したのですが、本日は一曲のみでした。

12.フォン・タナスントン
コーチャイシックを歌いながら登場。***ダイマイ? アルバム3くらいの曲ですかね。そしてソムタムを熱唱。スナリーのソムタムより良いかな。プムプアンの色気には負けるかな。基本はゆっくりしたルークトゥンをしっとりと聞かせてくれる歌手と言えると思います。そして、ノーンサーオターイ登場し、ピーサーオフォンとドゥエットです。この組み合わせでは初めて見ました。会社が違うのでなかなか実現しない組み合わせと思います。ターイ退場し、新アルバムからフアチャイファークターム、カムラックセーファークボーク、そして最後にマンスワイディーで終了です。最後は少しカマトト過ぎる感じがしないでもありませんが。本当に綺麗です。

13.マイ・ピロンポン
貧乏人を歌うマイ登場。もう日が変わろうとしておりました。二曲目を歌い始めた時、舞台右手で喧嘩勃発。警官が舞台から一人飛び降り、更に私の後方から三名駆けつけ、警棒で殴るは蹴飛ばすはで、喧嘩鎮圧。流石タムルアット。周囲の女性から拍手が起こりました。タイ人も喧嘩でいやな目に会っているのでしょうね。そして、マイの歌再開です。四曲目、突然ですが雨が降り出しました。やばいと思いましたが、持っていた傘を開く程度にならず大変良かったです。そして、24時30分少し前に無事コンサートは終了しました。5時間に及ぶ長丁場ご苦労さまでした。ヌワット氏。

M-150 ルークトゥン・スーパーショーは大変良いコンサートです。有名歌手のオンパレードですし、各歌手が比較的時間を掛けて歌ってくれるので、満足度も高いと思っております。










スポンサーサイト

コメント

有り難うございました

まずはシライさん、有り難うございました。おかげさまで、初ルークトゥーンコンサート楽しめました。増々、嵌りそうです・・そしてkomtaさん、お口添え有り難うございました。帰国後ちょっとバタバタしてしまい報告も遅くなって済みません。なんとか今日中に・・

  • 2007/03/25(日) 13:18:35 |
  • URL |
  • ヌワット #-
  • [ 編集]

o( - ii - )o

ターイの最初のアルバム『ドーク・ヤー・ナイ・パー・プーン』の発売は2003年の初頭ですね。これ位の歌手ですから、グラミーとしてもその前の年から、イロイロと試運転していたのでしょう。

ヌワットさん!はーやーくぅー!

  • 2007/03/25(日) 04:27:32 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/337-6fc6a203
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。