เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カトリヤー・マラシーのコンサート・・・シライのコンサート報告⑤

CIMG0022-1_1ss.jpg

CIMG0038-1_1ss.jpg

khatariyaatconcertsm.jpg
カトリヤーの弟子達と。この写真だけクリックして大きくして見て下さい。
CIMG0030-1_1ss.jpg
コレは誰かな?


今回は10月7日、バンケーのウェーティータイで開催されたカトリヤ-・マーラシーのコンサートを報告します。

カトリヤ-はゆっくりしたルークトゥンを熱唱させたら超一流と思います。新アルバムの兎と亀のようなズッコケル挑戦も多々行い、幅を広げているのか笑わせてくれるのか、良い意味での挑戦家でもあります。

この日は、お客との接待?遊びのゴルフの後、急いで掛け付けました。開始前2分にカメラの下でゴルフ椅子に座り陣取りました。カメラの性能から言うともう少し前が良いのですが、それは欲張りすぎでしょう。

カトリヤーの比較的テンポのゆっくりしたルークトゥンの歌から始まりました。ドライアイスのスモークを多く使用する演出のため、なかなかカトリヤーの全姿が見えません。演出には不満はありますが、安心して歌を聴くことは出来ました。1973年3月1日生まれですので、33歳、円熟期と言えるでしょう。タイ語が速くてよく分からなかったのですが、デビュー10年?くらいのようです。その後、カトリヤーを師??先輩と仰ぐ若手歌手の登場です。私には、誰も分かりませんでした。カトリヤーも楽団立ち上げを考えているのでしょうか。

途中、ゲスト出演したのはRSのイン・ティティガンです。私がラジオで良く聞いた歌を2曲歌いました。既に人気も高く、一流になれる可能性が高そうです。

その後、衣装を変えて、新アルバムから3曲。メースウチャットハイ、デックリアンケ、ラプターレオラージャークです。会場で一番人気があったのは、メースウチャットハイで、カトリヤーの裏声の後、あちこちでヒーと声が上がっておりました。コンサート場では、やはりテンポの速い曲が好まれるようです。タイ人は踊り好きですね。

最後のパートは再度衣装代えして、ルークトゥンの熱唱です。やや左向きに構えて、ゆっくりしたルークトゥンを熱唱するスタイルが一番似合っていると思うのですが、如何でしょうか。最後の曲は、ややテンポの速い曲で締め括ったのは、コンサート場からでしょうか。会場は盛り上がっておりました。女性客はマーライに花に色々歌手にあげて、握手をしておりました。男性客は空手で握手だけするトンデモ客が多々いたようですが。女性は優しいですね。



 PS カトリヤーは若い時は子猫の化身かと思える節があったのですが、最近化粧がますます濃くなり、化け猫の化身ではないかと思える時があります。なぜでしょうか。私はカトリヤーは大好きです。妄想です。

คัฑลียา มารศรี
スポンサーサイト

コメント

o( - ii - )o

この辺の曲、特にそうですねぇ~「クイ・ガップ・ドークマイ」辺りに晩年のプムプアンの影を見ます。声は少し違いますが、所謂、歌い口で、音をグイーと引っ張るところに。。。

  • 2006/10/15(日) 01:09:51 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

私も好きです。Cathaleeya Marasri

Kui Gub Dok Mai
http://202.142.220.137/rwma/15/2909.wma
Su Sarn Khon Chum
http://202.142.220.137/rwma/17/3212.wma
Tur mai dorn tur mai roo
http://202.142.220.137/rwma/17/3213.wma
Hai Gum Lung Jai Tua Eng
http://202.142.220.137/rwma/19/3643.wma
Aow harn pen hong
http://202.142.220.137/rwma/23/3098.wma
ハイガムランヂャイトアエンが最高。これ歌ってましたか?

  • 2006/10/14(土) 21:31:20 |
  • URL |
  • dee #-
  • [ 編集]

o( - ii - )o

女性の化粧の問題ですね。年を重ねていく内に段々化粧が濃くなるのはしょうがない事でしょう。中には化粧なんぞしないで、サバサバしたタイプの女性も居ますが、このカッタリーヤーはそういうタイプじゃ無いですね。以前に化粧を余りしていない彼女のVを見たんですが、化粧しなくても結構いけるお顔立ちでした、しかし、ルークトゥン歌手としてはやはり化粧は必要な事なんでしょう。土台が結構出来上がっている女性が化粧をすると。。こうなりますという、典型的なパターンでしょう。前に近くで写真撮らせてもらった時に見たんですが、女性としての可愛らしさ一杯でした。まだまだナー・ラック!という言葉を使える位に。。

  • 2006/10/13(金) 14:25:02 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/186-1ad4b5f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。