เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーラム音盤を求めて・・・ヴィエンチャン~ウドンタニ ①

       IMG_1093ss.jpg
        タラート・サオの光と影
      
       IMG_1100ss.jpg
         ラオス・シルクの巻きスカートでモーターサイに乗って出勤
      
       IMG_1086deess.jpg
       ラオスのモーラムVCDはタラート・サオで。。
      
      

 たまには写真付き旅行記風もイイでしょう。
ヴィエンチャン行きは確か3回目か。。旅行者気分で行く分にはヴィエンチャンは夢のようなところと言えるかも。。用事を済ませたら後はもうタラート・サオにあるVCD屋へまっしぐら。毎度お馴染みのグットちゃんの店を見つけると店の中に入って音盤探しに没頭する。気立てがとてもイイ彼女は、すべてのVCDを視聴させてくれるので気に入ったものを確実に入手出来る。これが出来ないと倍以上の枚数を買う事になるでしょう。よけたモノと約同数のVCDを購入した事に。。内容的なことはもう少し整理してから報告と言う事で。。オーイジャイあたりを筆頭に山のようにイイの見つけて来ました。もし、ヴィエンチャンでラオスのモーラムを買おう!と言う際には是非、グットちゃんの店にお立ち寄り下さい。「日本人のWeb-siteで知った!」と言えば歓迎してくれるでしょう。沢山買えば更に安くしてくれると思います。ヨロシク。場所は説明できないので上の写真の彼女の顔を覚えて!

 視聴チェックに夢中になって時間を忘れたので昼を廻る頃にお腹が減ってきた。グットちゃんに「ソムタム食べない?」。。「私買ってくるからお店見てて。。」と。。タラートだから飯屋も沢山あるので、直ぐ買ってきてくれた。勿論、カオニオウ・ドゥアイ。肉は「私、鶏肉嫌いなの。」とムウ・ヤーンを買ってきた。流石、毎日の様に食べているのでしょう、最高に美味しいソムタム・パラーを買って来てくれました。生涯食べてきたソムタムで一番美味しかったのは、タイで食べたモノじゃなくて、ラオスのビエンチャンのです。今回のもそれに匹敵するかのような旨さ!!!  
      
      IMG_1096ss.jpg
       ラオスの方がソムタムは(も?)旨い!

今回は短い滞在でしたのでラオスのモーラムの生現場に接近とかは無理な事なので音盤探しに時間を使っただけです。しかし、来年から日本人?はノー・ヴィザで2週間ほどの滞在が出来るとの情報を得ました!また、ラオスが近くなった。直ぐまた来ましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さてさて、短い滞在を終えてタイ側に戻って来ました。時間が少しあったので、ノーンカイを通り抜けてウドンタニの街を散策。トゥクトゥクのおばちゃんに「モーラムのVCD売っているイイ店知っている?」と聞くと「モーラムかい!任せナ!」と連れて行ってくれたのが下の写真の店。歩道に面したところにワゴン・セールで少し古い売れ残りのVCDがご覧のとおりに!普通は、まぁ、クルンテープでも買えるのもが置いてあるのですが、それでもクルンテープでは余り見かけないモノもあることはあるので。。10B、19Bあたりから高くて49B位の値段が付いています。FSのとか、Toplineのとかの忘れ去られたルークトゥン/モーラム物がもう沢山。。安いのでついつい買ってしまう。

 レジの所に居た女店主と少し話をしました。景気が良さそうなので他にも店を出しているのでは?と思い聞くも「ココだけです。」とのこと。しかし、客がひっきりなしに買って行くところを見るに付け、クルンテープよりもまだまだ音楽産業が盛んなんだなと思った次第です。他にこのウドンタニ市内で何件も楽器屋を見かけたのも、通じる事でしょう。有名歌手を多く輩出しているだけの事はあります。

 最後にこのCD屋さんの名前と住所と電話番号を記しておきます。
店名:イェンジュングワット
住所:3/1 タノン・ウドンドゥサディー
tel :042-222942

      IMG_1106ss.jpg
        ウドンタニのトゥクトゥクのおばちゃん
      
      IMG_1104ss.jpg
       ウドンタニ市内のCD屋



スポンサーサイト

コメント

o( - ii - )o

コームーヤンさん。。
ガトゥーイに関して何を思うのかと言えば。。。クルンテープであるルークトゥンのコンサートには異常なほど集まりますよね。連中、田舎ではソレをやるにはイロイロはばかる事があると想像できますね。しかし、クルンテープへ出ればその辺、マイペンラーイになるので、みんなやって来ると。。で、ガトゥーイのままじゃ田舎には帰りにくい、そりゃガトゥーイだって望郷の念があるでしょう。で、ルークトゥン/モーラムのコンサートへ行けば、その望郷の念を少しは癒す事が出来ると。。クルンテープでルークトゥンのコンサートへ行けば、そこには田舎と同様の空気がアルから。。モーラム/ルークトゥンはその辺の想いをズッシーンと感じさせてくれるんでしょう。

  • 2006/12/31(日) 02:46:40 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

うどんは特盛り

トン・シー・ムアンのコンサート!シアン・イサーンに始まりシアン・イサーンに終わるこのイベント、これですよね?
http://space.geocities.jp/decodaa/udon01.jpg

http://space.geocities.jp/decodaa/udon02.jpg
私も行きたかった・・・です。
ちなみに会場の近くはモーラム一座の事務所が沢山あって、さすがイサーンとゆー感じでした。

  • 2006/12/31(日) 02:02:18 |
  • URL |
  • でこっぱちのダー #TmUYz4sE
  • [ 編集]

夜までやっているつもりで行って、1時頃に終わられてしまうと途方に暮れますが。
カトゥーイの件、そんなに多くはないと思います。フアイクワーンなどと比べると圧倒的に少ないと思います。
ただ、今回1時を過ぎると会場の入り口に人が居なくなり、入場フリーの状態で、若者のグループやカトゥーイのグループが急に多くなりました。
私の友人に1人おり、一緒に田舎に行ったことがあるのですが、地元にはカトゥーイ仲間が大勢居るようでした。私は普通です。念のため。

  • 2006/12/30(土) 18:24:42 |
  • URL |
  • コームーヤン #-
  • [ 編集]

o( - ii - )o

つるをサン。。
彼女は子供のような顔達していますが、2人の子供が居るお母さんです。でも、ナー・ラック・ゴ・ニサイ・ディー・ドゥアイ!です。

  • 2006/12/30(土) 16:47:43 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

o( - ii - )o

コームーヤンさん。。
面白いお話有難う御座いました。そう言えば、イサーンでのコンサートは夜を徹して行われるんでしたっけね。忘れていました。これはデカイですね。言うならば、会場に泊まっちゃう訳ですから、コレは大イヴェントになりますね。チョッと気になるんですが、ガトゥーイの出没率はどのようなモンですか?

  • 2006/12/30(土) 16:43:09 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

komtaさん、美女をつかまえるのがうまいですね~(笑)。
ラオス行きビザの免除ですか、いいニュースですね! 私も来年こそは行きたいなあ。

  • 2006/12/30(土) 09:29:57 |
  • URL |
  • つるを #ntbreMG6
  • [ 編集]

わざわざウドンまで行くのはただ好きなだけですが、実はその1ヶ月前に誰が何時出るかの確認のために行ってました。
出し物自体は、どこでも同じだとと思いますが、強いてあげれば地方では次のような違いがあります。
・終了時間の制限がなく朝までやってることが多い。1時を過ぎて例の5人の女性歌手が再度登場してました。1時半頃引き上げたのでその後は分からないのですが、有名どころは出ないにしても、多分朝まで何らかの出し物をやっていたはずです。(常に朝までやっているというという訳ではないようで、ポンピサイ(ノーンカーイ)でのタイオラタイの時は1時頃に終了しました)
・年に1、2回のお祭りですので、家族連れや一家総出で来る人が多いように思います。子供も多いです。また、来る人の気合いの違いか、8時の開始に対し、昼には既に10グループ程が場所を確保してました。
・椅子がなく地面に何かを敷いてみることになり、寝っ転がることも可能となります。10時を過ぎると子供のほとんどは寝てます。

このように書いても「あまり違わないんじゃないの」と言われそうですが、実際、家族連れが多いと行っても、けんかもあり、4年程前のウドンでのカラバオの時には死者も出ました。
ただ、観客が醸し出す雰囲気と言うか、流れる時間がバンコクではくイサーンの時間であると言うか、体の芯までルークトゥン、モーラムを感じることができるような気がします。
ウドンでは100m四方が8割がた埋まる程の観客でしたが、アンプームアン以外で行われるコンサートの方が、観客は少ないですが、よりバンコクとの違いを感じられると思います。
この違いに意味があるかないかは人による、と思う程度の差ですが、私の場合は地方でのコンサートに惹かれます。ただし、日本人の場合、バンコク以上に浮いて見えると思いえ、落ち着かないところもありますが。

  • 2006/12/30(土) 08:30:21 |
  • URL |
  • コームーヤン #-
  • [ 編集]

o( - ii - )o

コームーヤンさん。。
>このCD屋さんが最も充実していると思います...
そうなんですか、この店はそんなニオイがプンプンしてますよね。昔、日本にも良くあったような、景気のイイ個人商店という感じですか。。
今は一般的にVCDムーヴィーの方が売れ行きがイイと言うのが普通ですから、以前は音楽モノが幅を利かせていた店も、段々と音楽モノの置いてあるスペースが減っていっているのが現状ですから、ウドンタニのこの店は随分、頑張っているなぁ~と感じた次第です。
>今年も12月1日のシアンイサーンに行ってきました..
バンコクから行かれたんですか?だとしたら、かなり気合が入っていますね!どうなんでしょう?バンコクで見るシアンイサーンの公演とウドンでのソレとでは、やはり雰囲気とか違うんでしょうか?余り違わないようにも思うんですが。。。

  • 2006/12/30(土) 03:04:46 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

私が勝手にひいきにしている店ができたので、コメント入れさせてもらいます。
ウドンタニではこの噴水ロータリーの北西側にあるこのCD屋さんが最も充実していると思います。
12月はじめの2週間は毎年コンサートがトゥンシームアンであります。町の中心部で近くにホテルもあり行きやすいので、今年も12月1日のシアンイサーンに行ってきました。
帰る前にこのCD屋さんによりましたが、既に書かれている通り、品揃えではバンコクと大差はなかったです。昔はバンコクでは見ないようなものがかなりあったように記憶してますが、寂しい限りです。
ここで、ブンタームアンマイの新アルバム(VCD)のサンプル版を20バーツで売ってくれました。

  • 2006/12/30(土) 02:09:23 |
  • URL |
  • コームーヤン #-
  • [ 編集]

o( - ii - )o

>ウドンタニのCD屋さんって。。
そうです、ロータリーの直ぐ傍のです。店名の読みからが良く判らなかったので、先ほど電話して確認したら女店主が出てきて、昨日の方ネと覚えて居ました。以後、もし日本人が買いに来たらヨロシクと言っておきました。
>クルンテープでは見た事ないですが..
タクシー、モーターサイでは乗った事ありますが。トゥクトゥクは記憶に無いなぁ~。。でも、居るでしょう。

  • 2006/12/29(金) 21:25:21 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

パパイヤとうどん

ラオスのソムタムは私もノーンカイで食べ比べました。その時はソムタムタイの方が気に入りましたが、タラートサオのも食べてみたいですねー。

ところでウドンタニのCD屋さんってひょっとしてロータリーだか噴水だかの前にある店でしょうか?何か見覚えのある風景だったもので・・。
ウドンは楽しい思い出が沢山できた場所なので懐かしく思います。
おばちゃんドライバーにもお世話になりました。クルンテープでは見た事ないですが、やはりいないんですかね?

  • 2006/12/29(金) 20:56:57 |
  • URL |
  • でこっぱちのダー #TmUYz4sE
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/255-86fd2c17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。