เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジンタラーのコンサート(クロンタン)・・・シライのコンサート報告⑮

 
       20061106155344.jpg
         舞台全景

        20061106155828.jpg
          ジンタラー

        20061106160526.jpg
          ジンタラーと踊り子


 本日は、11月5日 クロンタンで開催されたジンタラーのコンサートを報告します。

 18時から開始との情報が有ったので、早めに行ったのですが、まだ、会場を設営中でした。開始時間を確認するとソントゥンクルン(20時30分)との回答でしたので、夕食用に豚肉、魚フライ、若いマンゴとコーラーを買い、椅子を借りて新聞を読み出しました。(準備がいいですね。半分予想していたので)。

 18時過ぎ、チケット100バーツ、椅子20バーツを払い、舞台の5mくらい前に陣取りました。一番乗りです。舞台から流れるジンタラーの歌を聴いて時間潰しです。新アルバムから選曲されていました。市場では、どういう分けかシリポンのボーラックシーダムが掛かって、遊園地になっておりましたが。

 19時45分頃、リケー開始??それともお笑い兼歌かな。村芝居の雰囲気がぷんぷんします。歌も上手い人、若干問題を抱える人が登場しました。人気は若い男性に偏っていたかな。いつもは、前座歌手とジンタラーの間に入るのですが、踊り子達が揃わなかったのかな。

 20時45分頃、王様を讃える曲で、全員起立し、コンサートの開始です。komta氏によると、ジンタラーは登場しないと言うデマ?が流れていたようです。アナウンスでは、チャルームポンが出ると言っていたのですが、10月18日にここでコンサートをしたばかりなので、聞き間違えと思っておりましたら、やって来ました。ロイカトーンなので、特別ゲストとして呼んだのでしょうか。比較的ルークトゥンに近いモーラムで会場を盛り上げておりました。今回は踊る空間が有るのですが、踊る人達は早くも過熱気味になっておりました。

 チャルームポン退場後、しばらくして、太り気味のチャルームポン登場(そっくりさんのようです)。酔っ払い達には、区別が付かないのか花やマーライお金が手渡されておりました。当然、本人より愛想が良い。握手も丁寧にしてくれる。評判良かったです。歌もアクションもややデフォルメされておりました。30分程度の舞台でしたが、流石に最後の方ではそっくりさんと認識され、前で踊る人数も半減しました。今回の出演者に最初からチャルームポンは居たのでしょうか。当初はチャルーンポン(そっくりさん)だけだったりして???

 23時過ぎ、普通ならジンタラー登場時間です。舞台では、新しい楽器の準備をしております。演奏者追加して、ジンタラー登場かと思ったけれども、出て来たのは、ロック・バンド(ロック・カポロ???)。分かりません。モーラム・ロックで踊る人達はますますエキサイト。私の右側の女性陣が椅子を持って、私達の後ろに移動。やばい雰囲気を感じているのでしょう。予想通り、舞台に向かって右側で喧嘩発生。直に警察が出て来て、首謀者を袋叩き。小競り合いで終了しました。そして、コンサートは何事もなく続きます。果たして、ジンタラーは登場するのでしょうか。このまま、終了したら、あちこちで喧嘩が始まるのではと心配されました。

 23時45分頃、舞台が暗くなりやっとジンタラーの登場です。待ちに待ったので、会場の熱気はいやが上にも盛り上がります。舞台前では、花を渡そうとする人、ただ握手のみを狙う人がごった返しました。すごい人気だと思います。komta氏は0時過ぎ、時間切れで退場。2、3曲聴けたのかな。お笑いを中に挟んで、新アルバムからパーパーナムタースム?、ファンフェーンデーンブムスム?を歌ったと思います。過去ヒットした歌、プーパオプリアンパイ、ゴートモーンカーン等では、会場のあちこちで歌声が聞こえました。お笑い後、地方の代表?が出て来て、ジンタラーと歌の競演。テンモージンタラー以後の比較的早口モーラムで会場は最高潮に達し、0時45分頃終了しました。ジンタラーは7曲歌ったと思います。時間が短い分、曲数が少なく感じました。ロイカトーンなので仕方ないか。今回は昨年迄歌っていた、フェンジャーとマータムマイが無くなっておりました。時間がなったためか、今年から構成を変えたのか、どちらでしょうか。それに、バンコク開催コンサートは人が多すぎで、なかなか交流が出来ない。もう少し観客の少ない会場に出掛けて、ゆっくり聴きたいと思います。

#ダーさん、今回の喧嘩に懲りずに、また、会いましょう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/212-bcb7ee49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。