เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンジュアン・ドゥアンジャンのコンサート/ソイ・オンヌッ⑦

       IMG_0972ss.jpg

       IMG_0970ss.jpg


 ソイ・オンヌッのコンサートも大詰めの9日目です。本日はプムプアン・ドゥアンジャンの実の妹、ジャンジュワンが登場しました。。。

 このジャンジュワンがこうして未だにコンサートに出てきているとは、少し驚きでした。年齢も30代の半ばくらいのようですが(ステージ上でそう言っていた。。)、それが本当だとすると姉さんとは随分年齢が離れていた事になりますが。。うーん、見た目はもう少し行っていた様な。。。まぁ、いいでしょう。それよりも、コチラとして見ればあのプムプアンの魂がもしやステージ上に見え隠れするかも?何ていう妙な期待が無い事も無かったわけですが。。。

 登場してきたジャンジュワンはその殆どをプムプアンの持ち歌で通すという凄いステージ展開です。それも小さい頃から直ぐ傍でズッーと見聞きしてきたその妹ですから、完全なプムプアン・マナーです。似ているの何のって。。厳密に言うと声は違うといえるでしょうが、その歌い口はコレでもか!と言うほど再現しています。以前紹介した他の姉妹と歌ったカセット・アルバムでの歌い方は、もう少し姉さんの歌い口とは離れた独自のモノだった筈ですが、今回ここに登場してきたのは、まったくの別物のジャンジュワンです。うーん。。

 この今は亡きルークトゥンの女王の歌が、現代のイサーン観客の前ではどのような反響があるのかも興味がありましたが、流石、女王です結構な人気があり、リクエストも次から次へと上がり、またそれを次から次へと歌いこなすジャンジュワンは大したものです。今回のこの舞台は全日、カラオケ(生バンドでは無いという意味です。)を使用していましたが、このジャンジュワン、大量のカラオケ・ソースを持ち込んでいるみたいで、何でも御座れ状態です。気が付いたプムプアン以外の選曲はカットリーヤ・マラーシーの1曲と、それとナント!シリポーンの『ボー・ラック・シー・ダム』をやりました。まるでプムプアンが歌うこの曲という、夢の中でしか有り得ないモノでした。

 さて、このジャンジュワン。今後も歌い続けて行くとしたら、こうして姉さんの真似?をし続けて行くのでしょうか。。うーん、ソレもアリかなというところで。。。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/244-6c85e0fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。