เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

คอนเสิร์ด ด้วยรักแด่...ครูสลา

       duairakconcert1.jpg


       duairakconcert2taai.jpg


       duairakconcert3got.jpg


       duairakconcert4siriporn.jpg


 11日、待望のコンサート『ドゥアイ・ラック・デァー...クルー・サラー』がソイ・オンヌッのアノ場所で行われました。この場所、昨年の11月にシアン・イサーン一座が狂乱のコンサートをやったり、その後10日間、日替わりでシンリピンが出るコンサートをやったりという言わば平場で、普段はまったくの空き地です。ここへグラミー専属のシンリピンがほぼ全員揃っての大コンサートということで、これは非常に楽しみなコンサートだった訳です。本当にゴット・チャカパンは来るのか、ターイ・オラタイも来るのか。。というものでしたが、結果から言うと全て予定通りにコンサートは行われました。ゴットもターイもソイ・オンヌツにやって来ました。

 前夜までここで場末なイサーンなコンサートがあった訳ですが、そのステージは撤去され、この空き地の一番奥の場所に本格的なステージが設置されていました。有料コンサートですから、周りを塀で囲み入り口には切符のモギリも居るという普通のコンサートです。但し、有料と言っても100Bですから、その内容からすると格別に安い料金設定になっていました。スポンサーが携帯のノキアが付いたのでそれが可能となったんでしょう。それと、主人公のサラー・クンヌウット先生の意向もあったようです。

#ステージ上でも何回も話されましたが、地方の恵まれない子供たちを救おう!とするムニティ(財団)をサーラー先生がはじめられており、TVでのその映像がよく流れています。ターイその他のサラー・スクールの門下生もそれに参加・協力しているようで。。まぁ、そういうイメージからも今回のコンサートがあったのでしょう。

開場3時、開演6時ということですが、今回の宣伝はかなり力を入れていたので会場と供に沢山の入場者があるだろうと思い、本日はその開場時間には会場に出向きました。午後3時ですからね、日差しがまだ強烈でとても暑かったです。一応前の方の席を確保したので後は夕方の6時の開演を待つのみという状況になったのですが、この時に既に入場しているシンリピンの姿がチラホラ見えます。ゴット、ターイ、シリポーン、マイ(ク)クラスの歌手はまだその姿を見せていませんが、タッカテァーン・チョラダー、ラチャノック・スィローパン、エァーンthe Star辺りはファン・サービスのサイン会に借り出されて頑張っています。一人、エーカポンが座っていたので近寄って見ました、約1年ぶりの再会でしたが、チャンと覚えてくれていました。最近は音沙汰が無かったですが、シリポーンのあの村のライブ・コンサート風にまとめた大ヒット・アルバムのパート2に途中から出てきてシリポーンとモーラムをドュオしています。

 タッカテァーン、ラチャノックはもう大張り切りでファンと交流しています。何故か件のアルバムでプロモーション曲に抜擢されているプレァーウ・パッチャリーの姿はこの時には見えませんでしたが。タッカテァーンは日本語で「コンニチハ!」と愛想がイイです。ラチャノックは「ピッー!また来てくれたんですか!」とこれまた嬉しい事を言ってくれます。

 ピー・サデゥーも早くから入場しています。もう、あのままのざっくばらんなピーです。近くで見るといい顔してますね。売れている証でしょう。ピーに「何時ごろ歌うの?」と聞くと「終わりの方です。」といっていました。実際にピーはトリのシリポーンの前、確か時間は12時を廻っていた頃でした。

 ドークオーが来たので話しかけました。小柄ですね。あのパワーはどこから出てくるんでしょうか。。ムニティ・サラーのジャンパーを着ていたので、「サラー先生のムニティのですか?」と聞くと「ハイ、そうです。」と丁寧な受け応えです。しかも、英語を交えて話してくれたりして、チョッと意外でした。。

そうこうしているうちに開演時間です。傍に居たシライ氏が今回の「このステージ見た事がある、シリポーン一座が普段使っているモノを今回使っていたようですね。」との注釈が入りました。と、供にダンサーが出てきてショーの始まりです。ということでこのダンサーもシリポーン一座のダンサーです。

おっと、この続きはまた後で書きましょう!更に美しくなったターイ、復活、久ぶりのゴットのミニ・ショー、パサー・イサーン丸出しのシリポーンのステージと楽しさ爆発のステージを報告していきます。バック・ステージでのシンリピンの写真も満載ですから、お楽しみに!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/323-f236314b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。