เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャルムポン・マーラーカムのコンサート・・・シライのコンサート報告⑧

CAAJC5KHss.jpg
  電気が灯るとこうなります!

IMG_0593ss.jpg
 チャルンポンのコンサート宣伝カー

IMG_0595ss.jpg
  開演前のステージ全景

CA1CRMNJss.jpg
  登場したチャルンポン・マーラーカム


 本日は、10月18日クロンタンで開催されたチャルムポン・マーラーカムのコンサートを報告します。Komta氏の記事に紹介されていたコンサートです。私の地元への、今シーズン初のコンサートなので、敬意を表して行って来ました。

 19時過ぎに到着し、まずは夕食漁りをして、広場へ。観覧車にライトが入って綺麗に回っておりました。日本の夏祭りの縁日風景と重なります。パチンコ撃ち、ダーツ投げ、金魚すくいも出ておりました。のんびり眺めて時間を潰していると、会場の方で音楽が始まったので、移動し、90バーツと椅子10バーツ払い、場所の確保です。(前シーズンは100バーツ+20バーツでした。なぜ、安くなったのでしょうか。クロンタンの方が、場所代が安いのでしょうか。それとも、革命政府から便乗値上げ禁止令が出ているからでしょうか???) 少し前に雨が降ったので、会場は水浸し、舞台から5mくらい離れ、乾燥している中央付近に陣取りました。舞台は勿論準備中です。開演迄に完了するかひやひやしながら、見ているのは楽しいものです。あと2曲だぞと警告が入るも、準備は淡々と進みます。

 20時30分頃、踊り子達が舞台に登場して開演です。女性陣は奇声を上げて踊っておりました。踊り子達の質は、シリポンの踊り子達より上でした。前座歌手達の歌が続きます。モーラムからラムシンに近い曲が多いので、声が出ていないと、演奏音に負けてよく聴こえません。この辺りが歌手の力量になるのでしょうか。前座歌手が一段落するとお笑い芸人が登場して、場繋ぎをします。定番の女装、下品な化粧、下品な言動で笑わせてくれます。

 21時30分くらいから、若手二人組が出て来て、モーラムの連発です。アルバムを3枚出していると言っておりました。前シーズンも登場し、会場の喝采を得ていましたが、今回は更にパワーアップした感じがします。100バーツ札のマーライも登場して、人気の程が分かります。会場を振り返るとほぼ満席に近い状況になっておりました。さすがに水溜りは避けて観賞しておりますが。(注:วิเชียร-ซำเหมา=ウィチアー&サムマウ。『เต้ยโศก 』=ツォーイ・ソークがヒット!)

 23時少し前に、白い衣装を纏ったチャルムポン・マーラーカム登場です。この時間帯になると舞台前は酔っ払った?タイ人達の踊り集団に占領されてしまいます。モーラムから開始し、段々テンポを上げ、早口のラムシンに突入です。ラムシンでは、あちこちで踊りが盛り上がり、やや危険な雰囲気が漂いだしました。あちこちで奇声も上がり、オカマ軍団最高潮と言った感じです。舞台の脇を見ると、両脇に警察官が踊り集団の動向を監視しておりました。ここタイはクーデターで厳戒令が出されたままであることに気付きました。舞台では、新アルバムからと言って、ルークトゥン調の曲に変わり、会場の熱を冷ます方向へ進んでおりました。

 またまた、お笑い芸人が出てきた、若干休憩気味。踊り子もチャルムポンも休む必要があるようです。0時少し前に、衣装換えしたチャルムポンが登場し、再度モーラムからラムシンへ。会場が最高潮に盛り上がった0時20分頃、フィナーレを迎えました。客層は違いますが、盛り上がり方で言うならば、シリポンやジンタラー以上ではないでしょうか。若干殺気立った雰囲気が怖いですが。

PS 公演中に21日のシリポンの公演、5日のジンタラーの公演の宣伝をしておりました。シアンイサーンの告知はなしでした。 シアンイサーン楽団は4日来るのでしょうか。はたまた、5日のロイカトーンの夜、ジンタラーは本当に登場するのでしょうか。

CAW1YZO1ss.jpg
 ウィチアー&サムマウ

IMG_0601zebzass.jpg
 前座で登場した2人の女性歌手の内の一人。上手かったぁ~!


CAA32F6Dss.jpg
御馴染みのタロック(お笑い)も。。パーラメントの右に居る小父さんがポーイファーイのコピー歌手で実に上手い!
スポンサーサイト

コメント

o( - ii - )o

シライさん、昨晩はどうも。。。
私はチャルンポンとは縁がなんだか遠くって。。チャルンポンに付いて以前、ポカしていまして。汚名挽回をしなくてはと思っているんですが。。昨晩はメーンが出てくる前に退去してしまいましたが、前座の女性歌手と2人組のウチアー&サムマウと、タロックのポーイファーイのモノマネだけで充分楽しめました。555

4日のシアン・イサーンは来るでしょう。しかし、あの場所に告知看板が出ていなかったですね。。近い別の場所なのかな?
5日のジンタラーは来ない方に賭けます。来ても1時過ぎ以降じゃないかな。。逆に8時前という事も考えられる。。じゃあ、どうする?
ヘリコプターでジンタラーが各会場を移動とならなくては不可能ですよ。あの晩の渋滞はハンパじゃないから。。

  • 2006/10/19(木) 15:11:19 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/194-79d513cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。