เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガーラケート アルバム・チュッティー2!

 
         rsre.jpg



R・Siamのガーラケートの2枚目のアルバムです。アルバム・タイトルは『เจ็บซ้ำเพราะคำอ้าย』=ジェップ・サム・プロッ・カム・アーイ。デビュー・アルバムは2005年の初頭ごろだったから1年10ヶ月も間を置いてのリリースという事に。。彼女の様なまだ学生歌手はその活動状況が歌1本!という訳にはなかなか行かないのは致し方無いところでしょう。他にもこのパターン、一杯居ますね。バー・ゲーサヤー、イーフ・パンティップ、辺りはまだ高校生でしょ。やれやれ、と言う感じでしょうか。そういえばターイ・オラタイはランカムヘン大学の卒業というのはどうなったのでしょうか。。ターイのタイ・ループ・パリンヤーは確か未だ目にしていないという記憶ですが。。あの大学は入るのは簡単、しかし卒業するのが大変という事で有名。殆どの学生が仕事をしながらの勉学ですから。。仕事・生活・収入源という部分に時間をどうしても持っていかれるから。。まぁ、一般学生のソレとターイのソレとでは余りにも違いますが。でも、勉学どころではないという事では一致しているところが可笑しい。笑うところか?笑っておきましょう。555

 ハイハイ、ガーラケートです。私はこのガーラケートの1枚目にはえらく痺れたのクチですが、長い事そのプロモーションをTV等でやっていて、なかなか出てこない2枚目に痺れを切らしていたモノです。前にも書きましたが、このガーラケート、ターイ・オラタイ以降の歌手として位置付けられるでしょう。古いタイプのルークトゥン歌唱をしないで、現代的な解釈という事になるかと思います。早く言えばターイの真似という事になりますが、こういう動きは、だからこのガーラケートは駄目で、ターイ一人勝ちと言う風に見るのは大きな間違いになることを、肝に命じるべきです。勿論、ターイがその中心に燦然と輝いて居る事には変わり無いですが、ガーラケートの様な存在が自然とターイをその周りで支えて、しかも自分もその存在を証明するという事になり、所謂シーン全体が大きくなるという事に繋がる訳ですから。こういうパターン、即ちターイ以降の歌手。最近でいうとターイと同じグラミーのそれも先生/師匠を同じくするタックテァーン・チョラダーとか、R・Siamのヴィウ・ガンヤニー(ノープラー・ノーラーのダンス曲ヒットがあるからやや微妙ですが。タイプ的に。)その他にも居るでしょう。

 で、この2枚目。最初のプロモーション曲は『ลูกสาวหล่า 』=ルーク・サーオ・ラーというミディアム・テムポ曲で取り合えず景気付けをしています。さて、プロモ曲を次にどの辺の曲を持ってくるか。。今回は何故かイサーン風味を加味した曲もありますし、脱ルークトゥン的なのもありますし、プロモーションが難しそう。。ただ、1枚目のようなインパクトがやや抑えられているかな?という感もします。ターイなんかもそうですが、いい曲を持ってこないとプロモーションもただやっているだけという感じになりがちなので、そこんところ制作サイドに掛ってくるでしょう。

見た目も随分可愛くなって来ました。コレでいいんです。先があるんですから、“オー!随分キレイになって来たね、”というのがこの世界ではむしろ理想ですネ。その逆じゃ困るわけです。そうね、やはりこのガーラケート応援して行きます!

試聴が本家のコチラよりPVができます。曲は『ノーン・サーオ・ナー』
ついでに1枚目のも聞いてください。
『ワン・ティー・オーク・ハック』
『ピット・マイ・ラック・カオ』
尚、この試聴は本家からのお達しで歌い出しから60秒で音が切れます。アシカラズ。

การะเกด
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/195-afe830d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。