เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スナリー・ラーチャシマー

         sunareejacmaiwaa.jpg


 
 スナリーなんですが、チョッと書いてみようかなという風向きにあります。というのも、ずっと探していた上のジャケ写のアルバムを見つけたからなんですが。。2546年製作となっています。出した処はクルンタイです。昔、手に入れたmp3に1曲あって、気に入っていたんです。何で気に入っていたんだか考えもしなかったんですが、ヨーク聞いてみて判りました。バックのサウンドが現代風?だったんです。現代風といえば、最近出たスナリーのあの『ブリー・アローム』なるアルバムに入っていて、プロモーションに使われた『パリンヤー・ナムター・メー』という曲を少し前に紹介した時にも使った表現だったんですが、4年前にも既にそんな感じのバック処理がされたのがあった事になります。『ナイ・ワー・メ・ルーム』という歌なんですが、まぁ、聞いて見て下さい。コチラ

 昔のサラー・クンヌウット氏の曲の様な重いサウンド処理がされています。出だしが美空ひばりの『りんご追分』の様な(というか、そのまま。)仕上げになっているトコが味噌。現代風なアレンジと言ってもルークトンの世界の話ですから、推して知るべしというモノですが。大昔のスナリーのモノからするととても現代的なアレンジという事になります。じゃー、そういう事だからイイのかというと、うーん、ココが難しい。しかし、聞き易くはなっているでしょう。しかし、スナリーの歌自体は昔とそんなに変わっていない処が凄いです。そこで、なんですが。。。

 じゃー、何時頃のスナリーの作品が一番か?という事を考えている人もいる事でしょう。20年あまりのキャリアの持ち主ですし、過去に残してきた作品は膨大なモノになるでしょう。全部聞いているなんて人いるでしょうか?まぁ、そうじゃないと正確にどの辺が一番なんて言えなくなる訳ですが。。作品がイイといっても歌われている歌詞がイイということもあるでしょうし。。それはココでは置いて考えたいですが。。しかし、あんまり古いと、一聴、スナリーだかプムプアンだか判別出来ない位のモノもあります(そんな事ないかな)。先の『ナイ・ワー**』もそうですが、スナリーならではの超ソロー・テンポの曲が多いです。そこにストリングスでも被さって来れば、昔のスナリー、一流の作品という事になります。
 
 私が思うに、ひとつには昔も現在もスナリー自体の歌がそんなに変わっていないなら今のを聞けばいいんじゃないかな?という見方と。。いや、その時代にヒット曲として名を残したものじゃなければ。。というのふたつ出てきます。ヒット曲としてその時代に名を残したとなれば、残念ながら現在の録音のはそれに入らないでしょう。その意味ではすでにスナリーは過去の人となります。しかし、といって簡単に切り捨ててしまう事が出来ない処がスナリーの名の凄い処。先の最新盤を聞いてもスナリーの歌声に圧倒されっぱなしです。

 そして、現時点で一番興味があるのはあのコンサート『H・M・Bluse』に出て歌ったスナリーの姿です。12月23日に行われた件のコンサートの情報によると、
14. เพลงค่ำแล้ว – Lullaby สุนารี ราชสีมา
となっています。このアルバムのプロモーションをもうずっとやっていて発売は2月の末頃に出るとアナウンスされています。これは楽しみです。

 さて、私が拾ったスナリーの名曲を並べてみました。以下で視聴して見て下さい。

รายงานหัวใจ この辺になるとVが作られていなかった様で、後からつけたVになります。 
กลับไปถามเมียดูก่อน
・กลับไปถามเมียดูก่อน  コレは2回録られた様です。どちらが先かな?

ไหนว่าไม่ลืม  上の本文で紹介
・ไหนว่าไม่ลืม 蛇足ながらワラヌチ・プッタチャートもやっています。オリジナルはポーンスリィー・ワラヌチか。。
แม่ค้าส้มตำคนชื่อ...ต้อย この2曲はVに出てくるスナリーの姿から絶頂期の頃のか。。
ขอโทษ...ไม่เจตนา  
รักสองหมองใจ  いかにもスナリーらしい出来です。
มอเตอร์ไสค์นุ่งสั้น 先に話題になった曲で珍しい!  

・ใจรัก
この辺の曲もスナリーならでは。ルークトゥンじゃないですが。。
รักฉันนั้นเพื่อเธอ どこかで聞いたことがアル、メロディー ・
・ปริญญาน้ำตาแม
最新録音から1曲

少し前に当Blogで紹介した記事も参照を・・コチラ


また気が向いたらスナリーの事、書こうかな!
スポンサーサイト

コメント

o( - ii - )o

何か気になって以前の当Blog内の記事を探してみたら、ありました!

>映画「わすれな歌・モンラックトランジスター」の主題歌「ルーム・マイ・ロン(グ)」を思い浮かべる方も多いでしょう。

hanaさんの記事でした。以下。。
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/blog-entry-147.html#comment

  • 2007/02/18(日) 12:49:54 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

o( - ii - )o

t-42 さん。。
いろいろ情報、有り難う御座います。
ลืมไม่ลง สุรพล สมบัติเจริญ 
で検索して以下のところに見つけました。

http://www.mousetak.com/th/song/popup_song_player_now.php?SongID=6850

スナリーその他とほぼ同じ曲想ですね。

  • 2007/02/18(日) 11:37:51 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

ルーム・マイ・ロン

『Leum mai long』はスラポン・ソンバッチャルーンのヒット曲だったと思います。男性歌手がヒット曲を出すと女性歌手がアンサー・ソングを唄い、女性歌手がヒットを出すと男性歌手がアンサー・ソングを唄うということが昔よくありました。そういうたぐいのものだったと思います。
スラポンのヴァージョンは持ってるはずなんですが、今ちょっと見当たりません・・・CD化されてるはずですよ。

  • 2007/02/18(日) 08:54:43 |
  • URL |
  • t-42 #75Faup6g
  • [ 編集]

o( - ii - )o

t-42 さん。。
躊躇したのはもうひとつ理由がありまして、ワラヌチ・プッタチャートのヴァージョンが置いてある所に以下の説明文があったので。。

Female version of the song "Leum mai long"

これが正しいと"Leum mai long"なる男性歌手によるものが有って、それはナンなのか?オリジナル?後でタイ語にして検索してみます。

  • 2007/02/18(日) 01:45:54 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

ポンシー

わたしが持っているのは一種類のヴァージョンのみですが、ヒット曲なので後に再録音してる可能性大だと思います。何回か録音してるかもしれませんね。

  • 2007/02/18(日) 00:38:22 |
  • URL |
  • t-42 #h44Tof6Q
  • [ 編集]

o( - ii - )o

>ポンシー・ウォラヌットの60年代の有名なヒット曲ですね。

ポンシィー・ワラヌッはこの曲を何回か録音していますか?私の手元に1曲在るんですが、音が新しいのとその割りにVがエロエロ風オネーさんのだったりで、アップするの躊躇しまして。。555

  • 2007/02/17(土) 18:43:49 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

ナイ・ワー・マイ・ルーム

『ナイ・ワー・マイ・ルーム』は、ポンシー・ウォラヌットの60年代の有名なヒット曲ですね。スナーリーが唄ってても不思議じゃないけれど知りませんでした!スナーリーのヴァージョンも悪くないですね。とても勉強になりました。

  • 2007/02/17(土) 09:36:41 |
  • URL |
  • t-42 #75Faup6g
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/295-7f05ac33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。