เดลีลูกทุ่ง*デイリー ルークトゥン*Dailyluukthung

タイから日本からルークトゥンのあらゆる情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンシット・カムソイのコンサート・・・シライのコンサート報告④

monsit2ss.jpg

monsit3ss.jpg

20061003153524.jpg



今回は9月30日に行われたウェーティータイ(バンケー)のモンシット・カムソイのコンサートを報告します。前回は場所を間違えて生コンサートを見られなかったので、確認して出かけました。

とは言いながら、午前中はカオキアオでゴルフをしてから、よし行くぞと気合を入れ直して出発しました。到着時間が早すぎたので、モールで買い物をし、16時15分頃会場に入りました。開演迄、1時間以上あるので、観客はまばらですが、舞台の上では、打ち合わせ予行演習が始まっており、モンシットの普段着に近い姿での、段取り姿も見られました。それに、どのような動きをして、いつ頃がシャッターチャンスかも分かり有意義な時間です。

準備が完了すると、時間があるので、ディレクター??が出て来て、観客との会話、近くの店の宣伝、プレゼント等で笑いを取り、思った以上に時間が早く経過します。時間少し前には、真中の席が空いていると言って、観客を中央に移動させて準備完了です。

モンシットはシュア・オーディオのベテラン男性歌手。一時期、歌詞の終わりを極端にビブラートする歌い方で一世を風靡した??かな。ファンには申し訳ありませんが、残念ながら、私はコンビアルバムで歌を聴いたことしかないので、あまり知りません。アルバムを14枚?出していると言ったと思いますが。タイ語には自信ありません。田舎出を演出しておりましたので、売り出し時は、イサーン出身を前面にだしていたのでしょう。お笑いみたいなこともやっていたと記憶しますが、他人と勘違いしているかも知れません。

17時35分、ウェーティータイ開始。写真の歌で開始。2曲目は田舎風景を舞台に再現し、田舎芝居をしながらの歌でした。写真はアップ過ぎて周りの雰囲気を掴み取れていません。ベテラン歌手ではありますが、現在は昔ほどの勢いはないように感じました。ファンの数が少なく感じました。歌は非常に上手いと思うのですが。

そこへ、ゲスト登場です。ダムロン・ウォントーンとカセーン・コムサン、それに女性歌手。名前聞き逃しました。見たことはあるのですが、名前と顔がくっ付きません。ゲストの方が断然人気が有りました。若いだけでも、勢いが違うのでしょうか。

最後にモンシットが今売り出し中の歌?を派手に歌って終了です。今回のコンサートはコラートでも大勢の歌手が出て、違うコンサートを実施しており、そちらと中継を兼ねていたのか、やや間延びしたコンサートでした。

あまり歌に関係した内容にはなりませんが、今回は無事にコンサートが見れたので、良しとします。


มนต์สิทธิ์ คำสร้อย
スポンサーサイト

コメント

さすが。。。

deeさん、この辺の時期の事詳しいですね。以前書いたアンポーンのカセット(チュッティー2)。あのカセット・ケースに何故かモンシットのジャケ写が同封されていて、困惑しました。関係ない話ですが、その事を思い出しました。

  • 2006/10/11(水) 00:43:06 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

いつだったか

世界中で評判との新聞記事(日本のもあった)を見せ、
大プロモーションして登場して来たのがこの人。
アムポンがデビューした1996年頃は同じ曲で歌詞の違うアルバムを出してました。
サング・ナーング
http://www.youtube.com/watch?v=PsBUCYoKdZc
(アムポンはナーング・ロー)

  • 2006/10/10(火) 23:53:42 |
  • URL |
  • dee #QMnOeBKU
  • [ 編集]

o( - ii - )o

このモンシット・カムスローイに関しては当Blogでは単独では扱っていませんでした。扱いづらい?うーん、そうとも言えるかも知れない。何故?それは言わぬがハナ。555

経歴等はシライさんが記事内で書いている以上の事は私はしらないです。フォン・タナスントンと同じシュアー・オーディオに在籍し、所謂中堅どころ。歌は実に丁寧に滑らかに誠実にというスタイル。シライさんが仰っている様に歌切れのところで絶妙なビブラートは絶品です。ただ、歌っている時と、お笑いムードお喋りの時のギャップがチョッと変。。化粧気もあり、もはや芸人という風情があってその辺が楽しめないと。。。シュアーの若手に押され気味というのもうなずけます。が、モンシットにも若い時があったわけで、その頃はその歌唱力にモノを言わせてキメていた。。という事を実証するVを以下に紹介しておきます。フォン・タナスントンとのドュエットです!
http://www.youtube.com/watch?v=Iz3Z_9VX9t4
http://www.youtube.com/watch?v=6SQ2rAJbjqY

  • 2006/10/03(火) 16:04:41 |
  • URL |
  • komta #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/tb.php/182-f8faefa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。